« 憧れの裏剱へ② おてんとさまの御意のままに・・ | トップページ | 憧れの裏剱へ④ 池ノ平よ、またいつか。 »

憧れの裏剱へ③ まさかの剱岳

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2017年8月19日 (土) 曇・・

「おい、満天の星だぞ」と囁きかわす会話が耳に入り、目が覚めた。03:00。
ふと見れば、部屋の半数はもう出発した(する)らしい。
が、
自分たちは、もうしばらく横になっていよう。

予定通り05:00起床。星空どころが濃いガス、でも雨は降っていない。
ということで、剱岳登山することに。
小屋の裏手の岩道を登る。軽いくさり場を過ぎると、早くも一服御前。

Img_5135r
ガスは濃いが、素晴らしいお花畑だ。

Img_5141r

岩の間に咲き誇る花たちは 見事なスキマ景観を作り上げる。

Img_5219r
私たちの前をいくのは10人ほどのパーティ、くさり場ではどうしても時間がかかる。

Img_5215r             上り下りの分かれ目、ふっとガスがきれた。

クサリ完備のおかげ、手を離さなければ、落ちることはなさそう。

Img_5185r
さすがLONG、集中を切らさないようせねば。
カニノタテバイを慎重に登り切っても、

W_3970r
その先のクサリも長々と続く、そこが危険なんだろう。

W3961r_2
ひたすら目の前の難場をこなしていけば、自ずと山頂が近づく。

Img_5223r                早月尾根と合流


緊張の糸をずっと張りっぱなしは、想像以上に疲れるものだ。
山頂が近づくと時々ガスが薄れ、得も言われぬ美しい青空が覗く。

35            山頂手前


10:45剣岳山頂に到着。4時間もかかっていたなんて驚きだ。
山頂には大勢の人が休み、みな嬉しそう。
Img_5226r                 父親と登った小6生。

ゆっくりしたかったが、天候が急変しそうなので、慌てて山頂を後にする。

有名なカニのヨコバイではずいぶん待たされた。
前のパーティが「下を見るな!!」なんて叫んでいるのがきこえ、ぎょっとする。

私たちの先頭の、軽やかな足さばき、わたしもそのイメージでヨコバイする。
鎖から体を離せば足元が見えるというのも実感。 
最後に「せっかくだから下を見ようよ」といわれ、貴重な景観をちゃんと見ておいた。

ヨコバイの次の縦階段はなかなか終わらず、集中が切れそうになるが、手は離さない。
Img_5238r
そうして徐々に岩場の危険地帯から脱出する。

W3992r
時間がかかるのは、待ち時間が長いから。
     Img_5282r    前剣あたりで大休憩する。
    稜線の霧が晴れ、お花畑が鮮やかに広がった。

剣山荘到着は13:40、よもやの 8時間行動になってしまった。

とりあえず snail 小屋でいっぷく。
これから別山乗越を越え、室堂のロッジ立山まで歩かねば

Img_5308r            ヨツバシオガマ

Img_5301r           ミヤマリンドウ

Img_5306r               晴れた !!

Img_5320r              剱御前小屋から 室堂平を見下ろす

室堂のロッジ立山に到着は18:00。
今夜は楽しみな、温泉だよ~。

(3日目)曇 剣山荘 05:50-一服剣 06:20-前剣大岩07:05-前剣07:20-平蔵のコル08:35-剱岳09:45(20)-平蔵のコル11:45-前剣12:30-剣山荘13:40(40)-剣沢小屋15:00-剣沢キャンプ場15:20-剣御前16:15(10)-橋17:40-ロッジ立山 18:00(7時間+3時間20分)

憧れの裏剱へ④ に 続きます

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« 憧れの裏剱へ② おてんとさまの御意のままに・・ | トップページ | 憧れの裏剱へ④ 池ノ平よ、またいつか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/65692525

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れの裏剱へ③ まさかの剱岳:

« 憧れの裏剱へ② おてんとさまの御意のままに・・ | トップページ | 憧れの裏剱へ④ 池ノ平よ、またいつか。 »