« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

新春は干支の山 赤馬からの南高尾

2024.01.04(木)  

赤馬バス停から、月読神社にお詣りしようと、急階段を上がる。
「月の神でありツキを呼び込む神」とは縁起が良い。

P7010991

ちびた石仏などいかにも地元のお社。

P1070195

沢を回り込みすぐ左の山道に入ると。馬頭様さまが待っている。

P1070198

竹林や畑キワのキレイな作業道を進む。最初の沢を回り込むあたり、道が荒れるが、新しい道ができていた。

P1070203

杉林のヤヤ暗い道はホウの落ち葉だらけですべる。

P1070208

ほどなく庚申塔に到着(右からも道が上がってくる)。

P1070209

俄然良い道になる。せっせと登るうち、じき60号送電塔に出る。

P1070213

この先もあいかわらず杉や檜の植林に、カンアオイが点在。勾配はほぼない。

P1070215

最後、岩がちの急登だが、乗り越えると南高尾登山道に合流だ。

P1070217

大洞山10:30。テーブルベンチで小休憩していると、何人ものハイカー・ランナーが通り過ぎた。

P1070225

陽は射しているけれど気温が低いのだろう、ハナミズが垂れて・・。

金比羅山を越え、次のピークもまき道でなく尾根を選択。岩岩の登り、「ヨッコラショ」と木の根や岩を掴んで到着したピークに、山名標はなく宮標。そこから登山道は。直進でなく右だ(案内あり)

P1070229

中沢山に上がって下りれば中沢峠。
さらに、みはらし場をすぎ 龍の彫刻と対面。お正月らしく綺麗にお飾りをされていた。すべて手作り。地元愛のなせる手仕事だ。

Img_0772

ここかドンドカドンと道を下り、三沢峠をすぎ、城山湖周回路から発電所の裏を周り、

P1070245

牡龍籠山(おたつご)にひと登り。

P1070248_20240122175602

金比羅さまにお詣りして、発電所前から牝龍籠山(めたつご)にも立ち寄った。

1426

山頂は広いので藪を払っていただけたら、良い観光資源になると思うが。。

1428

龍伝説 相模原市HPより抜粋

むかしむかし、龍の夫婦が仲良く暮らしていました。そこに信濃のオスの龍がやってきてオス同士のけんかが始まりました。龍たちが争うとたちまち雲が沸き立ち、風が吹き付け稲妻とともに大雨を降らせました。当地には龍の争いがあったことを物語る地名があります。龍が住んでいた穴があった川の周辺を「穴川(あながわ)」、大風が吹き抜けた場所を「風間(かざま)」、大雨が降った場所を「雨降(あめふらし)」、滝のように水が流れた場所を「滝尻(たきじり)」・・。雄龍籠山にある金比羅宮の境内にはその昔、雨乞いの神事をしていたという池があります。この辺りに境川、穴川、小松川の源流があり、緑区町屋で合流、境川として流れていきます。

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (2)

(足利)仙人ヶ岳♪ 沢沿いの道と小ピーク縦走

もう去年の山になっていました。群馬/足利の山です
2023.11.26(日) 
 

あいにくの曇空、岩切登山口から登りだす。

Pb260167

沢沿いの道は整備されて 歩きやすい。所々細くなったりロープが出てきたり。

Pb260171

じょじょに広葉樹林にかわり、橙黄色の紅葉で,沢は一気に明るくなった。

A1

1時間くらいで『生満不動尊』。大岩の前にお社がへばりつき、周りには岩壁がそそり立ち、ひんやり冷たい空気が背筋をしゃんとさせてくれる。

Pb260186

沢沿いをさらに進むと、マンガン鉱の鉱口跡が点在していた(岩切鉱山)。

Pb260194

沢を離れるジグザグの急登になり、すぐ先が稜線上の「熊の分岐」だ。
山頂まで、黄色の雑木林と赤松の細い尾根。所々展望がひらける。

Pb260217

ピークは「前仙人」右は「赤雪山3.9㎞」。山名に「雪」は、なぜかすてきだ。

Pb260223

「仙人ヶ岳」(△863.8m)山頂は 小広い。

Pb260227

西の肩まで足を延ばした。掃き清められた参道のようで気分のよい道だ。

Pb260233

山頂は寒すぎなので急いで戻る。勾配のきつい岩場は思ったより時間がかかる。

Pb260237

「熊の分岐」でお汁粉を作っていただいた。ありがとう❤❤。感謝感謝

Pb260239

ここから尾根縦走で猪子峠を目指す。小さな岩峰をこまめに繋ぐ尾根道は、ひと登りすれば頂だ。息が上がる前に登頂している。まず「知ノ岳(561m)」、

Pb260247_20240109170101

乗り越した岩峰は見晴らしよく,左下に松田湖、眼下に紅葉の山々が折り重なるようになびいている。矢印はこれから歩く峰峰とか。

Pb260250_20240109165301
快調なペースで、すぐ「宗ノ岳(530m)」、意味ありな名前がつけられている。尾根全体に何か信仰的ないわれがあるのかな?

