« 寄ロウバイ見物とシダンゴ山ハイキング | トップページ | 天覧山~久須美坂峠・・・早春の奥武蔵 »

本間橋から無名ノ頭~本間ノ頭

2019年2月17日 (日) 曇ときどき陽射し

久しぶりの早戸川林道。ゲートの閉鎖も舗装の傷みもなく、スムーズに本間橋に到着する。すでに数台が駐車し、支度中にもハンターの車が連なって登場。空は晴れ上がっているけれど、光が届くのは、これからだ。

Img_8539r

本間橋から目の前の尾根にとりつく。手入れの行き届いた杉林は清々しい。見るからに急登を、とりあえずあの高みまでと、せっせと足を運ぶ。

Img_3064r

どの杉も美しく直立し、林床は整頓されている、やがて右に鹿柵が現れる、あっち側が歩きよさそう、でもまぁいいか。

Img_8545r

じき杉林が終わり、鹿柵も終わる。アセビの緑が点々と広がる雑木林
そのあたりから新しい鹿柵が出てくる、「植性調査」用と思う。

尾根の際に茂るススキに近づけば、直下はナギが口を開け、大きく展望がひらける。
蛭ヶ岳を中心に丹沢主脈が堂々と連なり、鬼ヶ岩ノ頭の白馬、蛭ヶ岳の市原新道などのうねりが迫力満点。もいち度歩いてみたいなぁ…、

Img_3151r
さてと、きょうの登りを続けます。アセビは緑、赤茶のかさかさの幹、
ミヤマシキミが蕾を付ける。勾配は落ち着いてきた。

Img_3097r
標高1000mくらい、ブナや

Img_3122r
ナツツバキの大木が姿を見せる。
若く威勢の良い幹、伸びやかに広げた枝は青い空に輝く。

Img_3127r
大きなシロヤシオが次々現れる。「白のトンネルになるかもね~」などと歩けば、

Img_3145r
無名ノ頭に着いてしまった11:50。 ひゅう 3時間もかかってた。
ちょうど見つけた、風の来ない陽当りでランチ。のんびりと水餃子まで作る。

無名の頭から10分で本間ノ頭。
Img_8602r
北のアセビの急勾配をガンガン下りていく。木の根が縦横に張りだす痩せ尾根は
根や小枝を靴に引っかけやすいし、土が凍っているので、滑りそうになる。

栂立尾根を東に分けると、緩斜面。左に崩壊地を見てトラバース。
すりばちのような地形に入り込む。ここは毎回、迷いそうで気を揉む所だ。
でも落ち着いて眺めれば、雑木林とアセビの、和やかな二重山稜になっていろ。
小動物が跳ね回りそうな雰囲気 ♪~

Img_8604r
やがて左の鹿柵(植生観察)に沿って緩やかに下る。
5月はシロヤシオの咲きみだれる、華やかな大通りだ。

Img_8621r
ブナやシナノキの大木もいて、そんな木々を愛でながらゆっくり。

Img_3187r
アセビが濃くなるとそろそろ要注意。このまま尾根に沿い続けると、ヌタノ丸方向に持ってゆかれる、途中で左の小尾根に乗らねば・・・。と、目をこらすと
ピンクテープ発見、奥を覗けばピンクが点々と続く(巡視路標柱NO.53/次回は覚えておこう)。ここを下りる!

Img_3197r

尾根とは名ばかりな急降下が続く。小尾根はどれも似ており、テープがなければ確信が持てないだろう。とにかく下る。足元は相変わらず凍っているので、気が抜けない。

Img_3205r
NO.53標注から1時間ほどして、ヒノキ林に入る、勾配が楽になりホッとした。
歩き易いところを下に下に、(登りでは作業道に引き込まれやすい)。

Img_3214r
取水施設で川を渡り、パイプのラインに沿った整備された道を辿ると、じき、魚止め森の家(丹沢観光センター)の赤い屋根が見えてくる。

Img_3218r
ふ~ 下りも2時間かかっていたとは。侮るなかれ、丹沢の急勾配。
「これがあったからきょうは、面白かったっんだね」 
ホントホント、楽しかった。

5年前の5月のようす 本間橋から頭へピストン

【コース】本間橋P08:15-鹿柵09:10-1050m 10:50- 展望ガレ11:40-無名ノ頭11:50(70)-本間ノ頭13:10-ガレ下13:40-平坦地13:30-NO.53尾根下る14:00-取水場15:15-魚止め森の家15:20-P15:30
【地図】昭文社:丹沢 2.5万:青野原、大山  

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

|

« 寄ロウバイ見物とシダンゴ山ハイキング | トップページ | 天覧山~久須美坂峠・・・早春の奥武蔵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本間橋から無名ノ頭~本間ノ頭:

« 寄ロウバイ見物とシダンゴ山ハイキング | トップページ | 天覧山~久須美坂峠・・・早春の奥武蔵 »