« 礼文島*宇遠内と林道コース | トップページ | 大雄山線に乗って 名刹最乗寺へ »

梅雨のスキマに三浦アルプス(乳頭山)

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年7月5日 (金) くもり 

三浦アルプス2回目のきょうは、どう歩こう。(初回 森戸川林道~仙元山) 
お天気も怪しげだしなぁ、・・・と逗子の駅に下りると、
もうすぐ 南郷中学校行きのバスが出るとか。これで登り口は決まりだ。

Img_6443r

南郷上ノ山公園は運動公園で、芝地が美しい。
ここが登山口
Img_6447r  

道を縁取るリョウメンシダが 青々と美しい  (手前は葉の裏面)

Img_6454r 

じき KDD葉山中継所があり、ここで舗装路はここまで
コウゾの実がオレンジに熟している。

Img_6459r

すぐ上に電波塔があり、裏に回ると二子山(上ノ山)山頂であるが、寂しい印象。
雲が低く、青い海が眺められないからかもしれない。
エゴノキに青い実がびっしりなっている。

Img_6462r

山頂を後にし、森戸川への分岐を分け、乳頭山に向かう。
きのう よっぽど降ったのだろう。足元が滑るので、気を遣う。

うっそうとした照葉樹の森。すぐ耳元にうぐいすが、しきりに鳴いている

Img_6492r

ところどころ右の谷に下りる道の、お誘い道標に惹かれるが きょうは我慢。

Img_6490r

11:30 馬頭観音 ここに来るまで けっこう時間がかかっている。

Img_6498r
説明板によると、ここは 沼間(逗子)と田浦(横須賀)をつなぐ道で、盛んに牛馬による運搬がされていたとか。いまでもきっちり、お守りされている。

この山域は 里山らしく道が錯綜し、激しく道標があり、
かえって迷う人もいるらしいが、ここはキーポイントだ。
全体地図と一緒に立てられ 目立つ表示で分かりやすい。【FK3】

Img_6505r

少し先の送電塔の下の草地が 乾いていたのでランチにした。
ここからも、地図には出ていない、道がくだっている。

さて、登山道。 ヤブミョウガが もう咲いている。

Img_6517r

初めてお目にかかる。点々と長身の草が伸び、可愛い紫の花が咲いている。

Img_6520r

知っていそうで思い出せなかった。ムラサキニガナというそうです(在来種)。
葉っぱは、こんな感じ。

Img_6469r

【FK2】道標をすぎ、その先の乳頭山は岩の山で、ロープが張ってある
とにかく滑るので、慎重に。

Img_6544r

思いがけないアトラクションをこなすと 乳頭山だ。
この山域独特の、アカガシ??の大木数本の、静かな山頂だった。

Img_6548r

早くもコマツナギやヤマハッカの花も咲き出す、
梅雨が明けたらいっせいに、夏の花の天下になる
だろう。

乳頭山から先程の【FK2】に戻り、 田浦方面へ。かなりな急降下道。
やっぱりロープが出た、木の根も伸び、すべらないように、気を遣う。

Img_6563r

岩が終わればこんな ルンルン道

Img_6569r

やがて前方が明るくなり、「里に出た」と思ったら、横横道を渡る 田浦橋だった

Img_6575r

じきキャンプ場につく。「田浦青少年自然の家」のひろーい草地にベンチをみつけ、
お茶にする。 管理人さんによれば、週末はたいそう混むそうで、遠くからもファミリーがやってくるとか。
「ほら、聞こえてるでしょ、ぎゃっぎゃってうるさいの、あれタイワンリスですよ」

そうして田浦の街を抜け・・・ 

Img_6582r_20190708102301
(この店で おもわず三浦産スイカを買った、重かった)
 
田浦駅に到着すると「、まもなく 逗子行きの電車が来た。
Img_6588r
この駅は ホームの両側に、トンネルがある。びっくり。

「三浦アルプスっておもしろい」、きょうもまた思ったのでした。

【コース】逗子09:00→(210円)南郷中学校BS 09:15-南郷公園09:30-二子山10:10(20)-馬頭観音11:35(10)-36鉄塔12:05(45)-乳頭山13:30-FK2(田浦分岐) 13:40-青少年広場14:05(15)-田浦15:30

ではまた~♪

 

山域別レポ一覧は   あしあと

|

« 礼文島*宇遠内と林道コース | トップページ | 大雄山線に乗って 名刹最乗寺へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 礼文島*宇遠内と林道コース | トップページ | 大雄山線に乗って 名刹最乗寺へ »