三浦アルプス、山あり沢あり巨木あり


2018
年12月13日 (木) 

長柄交差点から静かな車道を歩き、森戸川沿いを進むと、住宅がついえたあたり、
ゲートがある。

Img_1836r
こんな感じの道が延びていく

Img_1837r
車道を潜る

Img_1847r
だんだん山深い感じに

Img_1850r
林道終点で、二子山に向かう。左の沢道に下り歩いていく

Img_1888r
道はところどころ細くなるが、ちゃんと辿ってゆけば、稜線に上がれる
Img_1869r
上・二子山(208m)には電波塔があり、山頂はこんなふう。

Img_1874r
展望台もあるが、北風が吹き抜けて寒い。南側で、肩を寄せ合いランチ中、
なんと仲間の1人が、トンビに大きなオニギリriceballをかっさらわれた。
パックを空けて「いただきます」という瞬間、背後から・・・sign03

Img_1879r

林道終点まで戻り、今度は右(北)の、連絡尾根を辿る
こちらは、やや急だ。

Img_1893r

南尾根にあがった。周りをぐるり山々に囲まれている(写真は北側)
町に近いし、標高200mにも満たないというのに。

Img_1903r

背丈のあるすらりとした、よしずの材料に最適そうな笹が両側にびっしり生える。
足柄の矢倉山や金時山でも こんなっ景色をみたっけ。

Img_1906r
シュロなど生え、いかにも南国風。植生がいつもとは違うのが新鮮だ。
Img_1917r
アカガシの大木がずらり!!
Img_1925r
観音塚(167m)までは、思ったより遠かった

Img_1938r
仙元山に近づくと 公園風になる、海の見える小ピークにて。

Img_1954r
この250段階段は有名?  私たちは下りでよかった。

Img_1961r
仙元山(117m)に到着。いままさに、夕日ショーが始まった!!

Img_1973r
な~んて、のんびりしてはいられない。
あともう少しだけど暮れちゃう前に下りないと。

Img_1974r
この斜面はお花畑。12月のきょうでもまだ咲き残る花々をつい・・・

Img_1975r

Img_1982r

ワレモコウやヤマハッカなども咲いていた

下りると葉山教会があり

Img_1988r_2
10分程歩いた風早橋バス停で、逗子行きのバスを待つ。
その間にも夕闇が迫ってきた。

【コース】逗子駅09:40-長柄交差点10:00-森戸林道ゲート10:30-林道終点* 11:30-南郷公園分岐**12:10-二子山12:20(30)- **12:55-*連絡尾根へ13:25-乳頭山分岐13:10-観音塚14:45-仙元山15:45-葉山教会16:00-風早橋BS16:10→逗子駅
【地図】二子山山系主要地図(二子山山系自然保護協議会発行)

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大山の表参道・石だらけ


2018
年12月7日 (金)  晴れ~霧~晴れ

大山ケーブル前でバスを下り,コマ参道脇の川沿いを歩く
まだまだ名残の紅葉が美しく、茶湯寺の石段辺りは一幅の画のようだ。

Img_1717r


下社から二重の滝への道を歩く。アラカシ、ウロジロガシ、アカガシなどカシの巨木が次々に現れる。

Img_1737r

見晴台に到着。薄日のホンワカした空が広がっている。三峰の山並みを見るのも
久しぶり。
ここから階段地獄が始まる、分かっちゃいるけど、ツライ所。

Img_1747r
霧が湧いてきて、どんどん濃くなり、チョー寒くなり、鼻水も垂れてくる。

Img_1750r
休み休み登って、時間を掛けて、山頂が近づいた気配がする。
霧の中から浮かび上がる大ブナのシルエット、
Img_1755r
山頂に着くと、薄日が射し青空も見え始めた。
南へ回り込むと相模湾も見えるし、富士山も浮かんでいる。
どんどん雲があがり、風のない長閑な空気感に包まれた。

Img_1765r       阿夫利神社奥社のこまいぬさん

下山は表参道。ヤビツ分岐までは急だけど、まぁこんなものでしょう。と余裕があったが、しそこからが厳しい。石だらけ、足場が危うい。

Img_1778r

石階段の参道の歩きづらさにはかなり応えるが、昔のひとが歩いた道と思い・・・
がんばって下りた

Img_1789r
大杉たちのなんというカッコよさ。

Img_1781r
下社に到着したとき、心からホッとし、神さまにお礼を申し上げ、
Img_1814r

バス時間が迫っていたので、こま参道を駆け
下った。

Img_1816r
以前 同じルートで歩いた時は、これほど時間はかからなかったし、
これほど大変とはおもわなかった・・ような・・記憶が?

