« のんびり 初秋の八幡平① | トップページ | のんびり 初秋の八幡平③ »

のんびり 初秋の八幡平② 

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2017年9月7日 (木) 快晴 

のんびり 初秋の八幡平① からの 続きだよ♪ 

予報は雨に向かう傾向、でも朝方には岩手山も見え、薄日も射しているような・・
7時過ぎ、サブザックで軽快に出発。

Img_4661r


八幡平の山頂のヤブラに登ってから、北の草ノ湯分岐に向かい湿原を歩く。
ロマンチックな彷徨感覚?を味わいながら、草紅葉のはらっぱ漫歩。

Img_5907r
草原に延びる細い道、

Img_5943r
草むらにはエゾオヤマリンドウの青や、イワショウブの赤い実(写真・下)が点々とあり、種になったシシウドやネバリノギラン、キク科の草たち。ゴゼンタチバナ、マイズルソウなどなど、いろいろな草が実を結び、冬支度に大忙しだ。

Img_5964r_3
下り勾配になると、遠景の空の森の彼方に七時雨山のシルエットが浮かぶ。
8月に知ったばかりのこの山、昔から八幡平の東にこんな風にいたんだな、
知り合いが増えたようで嬉しい。

1_2
8時半、早くも草ノ湯分岐に到着した。今回は左折だがその前に30分だけ草ノ湯方面を散策する。ただただ広いこの湿原の、今が、一番美しい時。

Img_5967r
こんな広く静かな所に誰も来ないなんて・・、
気持ちよい風に吹かれながら、最高の贅沢を味わってる。
1秒でも長くいたいけれど時間切れ。

Img_4691r
草ノ湯分岐から、田代沼方面は、笹と樹林帯シャクナゲが点々とあり、来年の芽を付けている。楽しい実たち

Img_6007r           サンカヨウ

Img_4709r          ユキザサ

そして田代沼には ミツガシワの葉やヒメシャクナゲの穂が残っている。
Img_6021r          ミツガシワの葉と サワギキョウの花

田代沼からは北西に下る溝状のイシゴロ道は、超歩きずらい。
ついに雨が降ってきた。蚊にさされそうでひたすら急ぐ。

アスピーテラインの車道に出た時はホッとした。

 Img_6027r          右の谷に湯煙? 硫黄の匂いが漂う

じき左に大深温泉への細道が分かれ、後生掛へは温泉の手前の道を行く。
道標がないとは意外だ。 公園のような、ステキな林の中の道。

 

30分後、しゃくなげ茶屋に出る。
自然研究路は現在周回できず、2箇所の見どころにはピストン。
泥火山や大湯沼マッドポットなど、ひととおり見物した。

 

Img_6056r
後生掛温泉はすぐ近くで、立派な旅館だった。

 

Img_6084r
白濁の素晴らしいお湯にとっぷりと浸かる。
ここで名水を3リットル確保し、食堂でお昼をいただき、あとは14:05発のバスでねぐらに戻るだけ。ゴクラ・ゴクラク♪・・雨足が強い中、傘をさしてバス停に向かった。

 ところがところが、時刻表を良く見るとバスの運行日云々…の但し書き
本日は運行日でないって?、ウソでしょ!! うわっ、パニック。

 

が、仏さまのような方が通りがかり、・・・ 事なきを得た。 

Img_6088r           閑散とした レストハウスの駐車場

八幡沼は 15:00を過ぎたばかりなのにうす暗く、夕方のよう。
今夜も薪ストーブのお世話になる。
小屋は暖かく、お湯も沸かせ、明かりも採れ、一石3鳥。
きょうは 仏さまにも会えたし・・本当によい日だった。
 

Img_5880r
(2日目)曇~雨 小屋 07:10-八幡平山頂07:30(10)-草の湯分岐 08:30(10)(+30散策)-田代沼09:50-車道10:40(10)-大深温泉11:00-しゃくなげ茶屋11:30(+60自然研究路)-後生掛温泉12:30(入浴、食事)-BS 14:00 → レストハウス14:25-小屋 15:05

のんびり 初秋の八幡平③ に続く

 

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« のんびり 初秋の八幡平① | トップページ | のんびり 初秋の八幡平③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/65692516

この記事へのトラックバック一覧です: のんびり 初秋の八幡平② :

« のんびり 初秋の八幡平① | トップページ | のんびり 初秋の八幡平③ »