« のんびり 初秋の八幡平③ | トップページ | 秋ですね  裏高尾と南高尾 »

踏めなかった2032m峰 これが八ヶ岳の森

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2017年9月16日 (土) 曇雨 

せっかくの三連休なのに、台風か来るとはね! だめもと覚悟で、出かけた。
2032m峰は八ヶ岳、三ツ頭北東の尾根が東、東南に下りる、その一角の小ピーク。
Img_6457r           2032m峰、下山後、霧の彼方にぼっーと見えた。

まきば公園の駐車場には重い雲が垂れ込めていたけれど、雨は降ってない。
なので行きましょう! 無理はしない、行けるところまで、ネ。

Img_6347r
県営牧場の、右の牧柵沿いの踏み跡を辿る。
踏み跡といっても気まぐれな道筋は、鹿さんの作品らしい、

Img_6351r_2
クリンソウの沢を越える

Img_6356r
急登をがんばり、自分たちの登る尾根に出る。不思議な裸地の広がりにビックリ。

Img_6372r
右折し、尾根を辿る。裸地はしばらく、、続く。
大きな火山岩が点在する不思議な地形には、心惹かれる。

Img_6369r

やがて笹に覆われたカラマツ樹林帯。天然物も混在、ヤツガタケトウヒ?も。
あいかわらずササヤブが・・

Img_6425r
じき、笹が消え岩っぽくなった所で、踏み跡は消える。

    Img_6380r           目印にタオルを結ぶ

誰も歩いた形跡のない、岩の重なり、全体を苔が覆い、どこもが同じ景色に見える。

Img_6390r

なんなく急登を越えられるが、、、、、岩を覆う苔を踏み抜くかも知れず、

Img_6407r
大岩は動くかも知れず、手がかりの木の根は抜けるかも知れず、、、

Img_6392r
人間の気配は全くなく、恐ろしいというより、

Img_6404r
あまりに神秘的。
Img_6409r
こういう八ヶ岳に来たのは初めてだ。一歩一歩の時間を長く感じる。

Img_6399r
前方を見上げれば空は近い。あそこがピークかな?しかし仲間は冷静に、「下りよう」と提案。 あと少しにみえるが、急な岩場は続くだろう、お天気も怪しげ。

Img_6400r

正しい判断だった。前方の高みまで標高差はたった10m。しかしそこは2032mピークでなく手前の1950m台地だった。どんな陥穽が待っているか分からない。じっさい、じき雨が降り出す。

Img_6410r

私は、人の気配の全くない八ヶ岳を肌で感じることができ、それだけで満足。


牧場に出ると、こんな雨降りでも、牛たちが草をはんでいる。
雨がふったら牛は屋内と思っていた、知らないことだらけだ。

Img_6474r
art  art  art  

このあと 日野原のアルプ美術館  、《中村好至恵△山の絵展》  に 行く
中村さんの山の絵は、この上なく伸びやかで、広やかな気持ちになれる。

art  art  art  

【コース】まきば公園P09:40-牧場柵沿い(山道)10:00-沢クリンソウ10:20-裸地10:30-樹林11:10-苔岩帯11:25-Uターン11:40-裸地台地12:15-柵沿い12:40-牧場車道13:00-P13:20
【地図】昭文社:八ヶ岳 2.5万:八ヶ岳東部

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« のんびり 初秋の八幡平③ | トップページ | 秋ですね  裏高尾と南高尾 »

コメント

ba_sobuさん、こんばんは。

地形図を見てやっと、どこを登られたのかが分かりました。天候に関係なく実行される根性が素晴しいです!
小生は軟弱で「また天気の良い時に来れば良いや」と思ってしまいますので、ba_sobuさんのブログを見ていると良い刺激になります。

投稿: AKIO | 2017年9月23日 (土) 19時33分

akioさん こんばんわ

地形図を見て2032m峰 よくぞ見つけてくださいました
ありがとうございます
行く前は 簡単だと思っていたのですが、、なかなか難しいコースとおもいます
山は いってみなくては解らない いろんな場面があるのですね。

晴れていても気力がない時は、家からの一歩が出ません
そういう時は、自分でも寂しいですね。

投稿: ba_sobu | 2017年9月24日 (日) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/65814290

この記事へのトラックバック一覧です: 踏めなかった2032m峰 これが八ヶ岳の森:

« のんびり 初秋の八幡平③ | トップページ | 秋ですね  裏高尾と南高尾 »