【コース】伊勢原08:40→(バス\310)BS大山ケーブル09:05-こま参道-ケーブル駅09:20~30(ケーブル\630)下社09:45-二重の滝10:00-見晴台10:30-不動尻分岐12:10-山頂12:45(50)-ヤビツ分岐13:45-追分(蓑毛分岐)14:15 -下社15:10(25)-ケーブル15:40~50-こま参道-BS大山ケーブル16:05→伊勢原    
【メンバー】3人            【地図】昭文社:丹沢 2.5万:大山


ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒岳に届かぬが☆大きな富士山輝く黄葉

2018年11月15日 (木) 快晴
 
きょうは富士山Img_1011r
登路の板取沢ルートは15年前(03.09.15)、下ったことがある。道標はないがしっかり整備され、40分くらいでバス停に下りられた。今やエアリア赤線ルートになったことだし、久しぶりにここを登り、黒岳~御坂峠とミニ周回をすることにした。

三ッ峠入口バス停から歩き出す、道標のある御坂峠へでなく、左の水平道を行く。

Img_0947r
谷底ゆえ日光は射し込まないが、見上げると心に染みこむような青空! 

Img_0962r
板取沢(涸れ沢)を絡むようになると、所々倒木が現れるが、前回の矢平山の沢道ほど悪くない、

Img_0952r
階段なども整備され、すっかり安心の道のり。

点々と新しいピンクテープが下がっているのが、遠くからでもよい目印だ。   

Img_0971r

沢が合流したところで一瞬、方向が不明になり悩んだ末、右の尾根上にかのピンクテープを発見する。
尾根上には道が延び、ピンクテープも点々と見えるが…… じき、足元がアヤフヤに。

Img_0972r
「道が流れたんじゃない?」前方に立木にピンクが見える。高巻きをトライしたが断念し、涸れ沢に下り、石を乗り越え乗り越えして大ケヤキの所まで上がってみた。

Img_0978r
う~ん、どうやらここは西ノ沢。なだらかそうな尾根を少し登ってみたが、安定してない上、この先どうなっているかが不明なので、戻ることにした。

「きっと分岐を見逃したんだわ、チェックしながら下りようね」。
慎重に慎重に、岩の道を下り、アヤフヤの始まった出合に戻り、

Img_0984r

そこからハッキリした道を10分も戻らなかったろう、尾根を登る道が目の前にあったのだ。Y字分岐は、帰路なら二股に分かれるが、往路では折り返すように登る道、気づかず直進していたのだ。

Img_0991r
幅広の登山道は、階段もしっかり作られ、力強く私たちを上へ上へ連れて行く。
おお、前方に横たわるのはまぎれもない『南稜』だ。ガンバロウ!

Img_0994r

南稜の合流点にはピンクテープがピラピラたくさん付くが、板取沢コースは徹底して道標なしを貫いている。整備されかたとアンバランスだわ。

Img_0995r
もう12時を過ぎ、まずランチだランチ。
木々のスキマから大きな富士山が見えている。展望の良いところでゆっくりしよう!
あ、目の前に格好の大岩が現れた。