Pb260256

顕著な岩壁がみるまに近づくと、唯一の難所といわれる「犬帰り」。

Pb260271_20240109164301

岩場に挑んだ。

Pb260276_20240109164301

20分くらいして巻き道組が汗をかきかき、「ふ~、ずいぶん下までおろされた」とやってきた。すぐ先は「惟ノ山(501m)」,どういう意味?

次の小山はチョット手応え。岩をグイグイと登っていく。500m級のアトラクションという感じで楽しい。

Aa2

「猪ノ子山(511m)」。縦走は終わりと思ったは早とちり、あとふたコブとか。

Pb260297

岩も何もない小山をダラダラ越え,猪子峠の道標を見たときはホッとした。

Pb260311_20240109165301

トンネルを潜り、県道を歩き、別働隊の待つPに着いたのは16:20。少しうす暗くなってしまった。

Pb260315

群馬の低山はほどほどの岩っぽさがあり、楽しく私でも登れる。地元在住のお二方には ずいぶんお世話になった。彼女たちのおかげで登れた仙人ヶ岳。ありがたいことです。

Pb260294

では またぁ   (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (0)

裂石から朝日をあびて登る尾根~高芝山

2023.12.24(日)  

裂石の介山記念館手前でタクシー下車。去年下った尾根をきょうは登ってみる。見上げれば青い空なのにここに陽はささない。対岸の尾根にとりつく。のっけから急登で息が上がる。最初の送電塔はもうすぐと励まされて、ガンバった。

Img_0660

No.185鉄塔台地到着。わ~い、真っ青な空に美しい富士の姿。

0853

台地を過ぎると尾根が細くなった。大ブナ1号、次の2号は腰曲がり.3号大ミズナラは株分かれ。足元には木目調のNEWな巡視路階段が出てきた。

0915_20240101160101

思ったより順調に登れる。木々を眺めながらは楽しいからだ、明るいひらけたところで腰を下ろす。南アルプスの白い大きな山塊は、なんとゆったりして心を寛やかにしてくれるんだろう。

ぐいっと乗りあげると背の高い赤松たちが続々と現れる、すごい美形揃い

Photo_20240101160201

大きな石が現れはじめる。この先尾根は細くより美しくなってくる。巨木たちが姿を見せる。根元で激しく幹分かれしたミズナラ、岩を抱いた大ブナ。たくさんの宿り木を飾ったブナ、けっこう立派なミズメ(アズサ)など。

1046_20240101160201

鮮やかな赤テープの向こうに、かの異形の大ブナが蹲っていた

11072_20240101160301

予定どおりランチ、しかし空が澄みすぎとるこんなにも冷えるのか? 静かな心地よいこの場所で、もっとゆっくりしたかったけれど、出かけよう。

Photo_20240101160401

ゆるく鞍部におりてゆるく登りかえす。わたしの大好きな林の広がり。若いの、年寄り.すでに地面に横たわったのとか、さまざまなミズナラと、ときおりブナが、静かに日光を浴びている。

Photo_20240101160301

林床には一面の落ち葉。ザクザク踏み込みながら、あっというまに高芝山直下に着いた。上では、高芝山表示の峰を乗り越し、展望岩峰でいっぷく。
富士山は笠雲を乗っけて霞んる。手前の御坂にも薄ベールがかかっていた

Img_0713

折り返しのミズナラ林を、今度は稜線に沿って北に進む。左半分はカラ松。ゆるいピーク(1516m)を越え、進むほどにかつて繁茂したスズタケの名残が現れる。ミズナラもブナも若い木が多いなか、所々美しい大木も。

Photo_20240101160501

不意に大きな猛禽の鳥が、白い姿をふわりと浮かばせ飛び去った。
「あっ、ふくろう」「あのウロから顔を出したとたん、飛んでいったんだ」
私は見れなかった、残念。お顔を心に描きつつ、フクロウの森を歩く。
夕日がどんどん落ちてくる。木々の影が地面に描く縞模様を、踏み踏み歩く。

Photo_20240101160602

今のゆるい登りは、じき林道につきあたるだろう。そしたらきょうの森歩きは終わりだ。ゆっくりゆっくり足を運ぶ。やがて竹森林道に行き当たる。

Photo_20240101160601

あとはピカピカ舗装の林道を辿って、さらりと終わるはず。
ところがじつは見所多数。林道はほぼ日陰の凍る寒さが幸いし、氷の作品展の大盛況だった。多数の氷玉とかツララの数々、最高傑作はこれ。

Pc240173

ふと見上げれば東の空に大きな白いお月様が浮かんでいた。まるで夢のようなふわわな演出で、きょうの(今年の)、山歩きは終わだ。

では またぁ   (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (0)

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »