鹿留山!静かな山のそこしれぬ魅力

2020.08.02(日) 曇り

 Img_2303r               
猛暑の都市圏から、標高1000mの内野に来た。
きょうは。ほぼ1ヶ月前と同じ鹿留山。隣の尾根を登る。

途中で出会えた オニノヤガラ

Img_2712r

🚙
まず 駐車場所から、
立ン塚峠へのダートの林道を歩いていると、左側からコンコン・・・。
「誰かいるのか」と思ったとたん、目の前にカラマツの木が倒れてきた。
数秒の差だけど頭に落ちてきたら危ないところだったよ。

Img_2663r

右折し橋を渡り、左の緩斜面にとりつく。
カラ松林の林下には、小さいランのようなの葉がやたら生え、花の終わった穂を立てている。なんの花?

Img_2091r

畑跡のような段々を越え、赤松林に変わろうとする辺りから、尾根が形を表してくる。下草が茂りバライチゴ(赤い美)や フシグロセンノウ(花)など咲き、賑やかになる。ちょっとヤブっぽいけど気にならない。

Img_2686r 

どんな平凡な花も写真に収めながら、山里の夏の花を再確認していく。
紫のシソ科のはアキノタムラソウだよね?ああすっかり混乱してる。

ルリボシカミキリがマルバダケブキの葉に

Img_2695r

やがて前回と同じようにテンニンソウの海になった。
獣道を泳ぐように登っていく

Img_2167r

所々地面が露われると、ピンクのチダケサシの花が咲く
シモツケソウも所々に

Img_2714r

鮮やかなきのこ、自然の美的センスはすごい。

Img_2175r

1432mピークで登山道に合流(10:15)。
相変わらずテンニンソウが茂っているが、しっかり踏み跡が延びる。

Img_2186r  

10分も登らないうちに岩場が始まり、今までと違う種類の花がさく。
ウスユキソウ、

Img_2215r

ヤハズハハコ、ママコナ、

Img_2207r

ハクサンオミナエシ、シモツケソウに シモツケ。

Img_2758r

前回は蕾だったものが花を咲かせている。シュロソウ

Img_2330r

レンゲショウマの蕾を見た、きょうび、なかなか出会えない花、そのためだけにまた来る元気が自分にあるか?

12時過ぎ稜線に出て右折。鹿留山/山頂を乗り越え

Img_2259r

北東のブナ広場に行く。北斜面は ヤブレガサ一面

Img_2284r 

前回、咲いていたクサタチバナは終わり、黄色のマルバダケブキが主役に。
虫の大襲来はなかったけれど、噛む虫はやはり飛んでいて耳たぶをヤラレタ。

Img_2263r

ランチ後、ふたたび山頂を乗り越え、前回見つけたブナ尾根を訪ねた。
ブナ尾根も鹿留山北斜面の一角、林下は一面のテンニンソウとヤブレガサの緑に埋め尽くされている。

Img_2313r

2本のシンボルの大ブナ、貫禄はさすが。

Img_2318r_20200815150401

左にドンと構える巨樹は、なんの木だろう??

  Img_2303r  

  イヌブナ?ミズナラ?シナノキ?など口々に言ってみたけど、決定打はなし

Img_2306r

バイケイソウが咲き

Img_2304r

ジャコウソウが咲き

Img_2308r

ルイヨウボタンは結実

Img_2307r 

なんとも静かな空気が満ちていて、じつは生命が沸き立っている場所。
いろんな種類のチョウチョが飛び交う、セミや小鳥の声も聞こえる。

 Img_2311r  

鹿留山ってホントに深い。どれほどの魅力を持っているのか。

Img_2763r  

そんな山の自然を肌で感じることは、できそうでなかなかできない
いい一日だった

Img_2274r

【コース】内野奥P08:20-1432m登山道10:15-子の神分岐12.05-鹿留山・ブナ平地 12:20(60)-ブナ尾根13:40~子ノ神分岐14:10-14320m 14:40-P15:40

ではまた~♪

山域別レポ一覧は あしあと


 。

| | コメント (0)