Img_0998r
きょうのランチはあの上で。

 Img_1001r      富士山展望 『岩ノ上テラス』

もう黒岳登頂には厳しい時間だし、素晴らしい富士山を眺め満足したので

このまま下りる事にする。

広瀬分岐から下は予想以上に、ヤブっぽい。
最初の展望岩で眼下に河口湖を眺めたあと

Img_1025r_2
先の広瀬分岐に戻り、野天風呂天水の道(手製道標あり)で下山することにした。
松の多い急降下道も、きょうはそれほど急には思えない。

慎重にローカ状の岩を通過する。

Img_1041r
生気溢れる松林を眺めながら、すいすい下る。ムラサキシキブの実

Img_1042r
やがてあたりは、黄葉の眩しい広葉樹林帯になり、

Img_1048r
誰からともなく「ちょっと、ゆっくりしていこうよ」という声が…。
Img_1055r_2
そうして素敵な黄金色の森に中に、私たちは腰を下ろす

Img_1052r       コハウチワも もえていた
Img_1067r

すぐ下が下山口だった。野天風呂”天水”は休業?らしく 寂しかったが、
近くに新しいホテルなどでき、華やかな雰囲気。

久保田一竹美術館まで来ると、観光バスが着いたばかりで観光客でごった返す。

Img_1076r
なんと『もみじ回廊』という観光スポットがあり、橋の上では、何組ものカップルが抱き合い「にかっ」と笑って自撮りに夢中だ。

Img_1078r
そんな人混みを掻き分け、ハイスピードで真っ赤なモミジを見物し、
広瀬バス停に着いたら、ちょうどバスがやってきた。

黒岳はいろんなコースがある、せめて来年中には山頂を踏みたいな。

Img_1079r          帰りのバスの車窓から

【コース】 石和温泉08:33→三ッ峠入口BS 09:20-(10)西ノ沢出合10:30-大ケヤキ10:55(道探索)(10)11:20-出合11:30?-稜線へ11:40-南稜 12:15-ランチ岩12:30/13:10-展望岩13:25(10) -広瀬分岐13:35-露岩14:00-(20)-天水15:15-もみじ回廊15:25散策~広瀬BS 15:35→河口湖
【メンバー】 5人


ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (6) | トラックバック (0)

矢平山 ♫ 梁川から四方津へ 秋色ハイク

2018年10月25日 (木)  

久しぶりの青い空、梁川駅から、通い慣れた寺下峠への道…といいたいけれど、
細かいところはアヤフヤ。塩瀬橋を渡り、

Img_0102r
立派なお家の建ち並ぶ一画に来て
「ああ、そうだった」と思い出す。民宿「やまみち」を過ぎ、水道施設の脇から入山。


緩やかな沢沿いの道に延びる黒い管、所々にコンクリートの枡があり、沢が分かれると水道管も分かれる。

Img_0119r
確実に水を確保するための工夫かな?台風のあとなど点検が大変だろう。
ライフラインを丸投げしている自分の危うさを感じる。

Img_0129r    隣の沢にも 管は延びる、

ステキな沢道。だけど倒木が多く、道を塞いだり歩きづらくなっていたり、
尾根に乗るかと思えば乗っ越して、次の沢沿い道へ続いたり、
なかなか尾根に上がれない。

           Img_0144r               沢は荒れ気味・・

大きな岩の右を経ずっていながら「道を外してる」と気づいてる、でも、ここまで来たので強引に上がってしまう。上には「いらっしゃいませ」的な立派な道があった。

Img_0147r
その先は、山腹をジグザグに経ずりながら登っていく(エアリアのロープの所)。


上がりきると、ようやく尾根に出た、真っ先に矢平山の端正な姿が目に飛び込む。

Img_0153r
右側が次第に高くなっていき、その尾根はエアリア記載の寺下峠(道標あり)に至る。
が、私たちは道なりに尾根を巻いていくと、道標あり。〔直進・寺下、左・大地峠、右・倉岳山〕。   とにかくこの辺の峠は悩ましい (寺下峠や大地峠や…)。

