« 塩の道 糸魚川~姫川温泉 大網峠越え | トップページ | 大蔵高丸~ハマイバの花爛漫 »

十石山への遠い道のり 【北ア/乗鞍】

2022.07.09~10(土,日 )                

初日 白骨温泉から山頂避難小屋へ     晴れ           

快晴の空は、じりじりと暑さをまき散らす。バスは、定刻通り8時過ぎ白骨温泉に到着。運転手さんに教わった登山口へのショートカット入り口は分からず、
エアリア地図の通り林道を行く。

P7100284r

火山由来のなにか?

P7100285r

車道歩きのつらいこと。寄り道はしたけれど1時間もかかって登山口に到着。小さく地味な道標がある。

P7100282r

ササの茂るブナ林に、しっかりした道が延び、緩やかに登っていくと、
丸太の広場(湯沢ノ平?)に出た、

P7090062r

「蒸すわ、暑いわ、虫に刺されるわ」私たちはすっかり参っている。
そこここに見られる異形の大木は、薪炭用に伐られた名残りなのか?

P7090064r

変わり映えのしない緩やかな道。早く尾根に出たい、さわやかな風に吹かれたい。そこに咲いてたイチヨウラン

P7090069r

シラビソが増えてきた。ゴゼンタチバナが咲いている。わお、ミツバオウレン、そしてイワカカミ。高山のに匂いだ。

P7100248r 

13:00過ぎ 登山道の傍らでようようランチにありついた。
虫が多く、ゆっくりという訳にはいかないけれど、、、、

16時 やっと森林限界だ。腰高の笹原に道形が延びていく。

P7090107r

ナナカマドは低木になり、白い花を咲かせている。周りに山々がなびき、
山座同定で盛り上がる、
空はいつの間に重い雲に覆われ、遠くから雷鳴も。急ごう。

P7090112r

雪渓に出た。小さくなったとはいえ雪は雪、けり込みしながら進むが、私は下手くそで滑りそう、
雪渓を抜けた
時、ポツポツと 雨か? イワカガミ、キンポウゲ、チングルマ、みんなで口々に名前を呼んでいく。キヌガサソウ、アオノツガザクラ・・お花を目の端に残し、せっせと登る。

P7090126r

やがて、ガスの中にぼんやり建物が浮かんだ。

P7090151r

中に入ったとたん、小屋は激しい雨に包まれた。「ひ~、ギリギリだった」
ここ、十石峠避難小屋は、広くて綺麗、しっかりした建物で安心感がある。

19時を過ぎ雨は止み、明るいので、外に出てみた。
小屋の裏の高台に乗ると空はうす赤く、北アルプスの霞沢岳?焼岳?の姿、
お天気いまいちで、本当に残念。明日に期待しよう!

P7090165r

それにしても コースタイム4時間ほどの道のりに これほど時間がかかったなんて なんということでしょう・・・

白骨温泉バス停08:30-登山口09:30-スーパー林道分岐-丸太広場11:00-
さくらフィルム11:15-森林限界15:30-小屋17:00

 

翌日 十石山から白骨温泉へ下山・温泉        曇り/雨

P7100167r  

朝5時前はかろうじて青空が見えた。

まず十石山山頂に行く。 山頂は小屋から5分ほど先のハイマツの丘だ。

P7100187r

途中には

4_20220723014301

とか

P7100178r 

山頂から小屋に戻る道↑。北側のむき出しの崩壊地は生々しい。
P7100194

小屋裏の台地にはコマクサ 

P7100196r

ミヤマリンドウ

3_20220723015001

十国峠避難小屋は、がっちりして、清潔で、居心地が良い。

P7100205r

P7100200r

登山道の刈り払いもされていたし、入り口横に天水をためるバケツもあるし、管理をされている方々に感謝。

下山は小さなお花畑を、惜しむように楽しみながら歩く...。

P7100227r

ハイマツの実はホシガラスの食痕とか。

P7100228r_20220723021001

小さな雪渓を過ぎ、森林限界の笹原をすぎる。ガスがどんどん濃くなる。

P7100239r

ついにパラパラと雨の粒、迷うことなく雨具を装着する。
ブユなどのいやな虫がほとんどいなくて助かった。

6-2

「さくらフィルム」看板を過ぎ、丸太広場を過ぎ、美しいダケカンバ林を通過。

登りで気がつかなかったショウキランに出会う(^▽^)、

P7100274r

下山口手前には、まだ蕾のクガイソウが群れていた。

P7100279r

登山口から林道を歩き、来たときと違う道を辿ると、バス停の近くに下りれた。なんとすっかり夏の空だ。

P7100286r

「白骨温泉野天風呂」の入口の「温泉粥200円・温泉卵10円円」の張り紙に惹かれ、門を入ると下り階段。ひたすら下り続ける階段にひるんだが、成り行きだ。川を見下ろす野天風呂。ぬるめでゆっくり入れた。 入浴後の温泉粥と卵は、小腹満たしにちょうど良い。

タクシーコールし、バス停沢渡に行く。バスを待つ間のコーヒーが、じわ~っと沁みた。今回ののんびりペースは、私に合わせていただいたから。ほんとうにありがとうございました。
 
避難小屋05:30-十石山05:40-裏の丘を散策-避難小屋07:10-さくらフィルム10:00-丸太広場-登山口-白骨温泉(入浴)



では また~  (^_^)/~   

山域別レポ一覧は     あしあと へ


|

« 塩の道 糸魚川~姫川温泉 大網峠越え | トップページ | 大蔵高丸~ハマイバの花爛漫 »

コメント

ba_sobuさん、こんにちは。

十石山は昨年9月に行ったばかりなので、写真はいろいろと懐かしかったです。われわれは日帰りだったので、小屋は中で休憩しただけでしたが、泊まりは広くて快適だったでしょうね。下山してからのお風呂も長い階段を下って、同じでした。(苦笑)

投稿: AKIO | 2022年7月24日 (日) 05時22分

高原情緒も良いけど、いいなあ夏のラン。
今十石山から稜線は歩けるのでしょうか?
というか歩ける雰囲気ありそうですか?

投稿: komado | 2022年7月26日 (火) 21時07分

Akioさん  こんばんわ
行きたい話が出た十石山ですが、去年のAkioさんの掲示板の記事が決定打となり 今年実現しました。
ありがとうございました、
昼過ぎに山頂に着くだろうと たかをくくっていたのが
とんでもない 長丁場になってしまい ホトホト自信をなくしています。 紅葉はまた、いいでしょうね。 

投稿: ba_sobu | 2022年7月27日 (水) 00時52分

komadoさん こんばんわ
そ-、雪解け季節はランと ブユ(T-T)
といっても ランは登りはじめの林です
日本のランはほとんど地味で目立ちませんが、あえた時は嬉しいです。
書いてませんが 緑色のチドリ系のランを多数見かけました。
金山岩の稜線は良さそう、でもキケンかも??・・・
https://uccari8.hatenablog.com/entry/2018/10/27/211632
と思い白骨からのピストンにしました。
お天気が良かったら 金山岩辺りまで行ってみたかったけど。たしかに あの稜線の崩壊は 進んでいそうでした。

投稿: ba_sobu | 2022年7月27日 (水) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩の道 糸魚川~姫川温泉 大網峠越え | トップページ | 大蔵高丸~ハマイバの花爛漫 »