内野~子ノ神~鹿留山~立ノ塚峠

2020.06.27 (土)晴れ/曇り   3人
                   
梅雨のさなかの晴れ予報、富士山が顔を見せて くれた

Img_1456

内野の林道奥から歩き出し、ダートの林道の少し奥から尾根に上がる。
オニシバリの赤い実が、たわわに実っている。

Img_1465

やがて足元は涼やかになり、緑溢れるの雑木林の広尾根になった。


柏の柔らかい大きな葉

Img_1493

ガマズミやヤマボウシ、ウツギの白い花。

Img_2567  

ときおり松やモミの大木に出会う。

Img_1477

やがてテンニンソウで覆われる尾根になる、それは見事な緑のうねり。

Img_1536  

アヤメも

Img_2584

そのうち岩稜帯が始まる。岩はだんだん大きくなってくるが、巻いたり越えたしながら 面白がって登っていく、

コアジサイ

Img_1546

大岩を巻き折り返す、岩の際も歩けそうだけど上に乗ると、

Img_1563

地盤はしかりしているが灌木がはびこってウザイのなんの。
ヤマツツジはまだまだ見ごろ

Img_1570

偏屈な大ブナを見下ろし水飲みし、

Photo_20200704171501

ひと登りで登山道に出る。クサタチバナが咲き、大ブナの連なる、いかにも鹿留の雰囲気だ。

T

左に下る端尾根が素晴らしいブナ尾根と きょうはじめて気づいた。
ミヤママタタビの花がさく。知らない鹿留がまだいっぱいある

Img_2603r

次々現れる大樹を眺めながら、山頂に出た。小広い真ん中にミズナラの老樹が踏ん張っている。

Img_1657

そのままピークを通りすぎ、ブナの巨木の待ち受ける尾根がを少し行くと
お気に入りのブナ広場だ。

Img_1618

「いい所だねえ」「大樹って見ているだけで飽きないもの」その時思い出した!
ここには虫が多いのだった。「蚊取り線香は必携だったな、忘れてた」。

Img_1622

ミントをシュッシュッして、噛まれたところに薬を塗りたくる。でもぶつかってくる虫(ブユ?)が煩わしい。
それなのに、ここに60分もいたのだった。

 Img_1654

下山は子ノ神分岐を、内野に向かう。
登山道は岩がちで、記憶よりずっと急降下だった。

Img_2629

シモツケや

Img_1691

ウスユキソウ、キンレイカが咲き、今までとは違う花々との出会いが楽しい。
途中の露岩からは富士山が望めた。

さらに下ると、一面のテンニンソウの尾根になった

Img_1703

赤松林にガマズミやヤマボウシが咲いている。

陽がさしこみ心地よい風がふく、緩斜面 るんるん♪♪~♪。

ヤマオダマキやタツナミソウも

Img_1715

立ノ塚峠から寄り道はせず内野に下る。 石ごろ道は歩きにくいが
サンショウバラや尾根上の緑を楽しみながら 
駐車場所に戻れた。

Img_1748


実際よりうんと歩いた気がする。それはありあまる山の恵みを体に取り込めたから? 自分はこういう山歩きを求めていたんだと、つくづく思った。

立ン塚峠のおじぞうさん

Img_1733

【コース】内野奥P08:15-登山道11:40-鹿留山12:05-ブナ平地(ランチ)12:15(60)-子ノ神分岐13:40-立ノ塚峠14:50(10)-P15:40

きょうもサンショウバラ
Img_2624
ではまた~♪

山域別レポ一覧は あしあと

| | コメント (0)

清川村の裏山辿って鐘ヶ嶽

2020.03.15(日)晴れ+あられ 

冬の気圧配置がぶり返し、きのうは雪混じりの氷雨に縮みあがっていた。
明けてけさは快晴。空気は冷たいけれど3月の陽光が眩しい

行きがけの車窓から 南山&ねぼけお月さん

Img_0001r

清川道の駅Pに駐車し 役場の間をすりぬけ裏山に向かう

尾根に乗れば 祠などある立派な道。

Img_2020r

三角点峰のベンチ類は古くなっていた。あまりメンテされていない?

Img_0026r_20200321231001

尾根の右には杉がすこやかに並び、反対側はシデやホウノキ、桜などの雑木林。じき岩っぽくなり、稜線に沿って古い鹿柵が張られている。

Img_2027r

岩がちの尾根にはけっこう大木が多く楽しい。

Img_2029r   


シロダモ ミヤマシキミ(写真) オニシバリ そしてシキミなど 照葉樹の緑がつややかだ

Img_0061r

9時半頃、福神山。思ったより時間がかかっている。

Img_0062r

いつの間にか気温が下がり、暗い雲に覆われていた、と思う間もなく雨か?
「雨じゃないよ、アラレだよ」シャラシャラ、白い玉が足下を転がっている。

10:00見覚えのある二基の祠。「寛保三年」の文字が彫られている
「峠」の雰囲気にしばし浸る、止めどもなく聞こえてくるアラレの音…。 

Img_0075

急登にはしっかり道が出来ていた。ジグザグ道は歩きやすく有り難い。

Img_0090r_20200321234201

マメ桜や、ダンコウバイや、遠く黄色いヤシャブシの花の塊?
まわりじゅうシキミ 急斜面に点在する大木はどれも満開だ。

Img_0087r

やがて勾配がなくなり、鐘ヶ嶽の山頂に出る。

Img_2088r  

雨の鐘ヶ嶽・・、ゆっくりできず、山神峠に向かう。
広々とした登山道(修験の道)にはモミの大木が点々と現れる

山神峠からはトンネル西口の、二の足林道に。
林道脇の花を眺めながら、不動尻に向かう。ダンコウバイ満開

Img_2103r  

林道では、左の擁壁にハルユキノシタ、もう咲いているなんて

Img_0126r   

ハナネコノメも。

Img_0129r

足元にはツルネコノメとそっくりな、黄色の小花が点々と…。
これはムカゴネコノメというのだそうだ。(
ピントを合わせられない)

Img_2133r

不動尻の元キャンプ場(管理棟跡)に着いたとき、大勢の散策モードの人たちの謎が溶ける。  ミツマタだ。

(唐沢峠の下山時に何度か通り過ぎ知ってはいたが) 
奥にこれほどの大群落があって、それを目当てに人が集まるとは。

Img_0153r

ランチ後、見上げる斜面を見事なまでに埋め尽くしたミツマタ群生地を歩く。

上方へと道が延びているが、登る人はいないよう。
静かなミツマタの海をどんどん歩く。黄色の波は、唐沢峠からの登山道まで続いている。

Img_0178r

今まさに満開で独特の香りが漂っている。いつしか空は晴れ上がり、まぶしさで目が眩みそう。

Img_2162r

不動尻から谷太郎川遊歩道を行く。去年の台風でもそれほど荒れてなかった

水は変わりなく流れ、花や樹木は春の訪れを謳歌している。

Img_0208r

スミレ、カンアオイ(写真)、ハナネコノメ、ムカゴネコノメ ここにも。

Img_0195r

そしてフサザクラ、またフサザクラ・・・。

Img_0216r_20200323170401

流れの音と、さわやかな風と、そして柔らかな陽射しに身をゆだねながら、
この空気感を満喫した。

Img_0214r

しかし、遊歩道の終盤の木橋が落ちていて、わたし一人超えるのに難儀とは・・・とほほ。

谷太郎林道沿いのフジザクラ

Img_0221r

帰りがけの二基の双体道祖神も健在、

Img_0231r

駐車場の桜は満開だった、 「春めき」という新種とか。

Img_0007

【コース】清川道の駅P07:30-とりつき07:45-三角点08:20(15)-福神山09:35-二基の祠10:00-鐘ヶ岳10:35-山神峠11:10-不動尻*11:40-ミツマタ12:05(60)-*防火水槽14:00-*谷太郎遊歩道へ14:35-林道15:45-P16:50  【地図】昭文社:丹沢  2.5万:清川村図     

ではまた~♪
 山域別レポ一覧は あしあと

| | コメント (2)