私たちは左折、一気に明るくなった雑木の尾根を行く

Img_0162r             木の間越しに 丸ツック山

途中。道から右に高まる尾根に移り・・丸ツック山頂に立ち寄る。
南側の広葉樹林は静かで癒される空間だ。

大らかな道を下り、矢平山に登り返すと、ミニ岩場になる。  
緊張気味の岩登りは、ガンガン高度が稼げて楽しい。

Img_0176r
岩の隙間に咲くリュウノウギクやユウガギクに励まされ、一歩一歩足を持ち上げる。

Img_0182r

矢平山でランチ後、大地峠へ向かう。
   Img_0198r      矢平山はなんとも穏やか

直滑降の急降下の斜面は倒木地獄、なので今回は、急降下だけど直滑降できない。
越えたり跨いだり巻いたり、時間がずいぶんかかってしまう。

Img_0202r      アカマツは大木が、何本もへし折れていた

Img_0208r           倒木の間に、点々とヤマトリカブトが咲いていた。

やがて「大地峠」の古い道標(旧大地峠)に出る。
アップダウンは飽きたわ、なるべく巻道を行きましょう と 
大丸も新大地峠もパスし前進。そしてピカピカ林道を横切った。

Img_0221r
あとは下るだけだ、ルン♫ルン♫。  明るい陽射しを浴びながら、信玄のお座敷松を過ぎ、石仏を過ぎ、道がガタガタに剔れている場所を過ぎる。

Img_0225r               ダンコウバイも鮮やかに黄葉

左下に呆れるくらい擁壁のそそり立つ景色が現れ驚いていると、擁壁工事用のロープが無造作にあちこちの立木に巻かれていて、酷いなあと思いながら、荒れた尾根を辿ると、倒木の先に踏みあとがない。 えっ?道を外した??、

Img_0228r

良くみれば 道は一段下だった。さっきの立木ロープの手前に、左下への巻き道があったと思う。わずかな時間だけど、冷や汗(650mあたり)。

Img_0230r              5mくらいの尾根上から道に下りた

あとは道なりにどんどん下り、川合峠(馬頭観音)、そうして川合集落に出る。

良く歩いたわね~、コンビニがあったらアイスを食べたいわ~、などとおしゃべりをしながら、四方津駅までのんびり歩いた。(コンビニはありませんでした)。 

Img_0242r
「何度も歩いるから、絶対迷うはずないと思ってる所に、落とし穴がある」 
・・・身に浸みました。

【コース】梁川08::10-塩瀬橋08:20-登山口08:40-峠 09:15-尾根10:00-寺下峠10:40-丸ツック山11:20(20)-矢平山11:50(40)-旧大地峠13:10-林道13:30(15)-御座敷の松14:05-※(10)15:05-下山口15:30-河合橋16:00-四方津16:05
地図】昭文社:高尾陣馬 2.5万:上野原

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大室山のブナとトリカブトとゴマナ??と…

2018年09月12日 (木)  くもり、ときどき 晴れ  

野原の駐車場から吊り橋を渡り、山に入る(450m)。

目指すは目の前の杉植林。
よく手入れがされているが、なんともキツイ勾配。がんばって登る

Img_8605r
やっと広葉樹林になった。30分で来られると思っていたけど1時間かかっていた

Img_8623r

700m圏の台地は 広やかな憩いの広場。誰も来ないよ、ここにはね。
このドングリは ハイイロチョッキリの しわざだね

Img_8614r
美尾根をウキウキ登るうち、ブナも見かけるようになり、じき大渡からの登山道に合流。そこには 
【←大室山・大渡→】を示す古い道標が落ちている(800m)。

Img_8626r

すぐ上が久保分岐。修行のような急登が、意外やラクチン。

さっきの急登の比べたら、こんな坂なんて 「なんのその」

嬉しいことに、思ったより早く中腹の広葉雑木林に入る。
明るく勾配はゆるく、雑木林を楽しみながら登っていける

Img_8644r
緑のイガクリがそこここに転がる。「先日の台風の影響かな
?」

Img_8640r
1130m平坦地で休憩。紅葉の頃は黄金色の世界に変わる雑木の林だ。

やがて右の谷がふかくなり、カラマツ帯になり、霧が流れてきた。
Img_8658r
左にヒノキ林が出てくると、おまちかねのぶな林
wellcomeブナ氏が登場し

Img_8675r
右へ…… ぶな林に入る
11:30少し早いけれどランチにして、エネルギーを充填
いよいよ山頂に向かう

Img_8699r
嬉しいことに上方に広がるトリカブトは、元気で、青い花が点々と咲いている。
Img_8724r
林床は豊かになり、トリカブトが美しく咲きそろっている。満開のゴマナ?とで
緑と青と白のハーモニ~
Img_8777r
目の前には、懐かしい巨木たちが次々に登場し…
おおこんにちわ
Img_8778r
あら ひさしぶり
Img_8783r

