« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

天覧山~久須美坂峠・・・早春の奥武蔵

写真はクリックすれば拡大します
2019年2月20日 (木) 晴れ 

早春に 一度は行きたい奥武蔵 ♫ ということで
東飯能に下車し、商店街を西に歩いていくと、華やかなお雛さまに目が留まる。
ショーウインドウにはお雛さま&お雛さま、うっとり眺めながらお散歩モードで歩く

Img_3236r

飯能の大通りには町屋風の古い商家が多く、細長い敷地に店・蔵・住居・中庭など 縦に並ぶ造りの、独特の雰囲気。

Img_3235r
『観音寺』に立ち寄ってみた。素晴らしいお庭の奥の不動堂にもお雛様。

ケヤキの建ち並ぶ一画には『飯能恵比寿さんと諏訪八幡』。
立派な神社仏閣が多い、飯能はよっほど栄えていたのかな

Img_3255r
『能仁寺』という、超美麗なお寺は、。立派すぎて広そうなので山門の外から手を合わせ通り過ぎる。天覧山の登山口は、お寺の裏にある。

シラカシやヤブツバキなどの照葉樹に覆われ、意外に岩のお山だ。
中段で道が二手に分かれる。私たちは左の十六羅漢のルートを選択。
Img_3278r
日陰の岩肌に貼り付くように、たくさんの羅漢像が置かれ、どれも表情豊かだ。

Img_3286r
日陰の大岩を回り込むと、目眩ゆい陽当たり。ロープの岩を登れば天覧山頂だった。
標高197mとは思えぬ展望、ミニミニ岩場も付いてる面白い山だ。

Img_3288r
天覧山から北に向かう、常盤坂手前に水田跡地の広々とした所を通る。
春には色々なお花が咲きそうだ。

Img_3297r
最奥の水田は水たまりから、鈴を震わすような音色が響く。大合唱なのに小さな声。後日確認すると「ヤマアカガエルが繁殖のために集まってきた」そうだ
(きょういちばん 嬉しかった出合い)

Img_3300r
ヒノキ林のゆるい凸凹を越えると雨乞池。その上が常磐平でランチにピッタリ。
でも、もう一登りして、『多峯主山(とうのすやま)271m』に立つ。正真正銘360°の大展望の山。飯能アルプスも、捨てたもんじゃない。

Img_3317r
山頂からは信じられないくらい一気に下り、あわわと言ってる間にピカピカな住宅街(横手台)に飛び出る。
「?」わたしはどこ?どっちに行けば良いのやら、(実は下り口まちがいてた)

Img_3326r
うろついたあげく 『久須美坂登山口』は13:20。
ま、ちょうど良い時間だわ~と気を取り直す。

Img_3335r
お天気良いしラクラクだわ~♪♪、右側に永田台の住宅地を見下ろしながら、ステキな尾根を登り「やっぱり山道はいいなぁ」と思う。
Img_3341r
字の読めないボロボロの指導標

Img_3343r
変わり映えしない道が続き、飽きてきた頃、右にだだっ広い芝地が現れた、
電波塔の立つ『丘の上公園』、水飲みして ひと息入れ、さらに進む。

Img_3347r
「軽いと思っていたけど意外に遠いね」、
「あ、あれ?」1mほどの石積みは『久須美ケルン』別名『永田山(277m)』だった。

Img_3353r
またもや「あ、あれは?」祠だ。傍らに『久須美山260m』という表示も。

Img_3354r
「久須美坂峠まだかなぁ」両側の杉林の何とも無愛想!もう飽きちゃった。
でも、歩いていれば到着する、やっと出てきた『久須美坂峠』の道標。
変則十字路なので武蔵横手駅への下りは、しばしおあずけ。

Img_3358r
峠からの下山道。最初はゴロゴロ歩きづらいが、じき林道となり助かった。

武蔵横手駅にはちょうどよい15:10に到着し、
ホームからやぎさんを眺めながら の~んびり西武線を待った。

Img_3377r        高麗川にかかる鉄橋

山は標高じゃないい。きょうの山は、駅から歩ける「ゆる山KING」。
最大の難所が、中間の住宅街通過とは、想定外だったけど!
奥武蔵には面白い山がまだいっぱいある。エアリアを見ながら色々なコースを思い描き、次回はここに、あそこにと、胸を膨らますのは 楽しい。