滑沢山~扇山 岩あり防火帯あり展望デコボコもりだくさん

2020.02.23(日)晴れ 強風 
タクシーで(鈴庫山林道)坂脇峠の手前ゲートまで入って貰う。
少し戻ると別の林道が分岐。二俣に立つお地蔵さんに挨拶して御林沢を渡り、おねにとりつく。
Img_1194r  
急峻だけど、松の落ち葉に覆われとても歩きやすい。
Img_1198r
と思ったら突然の尾根ぶった切り。
しかたなし下りて登り返す。
Img_1201r  
まだまだ続く松林を愛でつつ 小気味よく せっせと登っていく
Img_1212r
目指す滑沢山はあのピーク、落ち葉道をグイグイ上がり、主稜に出ると、あッ
前方に浮かぶ白い山肌は奥秩父、手前の尖りは乾徳と黒金山だ
Img_1858r  
滑沢山に9:40着。落ち葉に埋もれそうな三角点。トタンの古い山名板が転がり、傍らに新しい山名標柱が立つ。
Img_1216r
締まった空気は心地よいが風が強い。冷たすぎ。
右の雑木越しの奥秩父の山山、「奥千丈だ」「大烏だ」と言いながら進むと
Img_1217r_20200227215701

尾根分岐にヤドリギを盛大に付けて元気で美しいブナが立っていた。
Img_1224r
強風びゅーびゅー、いえゴーゴーでしょ。風よけにカッパの帽子を立てた。
「暖冬と思って甘く見てたなあ」と薄い手袋をちょっと悔やむ。
Img_1239r   
左の空にキリッと浮かぶ富士山。
Img_1248r_20200227220801

涼やかな尾根道には、松に混じって大ツガの群生もあり、ミズナラの巨木もあり、なかなかに楽しい。
Img_1257r
1250m峰を過ぎると、前方に送電塔が見える。
尾根からちょっと東に下がった立地は、ランチ場に最適。
Img_1261r  
11:00、送電塔(177)の台地に到着した。
膝の高さにアカマツの幼木が生え揃い、若緑の海に沈むように腰を下ろす。
陽当たり良し、展望良し。風あまりなし。
1250m
けれど頭上の鉄塔から聞こえる爆撃のような音がすさまじい! 
せわしないはずなのに1時間もゆっくりしたとは。
Img_1266r
ランチ場からは岩っぽくなった。相変わらずの強風に煽られながら、
Img_1900r
越えたり巻いたり見上げたり、変化に富んだ道のりを巡っていく。
Img_1911r   
岩岩帯を20分も歩くと、おだやかな防火帯に出る。
Img_1897r
尾根上に送電塔(176)が建ち、東方向は大菩薩から御坂方面の展望がよい。
Img_1305r
前方に小山が二つ、1002m峰と扇山である。
1002m
おおらかな防火帯のカーブに身をゆだねれば、気持ちは雄大。
Img_1928r
北側がひらけた所では、乾徳山がキリッと尖って見えた。
越道峠はヒノキ林の中。東西に道を延ばし、正面には壁のような斜面を向けている。

Img_1329r
正面の「壁」の地面は柔らかく、滑ることなく登っていけるが、いやはや何回もひと息つかねばならない。
登り詰めた1002m山頂には新しい道標が立つ。
Img_1333r
南の扇山に向かう道はいかにも里山風、薪炭林の名残りや、
容赦ないワイヤーの放置が点在していた。
Img_1337r
所々ヒノキの植林帯になり、展望が開けると富士山が御坂の上に!
Img_1934r

14:10扇山到着。雑木林の丸い明るい山頂だ。
「あと二こぶ、ゆるゆる下って行くだけだ」。
ホッとしたけど、また距離はある。気を抜かないで行こう。
Img_1352r

おおむね南方向に踏み跡を追ってゆく。西に見える貯水池は発電所、
さらにくだると緑の網の鹿柵に沿う。
Img_1363r
所々、倒木が多く荒れた感じなのは、おととしの台風の影響かもしれない。
752mの手前?で(テープに従い)右の尾根に入り、しっかりした道をグングン下る。
Img_1365r
「一号配水槽」から道が増えた。良さげな所を拾いながら下ると、いつしか舗装路になり、廃屋が現れ、別荘地のような所を過ぎる。なんか不自然な感じ。
Img_1372r  
なおも下りると子供の声が聞こえ、遊具の揃った「塩山ふれあいの森総合公園」の一画にでた。
ほど良い時間なので、ここでタクシーコールし、塩山へ向かった。
Img_1375r
 
【コース】塩山07:22→(2720円)ゲート07:50(15)-とりつき08:10-滑沢山09:40(15)-177号11:00(60)-越道峠13:00-1002m峰13:20(10)-扇山14:10(20)-752m 15:10-塩山ふれあいの森総合公園 16:20→(1280円)塩山
【地図】昭文社:大菩薩 2.5万:塩山、川浦、柳沢峠 

 

2007.11.14にも行っていた

 

ではまた~♪

 山域別レポ一覧は あしあと

 

| | コメント (0)

妙見尊から棚山へ

201912.28(土)晴れ

春日居町から兜山に向かうとき目に入るのが、断崖に迫り出すようなお堂!
お堂には道がついているだろうし、地図を見れば棚山に繋がる尾根の途中だ。
では行ってみよう!!

