« 天狗原山から金山 【頸城】】(2)   地獄過ぎれば✿✿天国の花園✿✿ | トップページ | 花✿秋めく三頭山へ »

天狗原山から金山 【頸城】(1)   まずは地獄を抜けましょう✿✿

2019.08.02(金)晴れ                    

林道笹ヶ峰小谷線 は、道路補修のため8月いっぱい車両通行止、
雨飾荘前から歩かねばならない


Img_7211r  

まことに恐ろしい陽射し。暑い上に重荷が応える。
時々、木陰を選んで水飲み休憩していても、思考停止状態。足だけ勝手に動いている。(強い陽射しに影もクッキリ)

Img_7215r  

遅れて登山口に着くと、みなは下山してきたソロ男性と歓談中。
水場やテント場について、貴重な情報をいただいた。感謝。

Cimg_7218r 

やっと山に入る。 休憩したし日陰でもあるしで、急勾配さえ楽に感じる(?)。
エ ゾアジサイの美しい水色に歓声を上げ、

Cimg_7217r

オニノヤガラの黄色の長身に驚いたりしながら、ゆっくり登る。

Cimg_7229r

 目の前の高みをグイッと迫り上がると、お待ちかねの「水場」に出る。
水場は ブナの巨木に囲まれた、落ち着いた場所

Cimg_7236r

この先、勾配はゆるくなったり、厳しくなったり、道が細く剔れていたり、気を遣う。
一段迫り上がった所には、ダケカンバの巨木が待っていて、山深さを感じる。

コキンレイカ

Cimg_7250r 
 
そうして いよいよ、赤土の溝になる。  もくもくと歩くのみ。

Cimg_7254r

 ミズバショウの巨大な葉の連なる平坦地になりほっとしたのも つかの間

Cimg_7258r

 またすぐ、再び溝になる。そこそこ急登でもあり、足元は悪く、気を遣う。ん~、もううんざり。

  Img_7508cr

 やがてオオレイジンソウやキヌガサソウがポツポツが姿を見せはじめると、
本当の溝の終点。

Cimg_7265r

 ぐるりとキヌガサソウに囲まれ、ミヤマキンポウゲも一面に咲いている、
そんな憩いの広場で休憩した。、

Cimg_7268r

元気を取り戻し、急登をグイグイいけば(刈られた笹に足元をすくわれそう)、
ガレ場の入口について、この先ロープもある岩場になる。

Cimg_7280r

 真っ先に可愛らしいシナノナデシコの一群のお出迎え、

Cimg_7275r

 陽当たりが良い急斜面には、お花畑が広がっている。
油断ならぬ岩場ゆえ、歩き回ることは出来ないけれど、
たくさんの花を数えながら高度を稼ぎ、写真も撮りまくった

ハクサンサイコ

Cimg_7285r

 お花畑 (タカネカワラナデシコやミヤマコウゾリナ・・)

A_20190815100701

 
白いヤマホタルブクロ、

Cimg_7287r

 クガイソウ、

Cimg_7295r

 クルマユリ

Cimg_7279r

 ガレ場を越えると、右に岩壁が見えた。岩には花が咲いている

Cimg_7302r_20190815095501  

このシラビソのピークを越えれば天狗原山のはず。 
が、思ったより長い、まだ続く登り。
もうすぐ、もうすぐ。しっかし なぜに この足は 進まぬ。もどかしい。

モミジカラマツ

Cimg_7303r

やがて先頭の嬉しそうな声がした。 「着いたよう~」

わっと視界が開け

Cimg_7308r

 正面に天狗原山、ウサギギクがひとつ、頭をシャンと上げこっちを見てる。
お地蔵さまと目があった。 「ありがとう、おかげさまで来れました」

Img_7309r

花畑の入り口にちょうどテント分の裸地があり、ありがたく使わせていただく。
今夜はゆっくり休んで、あしたは軽荷で金山往復♪、 すっごく愉しみ♪ 

【08.02】 信濃大町06:13→南小谷07:17/07:39→中土07:45→(タクシ-4600円)雨飾荘08:20/08:30-金山登山口10:10(20)- 水場12:30(20)-右に岩13:30-14:00溝状-ミズバショウ14:30-キヌガサソウ15:00(20)-15:40ガレ場花畑16:00-右に大岩17:10(手前ピーク)-お地蔵様テント 17:50(泊)
                                       

(2)に続く ~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

 

 

|

« 天狗原山から金山 【頸城】】(2)   地獄過ぎれば✿✿天国の花園✿✿ | トップページ | 花✿秋めく三頭山へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天狗原山から金山 【頸城】】(2)   地獄過ぎれば✿✿天国の花園✿✿ | トップページ | 花✿秋めく三頭山へ »