« 麓の桜に朝のあいさつして❀陣馬山へ ❀桂北へ下山 | トップページ | 小路沢ノ頭と笹子御殿 二つの北尾根それぞれに »

霧の中から忽然とイヌブナの巨木が 

2019年3月31日 (日) 濃霧 

本間橋Pには一番乗り。
濃い霧は早々に上がるはずなのに、灰色の雲が重い。
昨夜はずいぶん降ったらしく、道中見えた早戸川の水量は多かったし、
満開のキブシやフサザクラの梢には、雨粒がびっしり付いている。

Img_3978r

まず坂戸沢沿いを歩く。2.5万図には左岸に上がる破線があるが、とりあえず沢を詰めて行く
河床には、苔に覆われ緑色の丸石がゴロゴロし、所々に小さなヨゴレネコノメ、頭上にはアブラチャン

Img_3987r

耳に優しい水音と軽やかな小鳥のさえずり

ノンビリ歩く目の前に突然二俣が現れた、慌てて地図を広げる。
沢に挟まれた斜面は急だけど登ろうというわけでエッサホイ、

Img_3995r


ときおり四輪駆動を繰り出して登る。 じき檜植林になった「よくぞ、こんな急斜面に!」と、林業の方々に敬服しつつ、ひたすら登っていく。
標高差80mくらいならすぐ着くよと 自分に言い聞かせている。
やがて涼やかな作業道の通る稜線に出る。傍らにモミの巨木が立つ。

Img_4004r

稜線の奥は鹿柵。右も左も高なっているらしい。 「これほどしっかりしている破線路(作業路)なら、ヌタノ丸分岐も分かるだろう」と思いつつ 左折し鹿柵沿いに緩やかに登る、やがて鹿柵に架けられた赤い脚立を見る。「よもぎ沢平ノ頭」と思う。

Img_4011r

通り過ぎてずんずんいく。高なりに気づくまもなく分岐が現れる。「ヌタノ丸分岐?」でも…どうも釈然としない。

濃霧で手探りの中、コンパスを当てるが?変?ま、鹿柵沿いにぐんぐん急降下。
道が曲がっているが、足元ばかりに気を取られ認識しづらい。やがて 西に向かってるということだが、 でも まぁ
、いいか。

ときおりモミかツガの大木を見る。

Img_4018r

道はしっかりしており、ピンクテープも点々と付く。
やがて植林から出て明るい雑木林になる。 鞍部では左にいい道が下りているのに気づいたφ(.. ) 。
その先に薪炭林の平らかな台地が待っていた(蛙沢平ノ頭か)。

Img_4022r

「戻りましょ、でもせめてヌタノ丸分岐の確認はしておきたいね」と、登りかえすその時

ふと感じる「気配」。    左の鹿柵の奥に… 濃霧に浮かぶ巨木の影。
「ねぇ、ねぇ、せっかくだからあの木を見に行かない?」と 鹿柵の破れを潜り 中に入った。

ありがたくも神々しい巨木は、ブナ(イヌブナ)ということ。いやはや、

Img_8830r

巨木の圧倒的な存在感に震え、神のお導きとさえ思うのだった。

Img_4048r

後ろ髪を引かれるけれどきょうはこのまま帰ろう。
イヌブナさん、黄葉のあなたに会いに、必ず来ます。 来たいです。

【コース】本間橋P07:30-二又08:00(10)-稜線08:50(10)-・829蓬沢平の頭09:10-破線分岐-蛙沢平の頭?09:35~20-イヌブナ巨木10:05~30-下降点10:45-魚止め森の家・P11:10
【地図】昭文社:丹沢 2.5万:青野原        

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

|

« 麓の桜に朝のあいさつして❀陣馬山へ ❀桂北へ下山 | トップページ | 小路沢ノ頭と笹子御殿 二つの北尾根それぞれに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧の中から忽然とイヌブナの巨木が :

« 麓の桜に朝のあいさつして❀陣馬山へ ❀桂北へ下山 | トップページ | 小路沢ノ頭と笹子御殿 二つの北尾根それぞれに »