Img_0182r

冬晴れの朝、春日居町駅から歩き出す。
前回の兜山では、町中でアヤフヤになっていたが、また今回も??
ストレンジャーな気分で、平等川沿いを歩き窪橋を越え、

0

牧洞寺の大モミ石仏丸石など眺め歩けば、赤い橋の走湯神社に出る。
隣は岩下温泉の一軒宿で、日帰り入浴もできるとか、心そそられる

Img_0201r

やがて兜山・夕狩り沢登山口に出た。
古戦場の説明板
にある、御前山はこれから行く山だし、矢坪は下山後に歩くところ、
あの広大な荒れ地?にこのようないわれがあったと知って、興味深く読んだ。

Img_0211r

奥に続く林道に 「妙見尊→ 」の看板が架かり、道の反対側の土手上に石柱二本。
奥に点々と石仏も見えた。看板がなければ見逃したかもしれない。

Img_0216r

 ヨイショと段差を這い上がり、石仏を追いながら登っていく。
大岩が点在するいかにも神の宿る雰囲気。

Img_0219r

参道らしく石灯籠や石段が残っているが、深い落ち葉に道形はあやふやだし、
コナラの枯れ葉が滑るのなんの、時間がかかってしまう。

Img_0224r

二丁、四丁、七丁…と、丁目石を追って行く。

Img_1370r

急勾配だけど雑木林の雰囲気はなかなか良く、芽吹きの頃も楽しそう。

Img_0233r 

前方上に白い建物が現れる、想像していたよりずっとモダンで大きい。

Img_0236r 

眺望絶佳の崖の上に立てられたお堂は、懸造り(懸崖造り)というそうだ。
テラスはずいぶん広く大勢が上がれたろう。
今は、足場の杭も床板も、古くて危なかしいけれど。

Img_1383r

慎重に足を踏み入れ、ひと巡りして、お堂の傍らの崖に腰を下ろす。
眼下には甲府盆地が広がり、盆地の縁を白い霞が帯のようになびいている。
霞みの上には御坂の山山。そしてすっくと富士山。なんとも素晴らしい景色は
まさに 妙見尊参拝のご褒美かも。

Img_1386r

お堂の背後に神々しくそそり立つ大岩こそ、磐座(磐倉・岩倉…)
神さまそのもの・信仰の対象におもえるが、でもそれらしき跡は見えなかった。
十二丁の石も見つからなかったけど、まぁいいや。

Img_1390r

さてと、背後の大岩(盤座)を越えてゆかねば。
右から直登ぎみにあがれるけれど、安全第一わたしは右の尾根から回り込む。

Img_0254r

大岩の上からの眺望もまた素晴らしく、しばし観賞。ふーー。

Img_1396r

ここからの急傾斜は落ち葉の吹き溜まりで滑るのなんの、大変だった。
標高差70mがなかなか手強く、大汗をかきつつ乗り上げた台地(700m辺り)、
目の前に現れた涼やかな尾根を見て、(ああ、いつもの道になった)と、ほっとする。
ふう-、休憩。

Img_0265r 

薪炭林の雑木林と赤松をルンルン歩いていると、岩がゴロゴロしだす。
やがて岩の重なり合うピークに出る、ここが「御前山776m」だ。

Img_0272r

ちくちく痛い針葉のネズ(ネズミサス)の青い実。

Img_1412r 

まだまだ~、ゆるやかな尾根は続くもんね~、なんてノンキに歩いていたら、右側がヒノキ林になった。境界見出標の赤いプレートが点々とあり、踏み跡が延びる。ヒノキ林は手入れが悪く暗くて不気味だ。

Img_0294r

日の当たる雑木林側を、灌木や倒木をまたいだりへし折ったりしながら行くと、林道にぶち当たる。地図を見たら、あまり上っていない。ガッカリした。繋がる尾根はまだヒノキ林で単調そう、

Img_0295r 

「もう11時も過ぎたし、いい所でお昼にしよう」と、目の前にニンジンをぶる下げ、せっせと登っていく。意外なほど急斜面。こちらの植林は手入れが良く歩きやすいが正直キツイ。・・、粛々と登るのみ・・。

Img_1416r

植林帯を抜けると眩しい陽射しに包まれる。 ちょっとした小平地がありましたぜ! 大岩を背負った格好の空間に腰を下ろして、ヤ レヤレ。

Img_0312r

 ランチを終えてひと登りで尾根に出ると、棚山の重ね石ルート登山道がやってきた。
そして正面には奥秩父の白い峰峰、真っ青な空に金峰山は堂々とかっこいい。

Img_0308r

棚山までの登山道は、あまり登りを感じないすてきな岩と松の道、
樹木のスキマからのぞくと、左には南アルプスが居並び、右には大菩薩が驚くほどの白い姿を横たえている。

Img_0327r

あっという間に到着した棚山の、なんと穏やかなことったら。 昼寝をしたくなるほどです。だけど14時も近い、寒くなるその前に下りねば。

Img_1436r  

帰路に重ね石コースを選んだのは、さっきの稜線をもう一度歩いてみたかったから。
しかし稜線からの下りは足場の悪いガンガン下り。ロープあり、なければ滑ります。
山の神コースと合流し、水をひとのみして、林道に出る。

Img_1440r

いやはや驚いた。ヤブばかりの荒れ地だったのに、重機が入り、更地っぽくなり、ネットが張られ、道も整備され始めている。桜の名所みたいなのが、出来るらしい。

Img_0347r

ただひたすら林道を歩き、そろそろ「ほったらかし温泉」に着くと思ったら、オシャレなテントサイトが現れた。
その名も「ほったらかしキャンプ場」。ひゃああ、すごい、満員なのだって!。

Img_0352r 

ファミリーの楽園、眺望絶佳、夜は全天の星空☆☆☆、温泉付きとは!(年末年始は予約でいっぱいらしい)

 ♨を通り過ぎ、ゴーカート場を過ぎ、足まかせにフルーツ公園まで歩いた

Img_0362r_20200112152501

バス待ちの40分、開けた展望の駐車場で腰を下ろす。
だんだん日が暮れてくると、富士山が桜色に染まり、空が群青に変わり、眩いばかりの夜景が広がりはじめる。
ちょっとロマンチック。

Img_0368r 

寒いのさえロマンチック。わっかるかなぁ・・

5_20200112064601

山梨市営バスから中央緯への乗継ぎは案配良く(ビール購入)、座席に腰を下ろし、つまみなど頬張りながらの話題は、ほったらかし。いやはや、数年来ない間にこれほど進化したとは。