おかげで あっさり山頂に到着し、水飲みして 下山。
ミズナラさん、また来ますから~

Img_8757r
急降下が続くので、腰や足を痛めてはいけないと、慎重にゆっくり下りる。
久保分岐から、来た道でなく久保に下りる。まだまだ続く急降下道。
Img_8805r
もつれ気味の足をどうにかコントロールして、16:00めでたく下山口に。ほっ。
が、そこはヒル地帯? あわてて撤収し、野原遊歩道を朝の駐車場に向かった。 

Img_8817r
2000年版昭文社地図には、野原からの尾根のルートが黒破線で、載っていたが…

【コース】野原P(500m)07:30-大渡からの尾根800m 09:00(20)-久保分岐★09:25-1130m※10:20(10)-ブナ林☆11:30(30)~大室山12:50(30)-(20)★15:10-遊歩道16:00-P16:30
【地図】昭文社:丹沢 2.5万:大室山

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三ツ峠 花咲く高原と母ノ白滝

2018年07月19日 (木) 晴~曇 

猛暑の季節の登山は三ッ峠。まず河口湖からタクシーで(天下茶屋)登山口まで
標高はあると思うのに暑い!今年はどうかしている。

さっそく現れるお花たち。

          トリアシショウマImg_7498r

先日の雨のせい?道は大量の土砂が流れたようで?ガードレールがあちこちひん曲がっている。流れる岩に耐えきれなかったか?
Img_7500r
登るにつれ、高原らしいお花が増える。
          シモツケImg_7520r
          カイフウロImg_7514r           
    クガイソウImg_7536r
    レンゲショウマ(ほとんどは蕾ですが、このこは、おしゃまさん♪)Img_7534r
四季楽園の周りには

   ハクサンシャジンImg_7541r
      クルマユリImg_7542r
そして開運山では。Img_7560r     富士山は全然、、御坂はやっと。。。
          「太陽に照らされるより、涼しくていい」は、本当の気持ち。、

四季楽園から裸地の展望台の丘を越える。
両脇は笹が繁り、笹に混じって花が咲く。

        ミズチドリImg_7567r
           展望台の一画の大岩、まじでこわい.3_20180720_1546
      保護観察中 ウチョウランImg_7583r
木無山は、緑の丘。Img_7590r     
いつぞやはシモツケのピンクとギボウシが溢れるように咲いていたけど、
今は緑の笹が目立つ。
でもなんともノンビリした形の丸っこさ、そしてカラ松の樹林に囲まれている。

「母の白滝」方向に右折する。

  カラ松林に林床はテンニンソウImg_7592r
やがて雑木林に変わる。ルンルンと快適な下りみちだが、所々、溝になって歩きにくい。

Img_7602r
白い手まりのような花がやたら多い。蔓性で茎を折ると白い液が出る。
あまりに繁茂しているで強靱なる帰化植物と思ったら、イケマというれっきとした日本の野生植物だそうだ(ガガイモ科)。

Img_7595r
林道に出た後、お向かいのゲートの清八林道を下る。

Img_7607r

さぁさぁ、どんどん下りましょう。登山道は清八林道を絡みながら続く。
やがて階段など整備され始め、と川を見下ろし、ついに滝が現れた。

Img_7628r
「母ノ白滝に到着!」と思い、高巻きの上からしばし見入る。
そしたら、その下にまた滝が。白滝神社もある。母ノ白滝はこちらだ。

Img_7642r

河口浅間神社に下山。格調ある渋い神社だった。

Img_7659r
ここでcallしたタクシーを待つ
富士急ハイヤーの6人乗り『エスクァィア』は、便利です。

みなさま、猛暑に負けないようお過ごし下さい、
それでは元気で、お山でお会いしましょう!!
Img_7552r

【コース】河口湖08:21→(\5230)08:55天下茶屋登山口09:05-四季楽園*10:55-開運山11:10(15)-*ランチ11:30(60)-木無山12:55-清八林道13:50(10)-(10)母ノ白滝14:50(15)-河口浅間神社15:30(10)→(\2710)河口湖
【地図】昭文社:富士山 

