« 小路沢ノ頭と笹子御殿 二つの北尾根それぞれに | トップページ | 春は駆け足 »

石砂山もりだくさん

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年4月7日 (日) 快 

BS青野原から、道志川のキャンプ場に下りる。
河原には何張りものテントが並んでいる。ウキウキした雰囲気に溢れ、朝ごはんの匂いがどこからか漂ってくる。

Img_4266r

青年の滝(牧馬大滝)               
 不動吊り橋を渡り、涸れ沢の河床を歩く。
  沢は大きく左折、山深い雰囲気となり、やがて水が表面に出てきた。じき少年の滝(小滝)とご対面。
 小滝の落ち口  水量は少ない

   Img_8875r

 やがて両側の岩は切り立ち、河床の岩も大きくなり、ひとつひとつ乗り越えながら進んでいく。滝の音が谷間に大きく響いている。
 右折すると、、現れた、これが
大滝。

Img_4304r


石砂山東尾根
 とりついて 30分程で 広葉雑木林の涼やかな尾根に乗る。

Img_8922r

 やや尾根が細くなった辺りから、激しくチョウが飛び交い始める「ギフチョウだ!」
 「春の女神」と一緒に山歩きしているなんて♪ハハハ、ウキウキ楽しくなってきた。

Img_8956r

 ミツバツツジの花と強い陽射し。

 Img_4413r

やがて岩を巻く道が現れ、 尾根に戻ると、容赦ない急登の、山の腹をひたすら登っていく。

Img_4435r


 12:10石砂山東峰。
 
 私たちはそのまま西峰に向かう。12:30 西峰は誰も来ない、 

 Img_8974r

 ヒトリシズカの花の雑木林、シートを広げてランチにする。
 締め付けた靴を脱いで・・ほ~~~

 もいちど ギフチョウも来てくれた。

Img_8971r

 下山は石砂山北尾根
 大きくたわんだ ゆる尾根をすいすい、 

Img_4467r

 と思うまもなく過激な急降下。 
 川上峠あたりはコナラなど大木が根こぞぎ倒れる、去年の台風のつめあとだ。

 川上ドッケ(祠あり)では右を。いつか左の尾根も歩いてみたいな。

Img_8978r 

 350m辺りが伐採されて裸になっていたのには驚いた。
 鉢岡山の完璧なお鉢の姿が目の前に構える。

Img_4494r

 やがて下山道は穏やかになり、
 和風の引き戸の、「いらっしゃいませ」という風情は なんとも。

Img_4501r

大石神社
 すてlきな 廻り舞台を見物。地元の方が来られて 説明をしてくださったうえ 
 
廻り舞台を動かしてくださった。  ありがとうごさいました。

3_3

プレジャーフォレストへの車道歩き
 残るは1時間の車道歩き。うっわ~、歩けるかなぁ・・しんぱい
 と
ぼとぼ歩いていたら  可愛いお姉さんの車が「乗りませんか?」
 
って。ありがとう、ありがとう。感謝でいっぱい、
 おかげさまで、体も心も元気復活できた。

相模湖の渡し舟 
 鼠坂の集落に入ってすぐ『渡し舟』の看板の所で、車から下ろして貰う。
 細い道を10分ほど下り湖岸に出て、
 ドラム缶をたたいて
合図を送るそうだ。

  Img_4514r

 「ガンガン」  「は~い」
 対岸から返事が聞こえ、ボートがやってくるという仕掛け。
 山歩きの最後に舟遊びなんて、なんたる けつまつ。

 Img_9000r

 ということで、いろいろ てんこもりな 一日でございました。 

【コース】三ヶ木06:55→(250円)青野原07:05-キャンプ場07:15(20)不動之橋07:35-小滝-大滝08:15(15)-とりつき09:00- 尾根上09:30-450m10:00-水源看板11:20-石砂山12:10-西峰12:30(60)-川上ドッケ13:55-大石神社14:55(25)-16:00車→渡し入口16:07-舟着き場16:20-舟にて(600円)16:30→相模湖公園 16:40
【地図】昭文社:高尾陣馬 2.5万:青野原、与瀬

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

|

« 小路沢ノ頭と笹子御殿 二つの北尾根それぞれに | トップページ | 春は駆け足 »

コメント

ba-sobuさん、こんばんは。

東尾根にも飛んでいるのですね。
いつも篠原〜石砂山〜牧馬峠の三角形の辺りを探しているのですが。来年は東尾根にも足を伸ばしてみます。

川上ドッケから左の尾根は10年以上前に降りましたが、道路に近くなると結構なヤブだった記憶があります。大分前なので、今は変わっているかもしれませんが。

投稿: AKIO | 2019年4月13日 (土) 21時15分

Akioさん

先日 Akioさんのギフチョウの情報をみて
石砂山を計画しました ありがとうございました

東尾根は、春に歩いたことはなかったので
私もギフチョウは 期待していませんでしたが
蝶と一緒に歩いているような、そんな感じでした

車だとコース取りに工夫が要りますね
以前 登り東尾根  下り牧馬峠 途中 中沢集落(無人)をぬけて 戻ったことがあります

先日は西峰で、20人パーティ(新ハイ)が通り過ぎました
川上ドッケから やまなみ温泉におりると おっしゃっていました

投稿: ba_sibu | 2019年4月14日 (日) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石砂山もりだくさん :

« 小路沢ノ頭と笹子御殿 二つの北尾根それぞれに | トップページ | 春は駆け足 »