ことしの一年、怪我もせず無事にすごせたことは、かみさまやみなさまの、おかげさまです。ありがとうございました

このブログを見てくださったかたがた ありがとうございました。
来年も 無理せず 身の丈のお山を楽しみたいと思います

【コース】春日居町07:32(15)-岩下温泉08:20-妙見尊入口08:50-妙見尊09:35(20)-700m 10:30-御前山11:00-林道11:30-(ランチ)12:20~重ね石登山道*13:20-前こぶ13:25-棚山13:45-*14:15-山の神合流14:50林道-ほったらかしキャンプ場15:50-フルーツ公園16:15~16:25 BS 17:03→(\200)16:20山梨市16:34
【地図】2.5万:塩山 

 

 

| | コメント (0)

奥帯那の西の尾根(2) 塔岩から山頂へ 紅葉の雑木潜り 岩越えて

 2019.11.02(土)晴れ      

一ヶ月半(2019.09.15)前の 平瀬入口~天神峠の続きをする
タクシーには、塔岩林道のゲートまで入ってもらい

Img_1067r

林道を奥へと歩く。
路肩にはリュウノウギクの白い花とか、真っ赤に熟したマムシ草など点々と見え飽きないし、

Img_9025r

切通しの崖の岩肌は美しく、

Img_9034r

松などの樹木が根を伸ばしている様子は凄い。
小さな馬頭観音

Img_1088r

やがて行き止まると、塔岩に到着だ。
塔岩は昭和48~49年頃には無人となったそうだ。今は物置小屋とか、

Img_1096r

畑地の跡などが残るだけ。

Img_9105r

集落入口に石段が見えた ので行ってみた。
石段はほぼ崩れているうえ、急勾配で気を遣うが、塔岩の氏神さま細草神社である

Img_9081r

鳥居の礎石らしきもの

Img_9082r

灯籠?や瓦の一部

Img_1102r

石祠

Img_1104r

前回の竹日向も細草神社、二つの集落には浅からぬ縁があるのだろう。

10:50北の高みを目指して登りはじめる。道が分からないので適当に行くと、良い尾根が目の前に待っていた。

Img_9107r

色づいた雑木林、足元は涼やか。

Img_1119r

急登だ!!   「エッサホイ」

Img_1121r

緑の大回廊はチラホラとオレンジ色が混ざり明るい。

Img_9137r

30分弱で主尾根に合流したが、はや11時半になっていた。

主尾根は、所々で大岩を巻いたり、細尾根の起伏を下ったり登ったりと、変化が楽しい。

Img_9147r 

穏やかな雑木林が続くようになると「恩二七」石標のある1142mピークで、
今日のランチはここでいただくことになった。

Img_9171r

地形図を見ればもう一回急登があるが、1350mピークを越えさえすれば、
あとは苦労なく奥帯那山~帯那山には行かれそう。

目の前には、がくっと下降するヤセ尾根が待ち受けている。わくわくドキドキ

Img_9179r

鞍部まで下りればさっそく待ち受ける岩の連続。 
巨岩の脇を歩く

Img_1153r

エイコラエイコラ、木の根や岩端を掴んでよじ登り、乗り越え、あるいは這うように越えていく。


 Img_1157r 

岩の上に出れば、ご褒美の大展望に歓声を上げる。 

勾配も落ち着いて、周りの木々にも目が行くようになると1340m峰は近い。

雑木の色づきが良いと思ったら、カエデが多い。ウリハダ、コハウチワ・・・、
いやぁ、こんな隠れ尾根がカエデ尾根だったなんて!

Img_9196r

1340mピークは誰も来やしない、静かなひろやかな林だった。

Img_1168r

奥帯那山への登りにかかると、右側にモミの植林が現れ、モミ林が去ると、雑木とカラマツ林になる。
灌木を分けていくうち、だんだん勾配が緩やかになり、ピークらしからぬ奥帯那山に到着。

Img_9208r

ササの中に三角点と山名標が立っている。
「寂峰」or「不遇の山」に敬意を表し、しばしの休憩。

Img_1184r 

登山道を南東に向かうと、公園風な真っ黄々の森に変わる。

Img_1199r

足元のカ-ペットは赤。夕陽を透かせて、万華鏡の中にいるかのよう。

Img_1196r

泳ぐように登山道を進むと、広々したススキ原に飛び出す。
富士山が迎えてくれた。 

Img_9265s

一面のススキの根元に最後のハナミョウガやリンドウが咲き、
赤く染まったオオモミジが長い影を落としている。

Img_9272r 

眠くなりそうな午後の陽射しも、すぐさま冷たい日暮れに変わってしまう危うい時刻。
一番早く下りられそうな戸市へと、道を急ぐ。

水ヶ森林道を横切り、登山道というより林道のような道を下り、15:30ころ車道にでる。

Img_9281r

すっかり日陰になった兄川沿いの道を30分ほど下り、
バス停に着いたが、バスまで1時間近くあるので、タクシーコールした。

峠をわけて北と南にある集落が、同じ名前の氏神さまをお祀りしていることなど、深く掘り下げれば昔の色々な出来事が分かってきそう。
帯那の東の、戸市、切差、訪ねてないけれど赤芝とか膝立という集落、・・・、さまざまな地名が、今、私の頭の頭の中で踊り出すのだった。


Img_9291r

【コース】甲府07:43→(4070円)塔岩林道ゲート08:20(10)-塔岩10:10(細草神社)10:50-主尾根1140m 11:25-1142m 11:40(60)-1342m 13:40-奥帯那山14:10-帯那山14:40-戸市へ15:10-戸市BS 16:10/16:30→(4070円)山梨市16:45
【地図】2.5万:甲府北部  【参照】新ハイキング社:「新バリエーションハイキング」(松浦隆康)

   

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

| | コメント (0)

奥帯那の西の尾根(天神峠まで)

2019.09.15(日) 快晴

なんとも よいお天気。
甲府からのタクシーを BS平瀬入口で下車する。

Img_0938r

塔岩林道のほどよい日陰を、秋の花を楽しみながら歩いていく。
カラハナソウ(実)…。 Img_0942r

15分くらいで、頭上にグリーンラインが横切り、林道の奥には車止めのゲート。
ここから取り付きを探しながら歩く。

Img_0945r

よさげな、でも急な斜面を グイグイ登り、20分ほどで尾根上に。
風が通り抜け、木の間越しには青い空、若い赤松の植林(キチンと手が入り清々しい)。

Img_8090r

るんるんな♪ 松の廊下を歩いていくと、じき足元は白砂で覆われ、

Img_8092r

風光明媚を絵に描いたような場所に出る。
甲斐駒
Img_0956r

その後、尾根が広がり雑木林になる。緑の風とはこんな風、山を歩く幸せを感じる。
ツクツクボーシの声が降ってくる。尾根は右に曲かり、次は左。

850mピークに乗ると、展望が開ける。正面のゴツゴツした山は昇仙峡?