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾駅前裏山巡り・・初沢山~金比羅山~四辻

2018年06月21日 (木) 曇 

駅前から住宅街を抜けると、きんいろに輝く仏舎利塔が聳える(みころも霊園)。

Img_6339r
広場の奥に
は池があり、錦鯉や亀たちが泳いでいる。鯉のえさをみんなで面白がってばらまくと、大鯉たちが寄って来てパクパク飲み込んでいた。

池の右から初沢山に登る。鬱蒼とした森、道は整備され、緩やかで信じらんないほどフカフカで歩きやすい。

Img_6350r

山頂には初沢城跡の標柱が立つ。ピークをのっこし道なりに左に回り込むと、眼下に家々の屋根があり、低い雲のスキマに里山の小さなピークが並んでいる。

     Img_6359r        彼方の台形の小山が、これから登る「金比羅山」

右側のフェンス(お墓との境)沿いをグングン下り、実践高校の脇を掠めて、みころも霊園の入口に戻る。
Img_6360r

住宅街のなかの、金比羅山の小山がヤブに覆われ…と見えたが、ちゃんと登山口あり、取りつく。
近所の方々のお散歩道なのだろう。適度なアップダウンと照葉樹の森が続く。
Img_6371r

最初のピークに石祠あり、これが金比羅さまかと思いきや、

Img_6367r
双耳のもう一方に立派なお宮が建っていた。

Img_6378r
ちょうど宮大工さんが修理に入っていたので、御堂の中を拝観させていただく。お話も伺う。
  Img_6374r       天井に描かれた、色鮮やかな四季の野草

鳥居の前の階段を下り、踊り場にあった看板で、この山の下が京王線のトンネルなんだと、理解。
Img_6387r

踊り場から階段を下りず、左の住宅を掠めて右に回りこむ。
周りは住宅街のはずなのに、人の気配のない山の道。
静かで野趣もあり、駅近の山とは思えない。

Img_6393r
じき【左高尾駅・右四辻】の道標に行き会う。南高尾山稜の始点だ。
ああ、ここか?と、ようやく現在地を合点する。
Img_6401r
尾根通しに進むとやがて左側がひらけ、眼下に大きな墓園を望む(高尾霊園)。「あそこに下りるのよ」。「へ、下りられるの? 知らなかったわ」。

Img_6397r

四辻の道標の、表示のない道を行く、ここを下るのは初めて、わくわく、

Img_6412r

伐採のおかげで展望が良い。、所々、樅?の大木が残されている。
陽当たりも良いので、草が被って歩きずらいところもあったが、無事着地。

Img_6416r
そこは高尾霊園の一角の犬猫墓地だった。
大きな墓石は「北島三郎の愛犬の墓ですよ」と墓地の人が教えてくれた。
坂道を下りつつ霊園を管理する高乗寺に向かう。
途中の寺山修司さんのお墓にお詣りする。忌野清志郎さんのお墓は、階段を登らねばならぬので、残念だけどまた今度。
Img_6423r

お寺の「大心」というレストランに入り、コーヒーをいっぷく。だれかの注文したワラビもちに、楊枝がたくさんついてきたので、みなでおすそ分けをいただく。美味しかった。

お寺からは、裏道を辿り高尾駅に戻る。
高尾の駅近な山が、これほど静かで自然に溢れているとは、オ・ド・ロ・イ・タsign01

Img_6420r           チダケサシ

コース】高尾駅09:00-*みころも霊園(池)09:10(20)-初沢山10:00(15)-*10:40-金比羅山登山口10:50-金比羅神社11:00(30)-南高尾山稜へ11:45-四辻12:30-霊園12:45-大心(コーヒー)13:20(40)-*14:35- 高尾駅
【地図】昭文社:高尾陣馬 2.5万:八王子 

