« 続いて加入道山・・・ 小春日よりを楽しむ | トップページ | 五日市・金比羅山と戸倉城山 »

米沢山北尾根~大鹿峠

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2017年11月12日 (日) 快晴 

ルートは道の駅裏の林道からの送電塔巡視路を伝う。北
西尾根ゆえ陽が射さず、落葉の雑木林が寒々しい。

Img_7668r
830m圏の尾根に出たとたん眩い光が溢れる、谷間から黄色の光が放出されているかのように、逆光は手前の木の幹や人影を黒く浮かばせる。

Img_7673r_3
すぐ上に送電塔が建つ。「南アルプスが見えるぞ~」
先着の会話に励まされ、わたしも急ピッチで台地に出た。

Img_5032r_2

送電塔台地からは緩やかな尾根道になる。北尾根随一の和み場で、前回のルート・・<尾根末端から歩いた(ブログなし)>とは、ここで合流する。

Img_7677r
目の前には急峻な岩ピーク(1211m)がそびえ立つ。ピーク上には大栂が一本。

Img_7694r
次のピークも岩尾根で、冬季はここいら雪と凍で恐かった。今は手がかり豊富、足場もそう悪くないので大丈夫。

Img_7698r_2
最後のピークからは山頂への道は晴れやかな花道に思える。
ホイ着いた。先着2名が休憩中。
ここからお坊山への楽しい稜線歩き。

Img_5062r
赤い
木の実など見ながら、リズミカルに歩いていく。なんの実か意見が分かれる。
Img_5064r
お坊山西峰は狭いけれど、数人が展望を楽しむ。奥秩父から八ヶ岳とニセ八、
あれま、あれは北アルプスか?

私たちはお気に入りのお坊山東峰にてランチ。何年たっても変わらない広場。草原と伸びやかな若い雑木林、そしておだやかな空気に満たされている。

Img_7734r
食後、大鹿峠に向かう。何度か歩いているが、この間のルートは分かりづらい。
エアリア赤線のハイキング道と安心しているから、なおさらドギマギしてしまう。

大鹿峠から笹子に下る。 この道、実は初めて。

Img_7748r
紅葉を期待したが、標高が下がっても落葉ばかり。こういう林も好きなんだけど、前を歩く人のガッカリ感が何となく伝わって、どうか赤いモミジに出会えますように…なんて願っていく。 ・・・ おっ、紅葉してるよ!Img_5114r
やがて林道に下りる。対岸のオッタテあたりが黄色く照り輝いている。
この峠道、今は舗装されているが、かつては山道が細々と延びていたのだろう。
道証地蔵さんがここにいてくれて、頼もしかったろうな。
Img_7773r

吉久保に出るまでの道すがら、「送電塔撤去工事」の資材が置いてあった

「一基を撤去するのも大変だろうだなぁ」と、その方法が想像できないでいるだった。

 【コース)甲斐大和07:11-道の駅07:45(10)-巡視路08:05-鉄塔09:05-1100m圏09:30-1211mP10:10-1230mP10:25-米沢山10:40-お坊山西11:40東11:55(60)-大鹿峠13:25-林道14:30-道証地蔵14:50-笹一15:50(25)-笹子16:21
【地図】昭文社:大菩薩 2.5万:笹子 

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« 続いて加入道山・・・ 小春日よりを楽しむ | トップページ | 五日市・金比羅山と戸倉城山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/66046714

この記事へのトラックバック一覧です: 米沢山北尾根~大鹿峠:

« 続いて加入道山・・・ 小春日よりを楽しむ | トップページ | 五日市・金比羅山と戸倉城山 »