Img_8100r
右奥の岩峰は次の913m峰かな?

Img_0964r

眼下の谷にヘンな岬が突きだしている。自然の地形なのかな?、行けるのだろうか?。

Img_8105r

ふたたび松の廊下を渡り、白砂の滑り台を過ぎると、

Img_0971r

ダアス峠に出る。峠道は両側にしっかりついているが、馬頭観音は見つからなかった。

岩がちの急登。岩を越え高度が上がっていくので面白いが、息が切れた。
登りついた913m峰は、またもや展望台。風に吹かれ、しばし・・。

Img_8126r  

ここできょうは帯那山まで行くのは諦めることになり、次の天神峠でおりることにした・
なので、良きところでランチにしよう、平坦で、景色が良くて、涼しいところを探しながら歩く・

Img_8146r

ありました。条件にぴったりな円峰。丸いドームのはげ山の西側に、松の影。
正面の茅ヶ岳~金ヶ岳、曲岳~黒富士の山並みを見ながら、
お湯を湧かしてゆっくりランチにした

Img_0998r

次の天神峠で下山することになったので、な~んか楽な気分。嬉しい。
天神峠に出る前に、工事中の17号鉄塔に出会う。

Img_8161r

急降下し天神峠。ここで奥帯那山の稜線と分かれ、左の竹日向に向かう。
さっきのダアス峠も、この天神峠も、
峠道はしっかりしているのに、道しるべもお地蔵さんもいないとは、あっさりしたものだ。

Img_8177r

道は尾根を巻き、じき太い尾根上に。午後の陽射しは厳しいけれど、爽やかな風がとてもよい。
10分ほどで、送電塔案内の標柱*があるが、判読不能。
傍らの枝にテープが貼ってあり、手前No17、先にはNo16と書かれていた

Img_8186r

No16に行ってみる。
10分ほど下るとモノラックの軌道が走り、これまた工事中で
台座から下ろされた16号が地面に置かれている

Img_8197r 
戻る時の、逆方向からの写真(軌道が分岐するところ)

少し下ると石祠。
Img_8194r

*に戻り、巡視路を伝い竹日向に下る。
途中の沢沿い道は石ゴロで歩きにくいが、すぐ林道になった。

Img_8206r
何を量ったのか、昔のはかりが道端に。

前方に真っ赤な鳥居の細草神社が見えると、
Img_1022r

竹日向集落だ。名前どおり日当たりの良い集落で、くねくねした坂道に沿い、古い土蔵や石垣、

Img_8222r 

お地蔵さんや丸石が祀らている。

Img_1026

広見橋の手前から沢沿いの旧道に入る。
お盆のお供物

Img_8232r

旧道は細くて急だが、ちゃんとした道で、子どもたちはこの道を学校に通ったのかなと、思ったりした。

Img_8239r

グリ-ンライン昇仙峡BS・大駐車場に15:40到着。人気の昇仙峡は、人が多い。トイレで顔を洗い体を拭き着替えもすます。
さっぱりしたところで、白桃ソフトをいただいたりして、バス時間までゆっくり過ごす

Img_1031r

バス停の前でタクシーさん好条件を提示され、結局タクシーで甲府駅に向かった。

このところ雨ばかりだったが、、きょうは見事に晴れ、丸一日山歩きを堪能できた。
甲府の北側は、低山ながら地質・植生など面白い山が多そうだ。古くから人々が住まい、集落の佇まいも峠道も発達していえう。
自然にも民俗にも、次から次へと興味が湧いてくる。

Img_8116r 

きょう 歩き残した道、新しく触れた道、峠の向こうにも行ってみたい。
エスケープと思った竹日向への道は、、歩けて良かった。

これからの楽しみが増えたきょうの一日。 ほんとうにありがとうございました。

【コース】甲府08:43→(3880円)平瀬入口09:15(10)-ゲート09:40-とりつき09:50-尾根10:15-最初の展望10:40-504号11:20-850mm圏展望11:30-913m峰11:40-ダアス峠11:55-円峰12:20(70)-17号鉄塔13:40-岩峰14:05-天神峠14:10-*14:20-16号鉄塔14:30-*14:45-竹日向15:10-広見橋15:25-グリ-ンライン昇仙峡BS 15:40/16:10→甲府16:55 
【地図】昭文社:金峰・甲武信 2.5万:甲府北部  「新バリエーションハイキング」(松浦隆康)の「39帯那山-友沢の巨岩」


| | コメント (0)

7月の乙女高原と黒平峠から塩平

 写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年7月5日 (金) くもり 

塩山発バスの乗客で終点焼山峠に下りたのは私たちだけ。
真夏の陽射しにびっくりして、慌てて日焼け止めを塗りたくる。
久しぶりにきいたカッコーの声 ♪


乙女高原への林道沿いには、チダケサシ、ヤマオダマキ、ピンクのシモツケ・・が咲き誇る、
どの花も「やっと晴れた、ばんざい」とうきうきしてるよう。

Img_6802r

四季の森広場で車道を離れ、山道に。
木々の葉も草も、大きく深呼吸しているような、すごい生命感、
おっと危ない、滑るぞ。高らかなる沢の音。ホ-ホケキョ、チーツクピー♪。

