« エンマゴヤ沢右岸尾根(大菩薩) | トップページ | 矢平山 ♫ 梁川から四方津へ 秋色ハイク »

いにしえの甲州裏街道 丹波みちを歩く

2018年10月21日 (日)  

Img_0178r     ニワタシバあたりの紅葉・・・これが,MAXかなぁ

久しぶりの快晴の週末、甲斐大和駅のバス乗り場の混雑ぶりはただごとではない。

ようやく10:00にバス乗れたが、何時のバスだか、臨時便だか、よくわからない。

上日川峠まで上がれば大樹ぞろい。黄色みがかった木々が元気に枝を広げている。 福ちゃん荘までは最短の車道を歩く。真っ青な空にミズナラやカエデが美しく、マユミが赤い実を付けている。カラマツはほぼ葉を落とした

Img_0143r      上日川峠

山道になっても行き交う人々の多さ、晴れやかな雰囲気は、山というより観光地。なにより景色がいい。空に広がる樹形は大らかで、展望地では、冠雪した富士山が裾を広げている。
山と馴染みのない人も楽めると思う。

Img_0148r
介山荘に上がると大混雑、、エキナカの店先のよう。
峠の碑は記念写真の順番待ち。ちょうどお昼どきですし・・・

Img_0162r
いっぷく後、丹波道に入ると、
深閑とした黒木の森に一変する。香りが違う。陽射しも変わる。

Img_0176r
懐かしのニワタシバの巻き道はしっかり延びている。紅葉まであと1~2週間かな?

フルコンバから石尾根方面
Img_0192r   手前のブナは 葉が枯れ始めている

尾根通しにとっとこ歩く。

左の尾根のスズタケはほとんど消えた

チラホラ色づいたカエデ(コハウチワ)。Img_0202r
足元に小さな鮮やかな黄色のきのこ?。Img_0213r
所々見事に黄葉したオオイタヤメイゲツ?。
そしてヒトツバカエデの葉がパラパラ落ちている。

Img_0215r
あ、なんと、久しぶり あなた方は 【お熱いふたり】じゃない !!
Img_0236r
12年前のお二人 ・・ (本ブログサイトバー【おいらは木だぞ】に収録)
Photo

再開できて嬉しいけれど、片方は折れてる・・12年もたったもの。森も老齢化?。

ノーメダワ  明るい、ホッとする峠。思い出も多い
Img_0239r

巨木つらなる森を抜け

Img_0253r
山腹をなぞり、尾根を巻き、沢をへずり、道は延びる。
Img_0294r
旨そうなキノコは、見るだけにしとこう

Img_0251r
左に高なるのはサカリ山(今倉山)で、ピークを巻くと追分

Img_0296r
追分から左下方の丹波に下りる。一気に沢地形になり日が射さなくなる。
まだ緑のチドリノキ、トチノキの巨木が多くこちらは葉をだいぶ落とした。

Img_0308r
ヒノキ林になると倒木が増える。越えたり巻いたりしながら下っていく。

Img_0312r
やがて右下に林道が見え、藤ダワにつく。

あと一息で丹波だが、貝沢川沿いを行くか?高尾天平の尾根を行くか???
沢道が選択。イシゴロで歩きにくい上、公園整備がアダとなりチョー歩きづらい。

Img_0326r  こんな立派な橋も曲がっている

丹波バス停に16:50着。なんとバスまで1時間半も待つことになった。

Img_0343r

お蕎麦屋さんがあろうはずはなく、自販機もみえなかった。。丹波は街道沿いゆえ
大きな家が建ち並んでいるが、夜になっても灯りのともる家は少ないうようで・・・、
暗くなると 寒さが身にしみてくる。
今夜は旧暦の10月十三夜、街道を照らすお月さん、どうりで明るいわけですね。

Img_0346r

 帰りの青梅線  カラフル♪ カラフル ♫

【コース】甲斐大和10:00→(\1000)上日川峠10:50(10)-福ちゃん荘11:17-大菩薩峠12:05(20)-ニワタシバ12:35-フルコンバ13:00-ノーメダワ13:50-追分14:40-藤ダワ15:45-林道16:30-丹波BS 16:50/18:20→奥多摩

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« エンマゴヤ沢右岸尾根(大菩薩) | トップページ | 矢平山 ♫ 梁川から四方津へ 秋色ハイク »

Y」カテゴリの記事

コメント

ba_sobuさん、こんにちは。

大菩薩方面もご無沙汰していますが、栄和交通のバスも凄い人出のようですね。やはり紅葉と好天が重なった週末だったからでしょうかねぇ。

丹波のバスの時刻も変わったようですね。16時17時台が無いというのは不便です。以前は16時30分とかあったと記憶しています。もし逃したら18時台の最終に乗る心づもりをしていました。

丹波のバス停の隣の食堂は閉じられたのでしょうか?バス待ちに軽く食事をするのに便利だったのですが。

投稿: AKIO | 2018年10月27日 (土) 09時37分

Akioさん
そうなんです
16時台のバスを当てにしていたのです。
もう一組のハイカーも一緒にバス待ちでした
暮れてくると寒くもなりますのでせめて自販機、と思いましたが、
人口が減ると言うことは、こういうことなのですね。

バス停2つ先の温泉をめざしての下山が 賢いかも知れませんね、

投稿: ba_sibu | 2018年10月27日 (土) 15時45分

こんにちは。
あの日はとても良いお天気でしたね。

やはり今年の紅葉、今一つのようですが、それでもきれいな木はあったようで。まだ牛の寝の紅葉はこれからですか。

今日は随分暑いくらいですが、ようやく寒気が来るみたいですね。

バス時間が繰り上がったのは便利なような不便なような、微妙な所ですね。

投稿: リブル | 2018年10月27日 (土) 18時24分

リブルさん
今週末は秋らしいお天気で どこかにカオ出かけになりましたか?
先週の大菩薩ノ紅葉、写真にすると悪くないですが
例年の圧倒的なうつくしさとは 段違いで、淋しいです
牛の寝もまだ緑が多いので、この先の気温によっては、綺麗に染まるかも知れませんね。

歩きながらふと思ったのは 日原の人形山あたりはどうなんだろうか?ということでした。

丹波のバスはね・・・困りますけど・・・ハイカーのことより住民優先と思って、受け入れました。
でも 時過ぎに山から下りるのは、大変ですけね・・・

投稿: ba_sibu | 2018年10月28日 (日) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/67258927

この記事へのトラックバック一覧です: いにしえの甲州裏街道 丹波みちを歩く:

« エンマゴヤ沢右岸尾根(大菩薩) | トップページ | 矢平山 ♫ 梁川から四方津へ 秋色ハイク »