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山伏峠から菰釣山へ

2018年05月31日 (木) 曇 

どうし道の駅に駐車し、『富士山駅』行き(06:58)のバスを待つ。
爽やかな朝の光を浴びながら、バス待ちの30分はなかなかいい

Img_5410r             鳥ノ胸山

山伏峠でバスを下りると、青空は消えていた。トンネルを抜け山伏峠に上がる。
爽やかな木々の緑と瑞々しいフタリシズカに迎えられる。
Img_5414r

大棚ノ頭まで来ると、ヤマツツジの真っ赤な色が目に飛びこんだ。

Img_5424r

送電塔台地から、南が見晴らせる。低い雲が雲海のよう。

ひと登りで水ノ木分岐上(要所小屋の頭)、急登はここまで、あとは楽ちんな稜線漫歩
ヤマツツジの花や、ツクバネウツギの白い花や、エゴノキの花を楽しみながら歩いていく。
な、なんとトウゴクミツバツツジも咲き残っている。
Img_5461r

石保土山を過ぎ、緑の登山道は続いていく

Img_5480r

所々展望がひらける。
芸術的な雲の流れのおかげか、、いつもの山がひと味違って見える。

Img_5471r


「ブナの巨木が多いね」・・そうか、スズタケが衰退したおかげかな。

Img_5533r

いいね、いいね

Img_5539r


あまり歩かれていないらしく足元は柔かい、目の前の道はすてきなカーブ

Img_5551r

そしてここは、ドウダンツツジの花の道! 

Img_5498r

赤系、白系、中間系、微妙なグラデーションが可愛らしい。

Img_5512r

軽妙なアップダウンに軽快な足取り。
西沢ノ頭、樅ノ木沢の頭、油沢ノ頭と、次々とのっこし、ブナノ丸に着いた。

Img_5571r


騙しピークの急登をがんばる。
初めての時、あのピークを山頂と勘違いしてお弁当食べた、思い出あり。

Img_5568r
わかっていれば、なんなく乗り越え、あっけなく菰釣山に到着できた。

Img_5588r             南稜入り口のブナ

菰釣山頂は12℃、けっこう風が通る。どんどん雲が上がってきてる。
お弁当を食べてお喋りしている間に、山頂はいつしかガスに包まれていた。


Img_5603r
帰りは避難小屋を見学し、ブナ沢乗越から下山。
『早く下りて道の駅で美味しいもの食べようね♪』モードで、ガンガン下る。

Img_5620r

登山口から林道歩き。つい前までガタガタだった林道は、整備され、疲れた足に優しい道になっていた。溝や石ころも減ったので、普通車でも入れそう。

Img_5628r


道志の森キャンプ場をすぎ、別荘区域を過ぎ、昔からの集落を過ぎ、お楽しみの道の駅に戻った時、14:00のチャイムが鳴っている。
でも?、閑散としすぎてない?
『都合により5月31日は臨時休業いたします』だって・・つれないわぁ・・・weep

Img_5642r

【コース】道の駅P06:58→(バス)山伏峠07:15-大棚の頭07:45-石保土山8:35-西沢の頭09:10-菰釣山11:10(40)-ブナ沢乗越 12:10-登山口12:40-道の駅14:00

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またまた太鼓曲輪尾根と地蔵ピーク


2018
年02
月22日 (木) 雨のようなみぞれのような 

みぞれ?の 軽い音を耳にしながら、傘をさして高尾駅~廿里町と、
いつもは車でサッと過ぎてしまう道路を歩く。
Img_1453r           マンサクは山にも咲いているかと期待しましたが・・

宮ノ前BSの角を左折し御霊谷川沿いを進み、中央道を渡る中宿橋に。
橋の向こうにはきょうの太鼓曲輪尾根が寝そべっている。

Img_1454r
尾根の上には、雪はなく踏み跡を辿りすいすい歩く。

Img_1455r

標高200mくらいの所からシイやアオキなどの照葉樹の森に。
ヤブツバキの赤い花
が点々と見える。そして
第一堀切

Img_1459r

続いて 第二、・・、第五と、次々に堀切を超える。
サクラの大木が時々現れだし、左から登山道と合流する。10分くらい先の『三叉路道標』まで行った。アオキの葉は雪で白く覆われている。

