« 天狗原山から金山 【頸城】(1)   まずは地獄を抜けましょう✿✿ | トップページ | 濃霧の切通峠~三国峠 »

花✿秋めく三頭山へ

  2019.08.22(木)小雨曇

こう雨が多くては、最初の計画は中止。しかたない。 
代案は三頭山へ初秋の花見。 思ったより多くの花を、楽しむことが出来ました

霧が濃いなと思っていたが、そのうち本当の雨の粒
傘をさし、チップの路を歩く
キツリフネ、

Img_7564r_20190825024001
タマ
アジサイ、

Img_7576r_20190825024101 

ボタンズル

Img_7588r_20190825023101

最初の見どころ三頭大滝は水量多く、水音高く 堂々している
滝見物の後は三頭沢に沿って、少しずつ高度を上げていく。

モミジガサの白い小花

Img_7591r_20190825024201

タマガワホトトギス

Img_7595r 

茫洋とした霧の中から、現れる大樹。

トチノキ、

Img_7566r_20190825024301

カツラ、

Img_7598r_20190825024501

シオジ…。

Img_7599r 

三頭沢沿いの草花”の絵看板には、ちゃんとレンゲショウマも載っているが、
Img_7614r_20190825024601

草の数からして少ない。

Img_7621r_20190825024601  

デジャビュ!… (三ッ峠の東尾根)…つまりは鹿に食いつくされた跡ってこと???


稜線が近づくにつれて、なんだか明るくなってきた。「おひさまが出てきたわ!」
明るいブナ林の出現に、ニコニコしながらムシカリ峠に上がる。

ヤマホトtギス

Img_7617r_20190825024901

時間があるので避難小屋に立ち寄ってみた。

Img_7623r_20190825024901

懐かしの避難小屋には、いろんな想い出 な~んて
ノンビリ思い出に浸っている場合か!? 虫だ!
刺すヤツだか、噛むヤ
ツだか、やたら虫がまとわりついて、たまったものじゃない。

ゆっくりのんびりは諦めて、防虫ネットをひっかぶり、山頂に急ぐ。

ヤマジノホトトギス

Img_7622r_20190825025101

山頂には石製の山名標柱。

Img_7640r_20190825025101

ちょっとだけ、西(鶴峠方向)に移動し、風の通る良き所でランチにした。
「虫がいなくて助かったわ」とは ぬか喜び。じき多くの虫がまとわりつきだしたので、そそくさと撤収する。トホホ・・・


さて、鞘口峠までの道 は、意外なことに悩ましかった。
たくさんありすぎ、
コマドリの路」「陽光の路」など、よさげな道は結局、遠回りになりそうと 鞘口峠行きの意志を通した。

Img_7647r

登山道の道標は 古くて怪しげで、なんか、なんかね。。。(道はしかりしてました)

Img_7648r_20190825025501

「鞘口峠0.6㎞」を見てから、峠までずいぶん長く感じたが、かかった時間はそれなりだったから、急坂で足がへばっていたのだろう。

シナノキ

Img_7658r_20190825030701

ミズナラ、ブナなど巨木も楽しめる

鞘口峠

Img_7664r

鞘口峠から03.㎞の森林館までは、あっけなかった。

レストランにてアイスやお茶などいただいていると、外は驟雨。

Img_7668r_20190825030901

帰りがけ、森林館の方に、「レンゲショウマは全滅ですか?」とお聞きすると、
「二輪だけ咲いています」とのこと  「すぐ近くの柵の中ですけど…」 

柵に囲われたひょろりとしたレンゲショウマ。

Img_7671r_20190825031101

柵内の林床も え草は少なく荒れた感じで、美しい花がとっても悲しく見えた。

Img_7674r_20190825031001

【コース】三頭山・都民の森P08:00-三頭大滝08:50-ブナの路テラス09:25(20)-ムシカリ峠10:30・避難小屋(10)-三頭山ランチ11:10(30)-鞘口峠13:00(15)-森林館13:30(60)-P14:45  【地図】昭文社:奥多摩 

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  あしあと


 

 

|

« 天狗原山から金山 【頸城】(1)   まずは地獄を抜けましょう✿✿ | トップページ | 濃霧の切通峠~三国峠 »

M」カテゴリの記事

コメント

レンゲショウマも鹿にやられていますか。
残念ですね。
御岳山に鹿が来ないことを願っています。

投稿: 西やん | 2019年8月25日 (日) 22時55分

西やんさん こんにちわ

レンゲショウマは「やっぱり!」でした。
囲われたとしても 残っていたのが驚きでした

花畑には 最近頑丈な鹿柵が目立ちます(入笠湿原や乙女高原にあるような)
ああでもしないと、レンゲショウマに限らず、高山植物は食い尽くされるのでは? と思います

投稿: ba_sibu | 2019年8月26日 (月) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天狗原山から金山 【頸城】(1)   まずは地獄を抜けましょう✿✿ | トップページ | 濃霧の切通峠~三国峠 »