« またまた太鼓曲輪尾根と地蔵ピーク | トップページ | 生藤山 石楯尾神社から登り花さく和田の里へ下る »

春の風に誘われて、尾続山から要害山に

2018年03月28日 (水) 快晴 

近所の公園の満開の桜に見送られ、上野原の尾続までやって来た。
バス停の横が『尾続フラワー公園』の駐車場になっていて、停めさせていただく
(「公園」の花は、今はまだ咲いていない) 

道標に従い、尾続神社の前をすぎ 家並みを抜け
Img_2365r
杉林や広葉雑木林の登山道を登っていくと小一時間ほどで尾続山に到着する

Img_2373r
山頂からのスッキリした富士山、いいわぁ。

Img_2377r
花は予想外に少ない、ミヤマシキミなどがポチポチさいていた

Img_2378
とはいえ、なんと心地良い春の風・・・
ここは峠のようだが。。片方は塞がれていた。もしかして堀切かな?
Img_2391r
コヤシロ山でも、素晴らしい富士山にであう。広々とした眺望だ。

Img_2398r
次のピークは 「風の神様」。  神さまと富士山。

Img_2405r
峠*(登下←・→大倉)を越えると、秋葉さまの神域になる。

Img_2433r
登り着いたピークが、要害山。
秋葉神社と・・・(祠の奥には、遠くからもよく見える大杉)

Img_2443r

大倉砦の説明板
Img_2442r
山頂の桜はまだまだ。

Img_2445r
でもシキミが満開だった

Img_2448r
山頂には、数多くの色んな種類の蝶が、猛スピードで飛び交っている 

さて下山は、さっきの峠*から登下に向かう。
10分もしないで、集落に出る

Img_2458r
身延(下九一色)に通うようになってから、山の中の、このような集落が好きになり、出会うとホッとするようになった
入口のお地蔵さんたち。竹藪を背負って、いくつも置かれている。みな、ちびて丸くなっている。右の表情はよく分かり、彫った人の心情に心を遊ばす・・

Img_2464r
中ほどにもお地蔵さんたち。 明るい高台で、アズマイチゲに囲まれていた。
Img_2472r
登下の集落から県道までは30分の道のり・・・ 

タチツボスミレ や ナガハノスミレサイシン や

Img_2482r_2
ダンコウバイ や カヤの花など眺めながら 歩く
Img_2490r_2
県道に出てから、意外に早く尾続に戻れて、ホッとした。 
あまりの暑さに喉からから・・・なんという陽気だろう。
 

尾続のPから、新しい道標についていく。
鶴川を渡る橋が出来たと聞いたので・・どんな橋か確かめたい。

Img_2512r
この道を下って下って・・・川までは、けっこうありそうだ。

Img_2521r
夢吊り橋?聖武連橋? 思ったよりずいぶん立派でオドロイタ。
Img_2523r
橋から登り返して、さらに聖武連山を登るのは、(きょうは)止めにして、
来た道を戻る。  さっき下ってきた道を、今度は登るのか、あ~あ、と思ったけれど、
ユリワサビやアズマイチゲを眺めながらなので、楽しく歩けた。
Img_2516r

行かなかった聖武連山。(尾続Pより) 
今頃は、シュンランがたくさん咲いているはずです 
2016.03.21

Img_2363r_2
聖武連山には行かなかったけれど、夢吊り橋の道中で、案内板を見たので、
ウナギ淵で、ひと休みしました

4

【コース】尾続P08:40-尾続山09:20-コヤシロ山-風の神様 -要害山-登下11:20-県道(棡原大橋)-P12:05-夢吊橋-聖武連集落12:20-うなぎ淵-P13:20
【地図】ウエノハラ・ハイキング地図

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« またまた太鼓曲輪尾根と地蔵ピーク | トップページ | 生藤山 石楯尾神社から登り花さく和田の里へ下る »

コメント

こんにちわ。

なにはともあれ、お山も良いけど夢吊り橋が気になりますね。
鶴川のあの辺りは両岸共に道路がかなり高くつけられているので、峡谷的になっているのかなー?と思っているのです。

釣りでもやらない限り鶴川のあの辺りって意外に秘境感がある。

投稿: komado | 2018年3月31日 (土) 18時31分

komadoさん、夢吊り橋は釣り師でもないと、なかなか行かないでしょうね。
前回の尾続山の時、物足りないと感じたので、1時間で上り下りできる聖武連山と組めたらちょうど良いなと思っていたのでした。
車は行かない橋と思いますが、それにしては立派でしたので、観光目的でなにかの施設を作るのかな~と
思ってしまいましたが、たとえば、河原を整備して、バーベキュー場とか。でもね~

果たして??

投稿: ba_sibu | 2018年4月 1日 (日) 16時10分

ba_sobuさん、こんばんは。

レポの写真を見ていると、尾続山や要害山の辺りは以前に比べて、道標などもしっかりしているようですし、ヤブもなさそうで、かなり変わったようですね。でも双体道祖神は昔のままというのが良いですね。

先日、中央線の車窓から見ていると、上野原駅の南口のロータリーがかなり完成していました。いずれ、バスの発着も南口になるのでしょうか。坪山の季節になると、狭い北口でバスの誘導、乗客の整理などをされていたバス会社の人を思い出します。

投稿: AKIO | 2018年4月 1日 (日) 21時18分

Akioさん 
そうそう、たしかに要害山だけでも 山頂はたいそうな藪でしたね。尾続山など、ハイキングする人はいなかったと思います。今、対岸の能岳八重山とともに、平日でも大人気。道標の文字が美しく、見惚れてしまいます
上野原駅北口のバス発着所、、、あのバスの整列は見事ですね。行き会うと、つい写真をとっていますが、記念動画も撮っておくべきか?

投稿: ba_sibu | 2018年4月 2日 (月) 05時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/66408790

この記事へのトラックバック一覧です: 春の風に誘われて、尾続山から要害山に:

« またまた太鼓曲輪尾根と地蔵ピーク | トップページ | 生藤山 石楯尾神社から登り花さく和田の里へ下る »