Img_1479r
「お天気はますます悪くなる、早く山を下りて、ランチは下りてからにしよう」
『地蔵ピーク』の尾根を下ることにした。初めての尾根だ。

Img_1482r
高尾山麓でありながら、柔らかく歩きやすい道。
両側には桜の大木が多い。深い雰囲気だが、中央道の騒音がちょっと・・

Img_1490r
唐沢山から左に曲がると車の騒音がフッと消える。
緩やかなアップダウンをるルンルン……♪

あれは!?Img_1504r

ここが地蔵ピークでした。

ジグザグに急降下していくと、中央道に突き当たる。登山道は側面に沿った急降下

Img_1520r
中央道の橋桁を潜り、河原のような荒れ地に延びる道を進むと、

Img_1525r
神明神社に出る(写真はご神木)。
梅林の白梅は、ちらほら綻びはじめた。

Img_1536r
ランチは駒木野庭園の喫茶室にていただくことにした。玄関の戸を開けると、華やかなお雛さまに出迎えてられ、係の
人は優しくて、とてもステキな所・・・。
でも古民家ゆえのすきま風、寒くて寒くて・・・冬は避けたほうが無難かも。

【コース】高尾-宮ノ前とりつき(中宿橋)08:50-第一堀切09:30-登山道合流*10:30-三叉路(道標)421m 10:45-*10:55-地蔵ピーク 11:30-神明神社12:10-駒木野庭園12:40(60)-高尾14:00
【地図】昭文社:高尾陣馬 2.5万:与瀬、八王子

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日和田山~物見山

2017年12月14日 (木) 快晴 

平日の里山をのんびり歩こうと、高麗で電車を降りる。大勢のハイカ-にびっくり

Img_0217r
この地は大和朝廷時代の高句麗人ゆかりの里という、
道々の案内標には赤い大将軍の顔が睨みをきかす。

Img_0287r
奥武蔵自然公園から入山。
整備された道と地図、トイレなどの施設、その恩恵を受けながらのんびり歩く。
一の鳥居では男坂方向、 その先で見晴の丘の道をゆく。

Img_0241r

二の鳥居前の大岩をグイグイ登ると素晴ら しい展望。休んでいる人多し。

Img_0250r
すぐ上に金比羅神社があ り、その上が日和田山の頂、大きな石碑が建つのみで展望な  く、吹き抜ける北風に追われて退散。

休憩を楽しみに高指山まで来たが、電波塔に占拠された荒れ地だった。
自然公園らしからぬオールドな置き去り?ベンチで休憩した。

Img_0269r
林道を下った先が駒高集落。綺麗なトイレも完備され、ここで休憩が正解だったね。

物見山は広々と日当たりのよい格好のランチ場で、大勢の人がくつろぐ。
私たちも南面のよき場所に腰を下ろした♪

Img_0279r
里道は錯綜しているので、道標と地図を見比べながら歩く。
北向き地蔵は、北(栃木)の岩舟地蔵と向き合っているそうで、「恋愛パワースポット」として宣伝されるかも?。お地蔵さんはそんな商業とは無縁な素朴な風情でいらした

Img_0283r_2
最後の五常の滝に通じる道沿いには新築の祠たち? 祠というより像のお家か? 
センサー内蔵で前を通ると、中の像が浮かび上がるのが、恐い。
ともあれ、五常の滝は清廉な乙女のような、愛らしい滝だった。

Img_0296r
最後は武蔵横手駅まで、舗装された歩きよい道を、のんびり歩く。
思ったより長く飽きてきた頃、民家が現れ、すぐさま前方に国道、そして電車の送電線。「それで、駅はどこ?」 ・・ あら、すぐそこ sign01

Img_0306r
Img_0311

ホームに立って気が付いた。
西武線の車窓からいつも眺めていた「やぎの駅」ってこの駅だった。
今日もやぎさんは元気に草を噛んでいた。

高麗09:03-とりつき09:35-二の鳥居10:15(10)-日和田山10:35-高指山11:00(15)-物見山11:45(40)-北向き地蔵13:00-五常の滝13:30(10)-武蔵横手14:20
【地図】昭文社:奥武蔵 
 


ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

J | k | M | Y