« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

細野山~鳥屋山~舟山 秋山の穏やかな尾根を

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年5月19日 (木) 曇のち晴 

梁川駅から 倉岳→ の指導標にしたがい、桂川を渡り、車道脇の野の花を楽しみながら・・・・・(クサフジと思いましたが どうやら ナヨクサフジ?)

 Img_5189r

お地蔵さん、またきましたよ

Img_5191r

月尾根沢沿いの登山口のカウンターを押下して登山開始。
登山道は、手入れのよい植林の歩きやすい道だ。

Img_5197r

30分ほどで雑木林になると、沢沿い道は明るくひらけた感じになる。
大きなトチノキが、右にも左にも姿を見せる。

Img_5202r
足さえ元気なら、近くに行ってみたのに・・

10:00すぎ、立野峠
楽しい稜線漫歩のはじまり。ヤマツツジの澄んだ赤色が、新緑に映える。

Img_5229r

足元にはたくさんのオトシブミがばらまかれている。

Img_5227r

小さなアップダウンも軽快に細野山~鳥屋山と越えていく。
いつ来
ても楽しい明るい尾根、
アオダモとかツクバネウツギ、そしてフタリシズカなど、夏っぽい白い花が多い。

Img_5235r

舟山で12時すぎ。「ランチは・・寺下峠のちょっと先にいい場所があった」と先へ

すばらしい広葉樹林、眩しい陽射し。ただ風が冷たいので、10分ほど東に進みランチにした。 あちこちにフデリンドウの花も咲いている。

Img_5257r

さて、食事が終わり、下山の段取り。
「さっきの峠に梁川方面の表示はなかったけど?」
と、先に進むことにする、前方の山との鞍部に、(第二)寺下峠の道標があるのかもしれない、
なんちゃって、思ったりして。

あっけなく鞍部に出たけれど、やっぱし峠などなく、高みに高みにと登る道のり。

ロープのある岩場を、オヤ・オヤ・といいながら上る。 しょうないね。

Img_5264r

ヤマタツナミソウのブルーがあまりの青さ。 目に染みるよう。

Img_5263r

いったんローカ状となり、再び岩場。
ただひたすら上がっていくと平場になり、道標が架かる。 「矢平山」。

Img_5274r

道まちがいたんだけど、「来ちゃったんだもん。良く登ったよね」と、自画自賛し、
「こうなったら先に行くっきゃないわ」と、ひと息入れて矢平山を下る。

半年前は台風直後で倒木が多く歩きづらかった尾根も片づけられ、歩き良くなった。
降りきった所が旧大地峠である。いつも気にしない峠だけど、今回は
道標に注目。
最後に「疲労困憊・膝に痛みのある人は。右の道を下りてください 」なんて書いてある。 
私たちの為にあるみたいと、皆で笑う。
嵯峨沢キャンプ場までは50分。そこならタクシーも呼べるだろう。

Img_5275r

ということで、初めての道を下る。赤松も混じる斜面は、日当たりが良くキンランも咲いていた。

Img_5277r

15分で立派な車道に出る。左に大地トンネルが大きな口を開けていた。
「よかった、歩きやすい車道だわ♪」 ホッとして下っていくが、すぐ道が分かれ、
さがざわキャンプ場へは 左下のダート道をいかねばならない。

Img_5280r

その道が石ごろで、超歩きづらく、私は足にきましたよ

Img_5281r

でもどうにか、キャンプ場に下りたのは15:35。綺麗なキャンプ場でタクシーを待った。

Img_5284r_1

ま、初めての道を歩けたし、計画通りに時間に帰れたし、ということで、めでたし?

【コース】梁川07:31(10)-登山口08:05-立野峠10:05-細野山10:30-鳥屋山11.10-舟山12:10-寺下峠12:30-ランチ12:40(35)-矢平山14:10-旧大地峠14:30-車道14:50-キャンプ場15:35(タクシー4960円)16:00→上野原16:25
【地図】昭文社:高尾陣馬 

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

| | コメント (0)

威守松山 イワウチワの道

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年4月21日 (日 曇 

きのうの快晴は反転し、今朝は残念な曇空だった。
清水入口バス停に大荷物をデポし、身軽になって歩き出す。

右に神社の鳥居をみて、(畑の)雪原をエッサエッサ越え、
Img_4754r   
目の前の杉林に入ると急坂になる。
よじ登りぎみにジグザグ上がり切ると、祠に出る。
さらに急な尾根は続く
点在する大ブナたちは白く美しい。

Img_4756r

前方から弾んだ声がする、「イワウチワよっ」「か~わいい❤」
濃い色、淡ピンク、そして白…、愛らしい色と形には、ぽ~っとなってしまう。

Img_4766r

稜線にはイワウチワが途切れることなく咲き続け、急登をこなす励みになってくれた。

958m後山には巨大送電塔。岩がちのハッキリした尾根になった。

  Img_4792r

稜線の右側は雪庇。

Img_4788r

か弱げなマンサクの花

Img_4793r

1100mあたりで小台地に上がった。
前方の盛り上がり(実はその奥)が山頂ということだ。
ここで時間切れ、引き返すとのこと。山頂は360°の大展望らしいが、

Img_4815r

右側の雪の峰峰が一望できる 谷川岳の大源太など…

Img_4800r

下山は、これまた、た~いへん。安全第一、
ひとごとではない。 半月ほど前から、膝が不安で、
痛みはないけれど、下山は超~超~慎重におりねば

Img_4820r  

もうすぐ畑だ 、そのとき !ぐぎっ!やばっ!
たいへん、左足が地面に着けない。こんな経験は初めてだ。
後ろ向きに 歩きながら、助けられながら、どうにか下りてこられた

Img_4826r

こうして威守松山は、これからの課題を残す山になってしまった。

Img_4827r

【行程】清水キャンプ場06:30-清水入口07:00(10)-大神宮様07:40-
送電塔08:35(10)-1100mあたり09:40(引き返す)10:00-送電塔10:50-
大神宮様11:20-清水入口12:15/14:21→六日町
【地図】5万:越後三山・裏面  2.5万    

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

| | コメント (2)

初日は野外パーティ

 写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年4月20日 (土) 快晴 

六日町からバスにゆられて 終点清水入口まで。
さらに40分ほど歩いて清水キャンプ場へ。

Img_4729r

ひゃ、真っ白。 巻機の天狗岩が黒い三角形で異彩を放つ。

Img_4733   

まずせっせとテント設営、

Img_4735r

上手くできました

Img_4739r 

テーブルとベンチも作ろう

Img_4744r

ビールワインは雪に埋め、つまみを並べ、
現地調達できなっかた山菜は 六日町駅のララで買っておいた、
+ 家から用意してきた野菜で 天ぷらを作る。

Img_4746r 

揚げたてを並べ、 では  「カンパーイ!」

   Img_4747aaa

 

ではあした~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »