« 初日は野外パーティ | トップページ | 細野山~鳥屋山~舟山 秋山の穏やかな尾根を »

威守松山 イワウチワの道

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年4月21日 (日 曇 

きのうの快晴は反転し、今朝は残念な曇空だった。
清水入口バス停に大荷物をデポし、身軽になって歩き出す。

右に神社の鳥居をみて、(畑の)雪原をエッサエッサ越え、
Img_4754r   
目の前の杉林に入ると急坂になる。
よじ登りぎみにジグザグ上がり切ると、祠に出る。
さらに急な尾根は続く
点在する大ブナたちは白く美しい。

Img_4756r

前方から弾んだ声がする、「イワウチワよっ」「か~わいい❤」
濃い色、淡ピンク、そして白…、愛らしい色と形には、ぽ~っとなってしまう。

Img_4766r

稜線にはイワウチワが途切れることなく咲き続け、急登をこなす励みになってくれた。

958m後山には巨大送電塔。岩がちのハッキリした尾根になった。

  Img_4792r

稜線の右側は雪庇。

Img_4788r

か弱げなマンサクの花

Img_4793r

1100mあたりで小台地に上がった。
前方の盛り上がり(実はその奥)が山頂ということだ。
ここで時間切れ、引き返すとのこと。山頂は360°の大展望らしいが、

Img_4815r

右側の雪の峰峰が一望できる 谷川岳の大源太など…

Img_4800r

下山は、これまた、た~いへん。安全第一、
ひとごとではない。 半月ほど前から、膝が不安で、
痛みはないけれど、下山は超~超~慎重におりねば

Img_4820r  

もうすぐ畑だ 、そのとき !ぐぎっ!やばっ!
たいへん、左足が地面に着けない。こんな経験は初めてだ。
後ろ向きに 歩きながら、助けられながら、どうにか下りてこられた

Img_4826r

こうして威守松山は、これからの課題を残す山になってしまった。

Img_4827r

【行程】清水キャンプ場06:30-清水入口07:00(10)-大神宮様07:40-
送電塔08:35(10)-1100mあたり09:40(引き返す)10:00-送電塔10:50-
大神宮様11:20-清水入口12:15/14:21→六日町
【地図】5万:越後三山・裏面  2.5万    

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

|

« 初日は野外パーティ | トップページ | 細野山~鳥屋山~舟山 秋山の穏やかな尾根を »

J」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
むむむ、今年の12月?(笑)
威守松山の登山口の神社は、以前夏に巻機山から下ってしばらく暑さを避けてバス待ちの間、休んだのでよく覚えています。

腰は一度やってしまうと、なかなか治りませんね。
どうぞご自愛のほどを。

投稿: リブル | 2019年5月 8日 (水) 22時28分

リブルさん

ありがとうございます
お山は4月20日21日です
こういうおっちょこちょいですので、すみません
またお気づきの時は おしえてください。
さて、威守松山は、サンショは小粒でピリリ~の山でした。
できたらリベンジしたい山です
あと 悪いのはヒザ 2回目です、今回は軽いと思えたので大丈夫だろうって登った山が、意外ときつかったのでした
そのあと、リハビリ と 休止の せめぎ合いの 日々。
このかねあいは とても難しいですね。

投稿: ba_sibu | 2019年5月 8日 (水) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初日は野外パーティ | トップページ | 細野山~鳥屋山~舟山 秋山の穏やかな尾根を »