【コース】東飯能9:10-観音寺09:40(10)-諏訪八幡 10:00-天覧山入口10:10-天覧山10:40-水田跡常盤坂11:00-雨乞池11:30-多峯主山11:40(50)-横手台12:45-永田台13:10-久須美坂入口13:20-丘の上公園14:05-久須美ケルン14:15-久須美坂峠14:35-武蔵横手15:10→東飯能

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本間橋から無名ノ頭~本間ノ頭

2019年2月17日 (日) 曇ときどき陽射し

久しぶりの早戸川林道。ゲートの閉鎖も舗装の傷みもなく、スムーズに本間橋に到着する。すでに数台が駐車し、支度中にもハンターの車が連なって登場。空は晴れ上がっているけれど、光が届くのは、これからだ。

Img_8539r

本間橋から目の前の尾根にとりつく。手入れの行き届いた杉林は清々しい。見るからに急登を、とりあえずあの高みまでと、せっせと足を運ぶ。

Img_3064r

どの杉も美しく直立し、林床は整頓されている、やがて右に鹿柵が現れる、あっち側が歩きよさそう、でもまぁいいか。

Img_8545r

じき杉林が終わり、鹿柵も終わる。アセビの緑が点々と広がる雑木林
そのあたりから新しい鹿柵が出てくる、「植性調査」用と思う。

尾根の際に茂るススキに近づけば、直下はナギが口を開け、大きく展望がひらける。
蛭ヶ岳を中心に丹沢主脈が堂々と連なり、鬼ヶ岩ノ頭の白馬、蛭ヶ岳の市原新道などのうねりが迫力満点。もいち度歩いてみたいなぁ…、

Img_3151r
さてと、きょうの登りを続けます。アセビは緑、赤茶のかさかさの幹、
ミヤマシキミが蕾を付ける。勾配は落ち着いてきた。

Img_3097r
標高1000mくらい、ブナや

Img_3122r
ナツツバキの大木が姿を見せる。
若く威勢の良い幹、伸びやかに広げた枝は青い空に輝く。

Img_3127r
大きなシロヤシオが次々現れる。「白のトンネルになるかもね~」などと歩けば、

Img_3145r
無名ノ頭に着いてしまった11:50。 ひゅう 3時間もかかってた。
ちょうど見つけた、風の来ない陽当りでランチ。のんびりと水餃子まで作る。

無名の頭から10分で本間ノ頭。
Img_8602r
北のアセビの急勾配をガンガン下りていく。木の根が縦横に張りだす痩せ尾根は
根や小枝を靴に引っかけやすいし、土が凍っているので、滑りそうになる。

栂立尾根を東に分けると、緩斜面。左に崩壊地を見てトラバース。
すりばちのような地形に入り込む。ここは毎回、迷いそうで気を揉む所だ。
でも落ち着いて眺めれば、雑木林とアセビの、和やかな二重山稜になっていろ。
小動物が跳ね回りそうな雰囲気 ♪~

Img_8604r
やがて左の鹿柵(植生観察)に沿って緩やかに下る。
5月はシロヤシオの咲きみだれる、華やかな大通りだ。

Img_8621r
ブナやシナノキの大木もいて、そんな木々を愛でながらゆっくり。

Img_3187r
アセビが濃くなるとそろそろ要注意。このまま尾根に沿い続けると、ヌタノ丸方向に持ってゆかれる、途中で左の小尾根に乗らねば・・・。と、目をこらすと
ピンクテープ発見、奥を覗けばピンクが点々と続く(巡視路標柱NO.53/次回は覚えておこう)。ここを下りる!

Img_3197r

尾根とは名ばかりな急降下が続く。小尾根はどれも似ており、テープがなければ確信が持てないだろう。とにかく下る。足元は相変わらず凍っているので、気が抜けない。

Img_3205r
NO.53標注から1時間ほどして、ヒノキ林に入る、勾配が楽になりホッとした。
歩き易いところを下に下に、(登りでは作業道に引き込まれやすい)。

Img_3214r
取水施設で川を渡り、パイプのラインに沿った整備された道を辿ると、じき、魚止め森の家(丹沢観光センター)の赤い屋根が見えてくる。

Img_3218r
ふ~ 下りも2時間かかっていたとは。侮るなかれ、丹沢の急勾配。
「これがあったからきょうは、面白かったっんだね」 
ホントホント、楽しかった。