Img_6811r_20190728153001

駐車場の脇から頑丈な鹿柵の扉を開け、草原に入る。
全盛はアヤメ。桃色も鮮やかなヒヨドリソウは蕾、

Img_6853r

シモツケソウもまだ蕾で、
一斉に咲く来週あたり、さぞや華やかな草原になっているだろう。

キリンソウも多かった
Img_6873r

今、この草原のいちばんはキンバイソウ。私は初めてのお花。

Img_6889r

グリーンロッジ前のベンチで、高原の風にふかれつつ、な~んか優雅にランチをいただく。

Img_6910r

ここでいただいた、「乙女高原のお花たち」というA3のパンフレットで、ノハラアザミとノアザミの見分け方を教わった。

ノアザミ
Img_0649r

昼食後、また高原をゆらゆら歩く。
「ここにはタチフウロばかり、カイフウロがないのは何故だろう?」と疑問がでる。
ハテナ? 
クガイソウは、いままさに花穂が伸び色づき始めたところ、
大ダケカンバやウラジロモミの並ぶ丘の縁から、グリーンロッジの赤い屋根が、遠くに見下ろせた。

Img_0651r

ここから樹林帯に。
モギの頭を越えた所の大ブナが「ぶな爺さん」。

Img_0669r
 
次の小ピークにはウロだらけの、こちらは「ぶな婆さん」?。

Img_6949r

樹林帯の下草はソヨソヨ優しく、クモキリソウが慎ましく咲いている。

Img_0702r

ダケカンバの巨木の、倒れたばかりもがあったり!、

Img_6961r

大きく枝を広げた 壮年期の大木もあったり おもしろい

Img_0695r

ピークには三角点があり ”ソッタノ頭”と確定できた。

この先のカラマツ林は、所々刈り払われ、ミズナラの苗が植えられている。

Img_6999r

下草のイチゴ系が、痛いのなんの。でもね

クマイチゴ 花
Img_7016r

静かな静かな道なき尾根の、草を分けて歩いていくっのって、
じ-んとしてくる。懐かしい歩き。

Img_7013r

14:40「この辺が黒平峠」。 え、峠を示す何の標もないが 慌てて地図を見る
「ここを下ります」 おくれちゃならぬと追っかける私。

Img_0708r

左岸の踏み跡らしき草の薄い所を縫っていると、ららら、新しい?堰堤だ、

Img_0709r_20190728153701 

堰堤を越え、さらに左岸を縫って下りる。道と言えば道だけど、分かりづらい。
古い堰堤をいくつか過ぎる。道らしきものは続いている??ような?

やがて左の川沿いに 明瞭な道が現れる、
そのうち 足元は平たい幾筋もの水の流れる不思議な地形に出た。

クリンソウの花終わり
Img_0716r

そろそろお里じゃない?  案の定林道現れた。

Img_7056r

おしゃべりしながら歩ける道の、最後は頑丈な鹿柵が待つ。
(こういう鹿柵はトレンドか?)

水場を過ぎると、おお!すっくと聳える富士山が。

Img_0719r

塩平の明るい集落に出る 16:10

1Img_7068r

166:30にバスがあった。 おお、なんたるラッキー、一日2本のバスにぴったりなんて。

Img_7072r

市営バスは窪平までで、別の市営バスに乗りつぎ、塩山駅には16:50に到着した

きょうは前半と後半の、二種類の山歩きができた。
久しぶりの山歩きらしい歩き・・・、満足の一日だった。

           
【コース】塩山→(1100円)焼山峠09:20(15)-四季の森広場09:45-湿原入口10:00-駐車場1030~10:40草原~グリーンロッジ11:15(50)~ぶな爺さん12.35-長城山13:05-ソッタの頭14:00-黒平峠/下る14:45-鹿柵浄水場16:00-塩平BS 16:30→(200円)窪平17:25→(200円)塩山17:50
【地図】昭文社:金峰山   2.5万:川浦、茅が岳  

| | コメント (0)

魅力いっぱい三ッ峠御巣鷹山

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年6月16日 (日) 快晴 

なんというクリアな空気だろう! 真っ青な空を、雲の塊がぐんぐん走っていく。
夏のような光が溢れ、車窓からは山々の稜線が際だっている。

三ッ峠登山口(トイレ)脇(1300m)からとりつき、急登をぐいぐい登っていく。
油断すると足が滑り落ちてしまいそうだ。

Img_9090r  

四方から押し寄せるハルゼミの声を耳に、一歩一歩体を吊り上げる。
少し勾配がゆるんだ1450m辺りで、ひと休み。さまざまな葉の重なりが美しい。

Img_5593r 

ヤマツツジの赤い花が点々と咲いている。
足元には秋の草(ハンカイシオガマやタカオヒゴタイ)の幼い葉が姿を見せる。
順調な季節の巡りが嬉しい。

すると、ふいに道に出た。 茶臼山の板が架かるが隣のピークと思う。
さすが登山道は歩きやすく、咲き始めたゴゼンタチバナなどの花を撮っていく。

Img_5606r 

森にいるってことがなんとも嬉しくて仕方ない。
ひゃっ、風が強いな、それもすご~く気持ちいい。

Img_5610r

エアリア地図の『露岩』を登り、ゆっくり歩く。
濃い紫ピンクのカモメラン、

Img_5623r

シロカネソウ、マイズルソウ、ヨウラクツツジなどが、ひっそり咲いている。

Img_5636r

苔に覆われた岩が多く、深閑とした空気に満ち、そこそこ日が射し込む、そんな一画

Img_5627r

山頂に近づくにつれ勾配が増す。『見廻り道』の道標のすぐ上が、

Img_5675r

電波塔に占拠された御巣鷹山の山頂だった。
風の強い今日ばかりは、電波塔が 風よけになってくれるので、ありがたい。

Img_5677r

食後は 北面の『見廻り道』を行く、
なんということない巻き道と思いきや、突然、絶景の岩の上。
雄大でクリアな景色がド~ンと目の前にあった。

Img_9152r

本社や鶴ヶ鳥屋山は低く見える。達沢山などの御坂の山々が連なり、
黒岳の堂々とした山容が素晴らしい。雲が強い陽射しに光っている

Img_5681r

岩から真下に一段下り、慎重に進む。ここは緊張した。

カシヤ穴の上に意外に早く着いた。憶えのあるクサリとロープが下がっている。
見かけよりガッシリしたクサリを伝い、下の段に下りる

「おっ、シロバナフウリンだ♪」

Img_5691r

「ムラサキツリガネも♪」

Img_5709r

「ひゃ、コヨウラクツツジ♪」 カシヤ穴の大岩の上で、ゆっくり花を眺め、景色を楽しみ、風に吹かれた。
ずっと憶えていおきたいな、今日の空気感。

Img_9172r_20190702042701

 見廻り道はかつては登山道、読めない道標が随所に架かっている

Img_9181r

北口登山道に合流すると、林下はバイケイソウ、ヤブレガサ、そしてレンゲショウマで覆われる。

Img_5717r

登り切ると御巣鷹山草原。道の両側は柵が張られ、所々に、ガッチリした囲いがあり
二重の囲いの中にはアツモリソウの花。こうでもしなきゃ、守れなくなったのか? 
大菩薩もそうすべきだった?

