« 礼文島*桃岩遊歩道 | トップページ | 梅雨のスキマに三浦アルプス(乳頭山) »

礼文島*宇遠内と林道コース

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年6月22日 (土) 曇のち雨風雷 

礼文2日目は、今にも降り出しそうな重い雲 (礼文一日目のようす
バスを香深井で下車し、道端の案内図をチェック

Img_0244

林道分岐まで 普通の車道を歩く。

コウリンタンポポ ただの雑草といわれるけれど、庭に植えたい

Img_6018r

クサフジがよく咲いている

Img_6062r

ほどなく 宇遠内分岐に着く。(林道コースは左折、わたしらは直進)

Img_6069r

西海岸の宇遠内に通う昔からの道は、車は通れないがよく整備されているし 勾配も少なく歩き易い。

Img_0275r

なぜ宇遠内を目指すかというと、ここに咲く フタナミソウという花と、サクラソウもどきを 見たいからだ。

宇遠内まで1㎞地点、
お、オオタカネバラじゃありませんか。

Img_6093r

ちなみに、海岸沿いに多い ハマナスはこれ

Img_0301r

ハクサンチドリ

Img_0280r

ミヤママタタビ

Img_6127r

ハマエンドウ

Img_0316r

海が見えた。

道はお花で縁取られる(エゾカンソウ)

Img_6099r

え=と これは  ヒメイワタデ

Img_6149r

チシマキンレイカ

Img_0354r

エゾタカネツメクサ

Img_0355r

沢沿いにはヒオウギアヤメが

Img_0342r

シロウマアサツキ ではなく ミヤマラッキョウ

Img_6183r_20190704164801

宇遠内に到着 海からの風が冷たく 寒くてならない
家が数軒並んでいるが 今は1家族(2人)、それも夏だけ住んでいるとか

Img_0364r

お父さんは漁具のお手入れ

Img_6203r

お母さんは店を仕切る 呼ばれて店に入ると

Img_0365r

イガイ汁(300円)が温かくうまく、「サービスね」とボイルしたイガイをだしてくださった。

6

すっかり暖まり、外に出る。
アサギリソウ

Img_6170r

シロヨモギ

Img_6190r

イワベンケイ 

Img_0287r

ウルップソウ でなく エゾオオバコ

Img_6196r

エゾヒロハノウスツボ

Img_0366r

 ハマエンドウ

Img_6194r

宇遠内をあとにし、林道まで戻る

Img_6207r

林道では ノビネチドリ や

Img_6217r

ゴゼンタチバナを見たが

Img_6232r

開けた所にでると 一気に霧が濃くなり 風が騒ぎだし ただならぬ雰囲気

Img_6262r

なんの花だか? 気になる花は ピンぼけだし

礼文滝まで行かれないと聞いていた、 しかしこの天候では
中間点のハイジの丘に行く気が失せて パス。

Img_6244r

タカネスイバ

Img_6249r

ウツボグサ

Img_6253r

エゾカワラナデシコ

Img_6255r

ネムロシオガマ

Img_6266r

なんや? これも気になる が ?? オオミミナグサの蕾

Img_6257r

霧ばかりか 風が 超強くなり 雨が降り出した
途中のトイレの裏で風をよけつつ、カッパを着る

Img_6267r

ウスユキソウ群生地を歩く、まだ少し早いかも?

Img_0417r

ここで雷鳴が とどろく。  恐いよ こんな所で・・ また 落ちた

逃げるように下り それでも撮す エゾスカシユリ

Img_6281r

振りかえる丘の この模様はどうして できたの?

Img_6283r

雷鳴と 激しく 轟く中を 、薄いカッパを着たツアー客が数グループ歩いている

私たちはひたすら急ぎ、やっとこ、ここまで来たが。
いいなぁ ツアーのお客さんを乗せて 大型バスは 走り去る

Img_6286r  

雨の中 きょうも てくてく 香深まで歩いた。

民宿のおばさんは 快くカッパやザックカバーを 受け取って乾かしてくださった。
今夜はゆっくりお風呂に入り、明日の朝のフェリーで稚内に戻るのだ。

そうそう、見たかったお花のフタナミソウとサクラソウモドキは もう終わり、
なので、おみやげの種を買ってきたけど、はたして育つだろうか??

Img

ではまた~♪

 

山域別レポ一覧は   あしあと

|

« 礼文島*桃岩遊歩道 | トップページ | 梅雨のスキマに三浦アルプス(乳頭山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 礼文島*桃岩遊歩道 | トップページ | 梅雨のスキマに三浦アルプス(乳頭山) »