5年前の5月のようす 本間橋から頭へピストン

【コース】本間橋P08:15-鹿柵09:10-1050m 10:50- 展望ガレ11:40-無名ノ頭11:50(70)-本間ノ頭13:10-ガレ下13:40-平坦地13:30-NO.53尾根下る14:00-取水場15:15-魚止め森の家15:20-P15:30
【地図】昭文社:丹沢 2.5万:青野原、大山  

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄ロウバイ見物とシダンゴ山ハイキング

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2019年2月7日 (木) 快晴 

Img_2977r
『寄ロウバイ祭り』 新松田駅には、たくさんのノボリが立ち、力の入れようが伝わる。
バス発車まで時間があるのに長い行列ができ、、どんどん延びていく。
みなさんもロウバイ見物。「臨時バスが出る」と喜んだが、私たちは立ち席で。

Img_2961r
寄バス停は、丹沢登山の基地というイメージだが、今朝は大勢の人でごった返していた。
大駐車場ができ、テントが張られ、甘い甘いおみかんを売っている。私は登山前というのに4㎏も購入し、ザックに詰め込んだ。みな、あきれ顔! まぁまぁ、いいじゃないの。ではまずロウバイ見物いたしましょう。

Img_2967r
ゆるやかな坂道を登るにつれ、あたりは濃厚な香りに満たされていく。ちょうど満開の花が霞のように広がり、低山の上に青い空が広がっている。

Img_2972r
ロウバイの下にシートを広げ、金色の花と香りに包まれる、ゆっくりお茶タイム!

Img_2970r      かわず桜も咲き始めた

「ランチはシダンゴ山でいただくのよ」と、ロウバイの山を下りると、なんと駐車場は(平日というのに)、入場待ちの車が行列を作っていた。

Img_2981r

大寺橋を渡り、対岸のミカン畑・お茶畑の農道を登る。この登りがハンパなくキツイ。
11:40 ジタンゴ山登山口(トイレベンチ)に到着して、ほっとした。

Img_2988r
さっきの農道がかなり急勾配だったので、山道が楽に思える。鹿柵の奥は、手入れの行き届いたスギ林、スキッとした幹がズラッと並んで美しい。
が 単調? ただ登るだけのトレーニングっぽくなってきた。

Img_2990r
やがて前方が明るくなると、山頂にポンと飛び出る。

Img_3000r
「きゃっ、風が強すぎ~」、強くて冷たい風をよけるため、周りにぐるりと植栽された、
アセビの森に逃げ込んだ。
あたふたとランチを終え、早々に下山。

Img_3003r
綺麗な整備された登山道を、ガンガン下り、秦野峠への分岐に到着。
左・宮地山方面に下る。
じき山道は拓かれたばかりのような林道となり、歩きにくい道をガンガン下る。
Img_3012r
前方の巨大送電塔☆の手前で、舗装された林道をまた下る。下っても下っても、また下る。左上に尾根が延びているのが、気になってしかたないが・・・まあいいか。

Img_3013r      ここは 林道を下りず、送電塔を潜るべし、だった。


やがて ??の道が上からおりてきて、「シダンゴ山→」道標。
みなでさまざまな解釈をしたが、きょうはこのまま舗装路を下ることにした。
そうして、本来の登山口(下山口)と合流した。
予定では宮地山を経由し、この山道を下りるはずだったのに・・・。
「間違えたおかげで 初めての道を歩けてよかったね」と負けず嫌いな私たち。

宮地集落は最初、別荘なようなデザイナーハウスが点在、
やがて山の里らしい風景になる。

Img_3024r
Img_3030r
中津川を渡れば田代向バス停で、可愛い待合所があり
バス到着までの40分ほど、午後の陽射しを浴びながら、のんびりバスを待った。


【コース】新松田→(バス臨時便)寄09:55(15)-10:20ロウバイ園(\300)11:20-登山口11:40-鹿柵11:50-シダンゴ山 12:45(35)-秦野峠分岐13:30-送電塔13:40-?14:05-登山口 14:30 -田代橋15:00(10)・田代向15:50→新松田
【地図】昭文社:丹沢 

ではまた~♪

山域別レポ一覧は   あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »