« 栗駒山を堪能 (1) 秣岳から笊森山荘へ | トップページ | 三ツ峠 花咲く高原と母ノ白滝 »

栗駒山を堪能 (2)  須川温泉に下る

栗駒山(1)からの続きです

2018年07月1日~2日 (日・月)  

二日目 晴れ

朝でーすImg_7064r
さて、どう山頂に行くか考えて、来た時と同じ、産沼回りを選択する。

朝の光の山の空気。オノエランとトキソウとヒナザクラの縁取りなんて、
なんてまぁ贅沢。
 

Img_7077r
青空に雪渓が眩しい。さて磐井川源流を上から見ると、確かに左岸に雪渓をよけて道らしき筋が見える。磐井川を渡り、狙った斜面を少し上がってみたが、これが道という確証は?????。
 

Img_7089r

朝の産沼は、湧き起こる生命力に満ちていた・・カエルがゲコゲコ、蜂の羽音・・・
 

栗駒への登りは,なんということもなくクリアできた。満開のウラジロヨウラクやサラサドウダンのおかげで、飽きない。
Img_7154r
そしてなにより青い空が嬉しい。
 

Img_7104_2r
9時過ぎに栗駒山頂に到着。
平日でも人気で地元の方が多く、いかにも「おらが山」な栗駒愛を感じる。

        山頂から笊森山荘が見えたImg_7184r

東栗駒分岐方面の尾根が、おおらかで、ちょっとそこまで・・
・と
威勢良く歩きだすが、予想外に下降するので、イケイケ魂も萎えてしまい
Img_7130_2r
山頂に戻った。(虚空蔵山方向)

Img_7178r
須川分岐を下る。すでに下山した気分でいるから、昭和湖が遠く思える。

          イワカガミImg_7152_2r


1時間以上もして、ようやく硫黄臭がやって来て、ミントブルーの池の前に出た。
うわわ、キレイと言うより恐い~死の池的な・・・。
 

Img_7227r
名残平は、ワタスゲが花盛り。

鮮やかなピンクのサワランも点々と。

Img_7264r
よく見ればモウゼンゴケがうじゃうじゃ、
Img_7262r

イワイチョウ。そしてウラジロヨウラクがびっしりと花を咲かす。

地元のお年寄りがおっしゃるには、「今はススキは入ってしまってねぇ、花が少なくなった」と淋しそうだった。「この下にミツガシワが咲いてるから、見ていってね」

Img_7195_2r
そして無事  昨日のお宿須川高原温泉に帰ってきた。

Img_7279r
ゆっくり温泉に入り、涼しいロビーで荷物整理。
宿の人の応対は、昨日も今日もとても気持ちよく、この温泉のファンになった。

 【二日目】笊森山荘06:45-磐井川源流あたり 07:10-産沼08:00-栗駒山09:10(東方向を散策)10:10-天狗平10:40-昭和湖12:00(15)-自然探勝路分岐:12:30-名残平13:00-須川温泉13:30 

Img_7171r            きょうのヒナザクラ (^^)       

 
ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« 栗駒山を堪能 (1) 秣岳から笊森山荘へ | トップページ | 三ツ峠 花咲く高原と母ノ白滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/66828461

この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒山を堪能 (2)  須川温泉に下る:

« 栗駒山を堪能 (1) 秣岳から笊森山荘へ | トップページ | 三ツ峠 花咲く高原と母ノ白滝 »