Img_5734r

囲いのおかげで珍しい花を見ることが出来た。
アオチドリ

Img_9210r

四季楽園から ふたたび稜線に、そして岩場テラスに出てみた。
最後の展望をしばし楽しみ帰ろうとした時、富士山の頭に架かっていた雲が、薄れ・・

Img_9232r 

下山は三ッ峠登山口まで。途中で旧登山道?のショートカットの道をとり、16:45トイレに下りた。タクシーコールも電波届かず、もう少し下のバス停に急ぐ。無事タクシー会社に電話が繋がり、残りもののパンを囓りながら、車を待った。気温がどんどん下がっている。

河口湖駅、富士山の雲はすっかり消えている。

Img_5779r

その東の山の端には、非常に明るい満月が、浮かんでいた。

【コース】河口湖9:05→(バス570円)三ッ峠登山口09:40-ゲート(10)10:05-茶臼山 11:05- 御巣鷹山12:50(70)-カシヤ穴14:00-御巣鷹山草原15:00-巻き道へ15:30-屏風岩15:50-ゲート16:45-登山口バス停17:00(40)→(タクシー5770円)河口湖18:00 
【地図】昭文社:富士山 2.5万:河口湖東部

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

| | コメント (0)

石砂山もりだくさん

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年4月7日 (日) 快 

BS青野原から、道志川のキャンプ場に下りる。
河原には何張りものテントが並んでいる。ウキウキした雰囲気に溢れ、朝ごはんの匂いがどこからか漂ってくる。

Img_4266r

青年の滝(牧馬大滝)               
 不動吊り橋を渡り、涸れ沢の河床を歩く。
  沢は大きく左折、山深い雰囲気となり、やがて水が表面に出てきた。じき少年の滝(小滝)とご対面。
 小滝の落ち口  水量は少ない

   Img_8875r

 やがて両側の岩は切り立ち、河床の岩も大きくなり、ひとつひとつ乗り越えながら進んでいく。滝の音が谷間に大きく響いている。
 右折すると、、現れた、これが
大滝。

Img_4304r


石砂山東尾根
 とりついて 30分程で 広葉雑木林の涼やかな尾根に乗る。

Img_8922r

 やや尾根が細くなった辺りから、激しくチョウが飛び交い始める「ギフチョウだ!」
 「春の女神」と一緒に山歩きしているなんて♪ハハハ、ウキウキ楽しくなってきた。

Img_8956r

 ミツバツツジの花と強い陽射し。

 Img_4413r

やがて岩を巻く道が現れ、 尾根に戻ると、容赦ない急登の、山の腹をひたすら登っていく。

Img_4435r


 12:10石砂山東峰。
 
 私たちはそのまま西峰に向かう。12:30 西峰は誰も来ない、 

 Img_8974r

 ヒトリシズカの花の雑木林、シートを広げてランチにする。
 締め付けた靴を脱いで・・ほ~~~

 もいちど ギフチョウも来てくれた。

Img_8971r

 下山は石砂山北尾根
 大きくたわんだ ゆる尾根をすいすい、 

Img_4467r

 と思うまもなく過激な急降下。 
 川上峠あたりはコナラなど大木が根こぞぎ倒れる、去年の台風のつめあとだ。

 川上ドッケ(祠あり)では右を。いつか左の尾根も歩いてみたいな。

Img_8978r 

 350m辺りが伐採されて裸になっていたのには驚いた。
 鉢岡山の完璧なお鉢の姿が目の前に構える。

Img_4494r

 やがて下山道は穏やかになり、
 和風の引き戸の、「いらっしゃいませ」という風情は なんとも。

Img_4501r

大石神社
 すてlきな 廻り舞台を見物。地元の方が来られて 説明をしてくださったうえ 
 
廻り舞台を動かしてくださった。  ありがとうごさいました。

3_3

プレジャーフォレストへの車道歩き
 残るは1時間の車道歩き。うっわ~、歩けるかなぁ・・しんぱい
 と
ぼとぼ歩いていたら  可愛いお姉さんの車が「乗りませんか?」
 
って。ありがとう、ありがとう。感謝でいっぱい、
 おかげさまで、体も心も元気復活できた。

相模湖の渡し舟 
 鼠坂の集落に入ってすぐ『渡し舟』の看板の所で、車から下ろして貰う。
 細い道を10分ほど下り湖岸に出て、
 ドラム缶をたたいて
合図を送るそうだ。

  Img_4514r

 「ガンガン」  「は~い」
 対岸から返事が聞こえ、ボートがやってくるという仕掛け。
 山歩きの最後に舟遊びなんて、なんたる けつまつ。

 Img_9000r

 ということで、いろいろ てんこもりな 一日でございました。 

【コース】三ヶ木06:55→(250円)青野原07:05-キャンプ場07:15(20)不動之橋07:35-小滝-大滝08:15(15)-とりつき09:00- 尾根上09:30-450m10:00-水源看板11:20-石砂山12:10-西峰12:30(60)-川上ドッケ13:55-大石神社14:55(25)-16:00車→渡し入口16:07-舟着き場16:20-舟にて(600円)16:30→相模湖公園 16:40
【地図】昭文社:高尾陣馬 2.5万:青野原、与瀬

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A m j  u  z