« 台風24号のつめあと | トップページ | エンマゴヤ沢右岸尾根(大菩薩) »

合歓山に登る(台湾)

2018年10月1日 (月)  

台湾の山で、かろうじて名前を知っているのは、最高峰・玉山(ぎょくさん/新高山)
そこで玉山に登山することになった。
台風24号の動きが心配だが、どうやら逸れるもよう・・良かった。

ということで9月28日(金)、出発遅れの中華航空は成田を出発、一路 台北へ

Img_9222r          (雲の上から富士山)

20:30ごろ、台北の桃園空港に到着したとき、聞かされたのは 
「きょうから10月2日まで 玉山国立公園は入山禁止になり、玉山には登れません」

お国柄で仕方ないことらしい。事前申し込みや外国人枠やら諸々の障害を乗り越えやってきたのに、あんまりじゃありませんか!

Img_9245r         翌日の朝 台北の松江市場

しかし、すでに台北に来ています。 どうしましょ?
① 台北観光    ② 事前申し込みが無くても登れる山に登る
どちらにしますか?     もちろん②を選択  ・・・しっかしなぁ
 

Img_9809r_a
ガイド氏のザックカバーには 台湾百岳(日本百名山のようなもの)が描かれている。 

青で囲ったのが合歓山(3421m・登るのは五峰のうち三峰)、事前申し込み不要の山。
台湾の人は、まずこの山を登り、自分の力を測るそうだ。

右の赤囲いが今回登る予定だった玉山(3952m)。
合歓山の上の赤囲いは雪山(3952m)でお花の多い山、ぜひにと薦められました。
オレンジで囲ったのは隣の奇萊山(下の写真)です。

2
10月1日 いよいよ合歓山登山の日。
高所を走る道路からピストンで三つのピークを登ればよい。
まぁ、日本でいう乗鞍岳の感じと思います。

 

石門山 

Img_9570r
こんな感じで、ほとんど荷物もなく、階段をてくてく。
両側は細かい笹がびっしり。
 

10
あっという間に?山頂に。3237mあるのです 

Img_9580r_2
三角点は、昔、日本が設置したもの 

Img_9582r

見える山々は、やっぱり、さすが台湾・・・カッコイイです 

Img_9585r
次の山は

合歓山東峰(合歓山最高峰)

「ほぼ山頂まで、階段地獄ですよ。」といわれました。

ホント。ツライ階段、段差がありすぎ。3000m超ですもの、酸素が薄くて、
足がもうれつに重い。
 

Img_9615r
壊れた建物は、蒋介石時代の軍隊の遺物(スキー訓練場だったとか) 

Img_9618r
さすが3000m超の山、いい風がふいてくる~ 素晴らしい青空~ 

Img_9624r

 まわりに歩いていた人が見えない。あんなにいた登山者も、、ここまで来る人は少ないのかな? 森林限界は3000m越えていると思います 

あの峰の奥が山頂だ。もう少し、、ガンバレ 

Img_9630r
やっと、山頂に着きました、
5
真ん中の人はガイド氏  バックの雪山がカッコイイ!! 

下りは急だが、バンバン下りる。

Img_9659r

合歓山主峰

ここは山頂まで林道を歩く (一般車不可)
 

Img_9679r
花がたくさん咲いていた。日本のなにかと似ている花が多い。
野イチゴ(美味しい、葉が固い)
 

Img_9690r
イタドリ 

Img_9665r
フウロのような 

12

 黄色のリンドウは日本で見たことはない 

Img_9722r
ミヤマリンドウと似ているが、台湾の固有種とか 

Img_9760r
まさにイブキジャコウソウでしょ? 

Img_9772r
これはなんの花でしょう?? 

40
とか言っているまに山頂に到着しました。 

Img_9785r
下山中、振りかえる主峰です。 

Img_9796r
あっという間に雲が湧き、Img_9797r
あんなに晴れていたのに、下山した時、すっかり霧に巻かれていました(13:00すぎ)

 

台湾 五日間で、山は一日。
毎日の食事がとても美味しかった。
お腹いっぱい食べたけれど、体重は増えていなかった。
 

松江市場でImg_9246r
Img_9250r

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« 台風24号のつめあと | トップページ | エンマゴヤ沢右岸尾根(大菩薩) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/67189898

この記事へのトラックバック一覧です: 合歓山に登る(台湾):

« 台風24号のつめあと | トップページ | エンマゴヤ沢右岸尾根(大菩薩) »