« 山伏峠から菰釣山へ | トップページ | 憧れの小松原湿原へ・・・秋山郷から(1) »

サンショウバラの鉄砲木ノ頭~高指山

2018年06月8日 (金) 快晴 

梅雨前の貴重な晴天、山中湖畔のパノラマ台スタート
Img_5712r
くっきり鮮やかな富士山を背中に感じながら、
鉄砲木の頭を目指す

Img_5714r
薄く生えたススキは大分伸びたけれど、まだ広々とした裸の山。

Img_5713r
山頂の、サンショウバラは、
まさに満開ドンピシャだった。

Img_5739r
富士山とのツーショットをば

Img_5736r
北の樹林帯に入る。
2週間前は盛んにエネルギーを発散させていた、あの力強い緑のうねりのバイケイソウ。群落の半分くらいが、黄色く枯れ、

Img_5747r
その中に、わずか一割程度の大きな株だけ、ピンと花穂を立て緑の蕾を持つ。

ヤマシャクヤクは立派に種を付けている

Img_5751r
切通峠から一気にグランドに下る。・・  が、みんな歩き足りないようす。

Img_5783r
なので前回と同じくグランド脇から道なき道をつっきり、高指山を目指す。 
ハコネウツギImg_5789r
このショ-トカット道の雑木林を、わたし実は気に入ってしまったのだ。
整然としてなくて生命力に満ち、とはいえヤブではなく、地面はあくまで柔らかく、
小鳥やハルゼミの声に溢れ、花や草の匂いが充満している。

Img_5792r
今回は少し角度を付けて上がったので、カヤトの藪に遭遇せず、縦走路に飛び出た

高指山の富士山には、薄雲が架かり墨絵を見ているよう。

Img_5800r
マユミは地味だけど花盛り。

Img_5803r
高指山のヒオウギが完全に消えていたのには驚いた。
たしか去年の秋、保護されている数株は確認した記憶…。


直滑降で麓におり、別荘地を抜け、吉政からパノラマ台まで30分はかかってしまう。
Img_5810r            車道沿いに、ヤマオダマキ

暑い中、ゆるいけれど登りの車道歩きをするなら、吉政駐車で逆コースが正解?。

【コース】パノラマ台10:00-鉄砲木ノ頭10:30(30)-1120mピーク11:50-切通峠13:00-グランド13:20-高指山14:10(20)-吉政15:10-P15:45

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« 山伏峠から菰釣山へ | トップページ | 憧れの小松原湿原へ・・・秋山郷から(1) »

コメント

ba_sobuさん、こんにちは。

サンショウバラは綺麗ですね。
不老山と比べると2週間くらい遅いようです。
ヤマシャクヤクもあるようで、来年は是非行ってみたいと思います。

ヒオウギは残念です。この夏にでも行ってみようと考えていたのですが。

投稿: AKIO | 2018年6月20日 (水) 09時04分

Akioさん こんにちわ
サンショウバラはこの辺り一帯にあります
鉄砲木の頭~富士岬峠あたりは 大木も多いです
不老山のような保護はされていないので wildです。特に鉄砲木の頭は 富士山と一緒の写真が撮れますのでインスタ映えします。

ヤマシャクヤクは 本数が多いですが幼い株が多く、花を付ける数年先は見ごろと思います。
その他、色んな花が見られます、
さまざまなコースをつくれますので、Akioさんなりにあるいてみてください。そして良い情報がありましたら、お教え下さいね。

投稿: ba_sibu | 2018年6月20日 (水) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/66770106

この記事へのトラックバック一覧です: サンショウバラの鉄砲木ノ頭~高指山:

« 山伏峠から菰釣山へ | トップページ | 憧れの小松原湿原へ・・・秋山郷から(1) »