« まだら雪残る・・大栂の春 | トップページ | 残雪の山 守門黒姫 »

雑木林の里山・阿夫利山  和やかな尾根&岩の急登

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2017年3月30日 (木) 快晴 

2年前の2月と同じコースです

とりつきは 秋山川を渡った「緑と太陽の丘キャンプ場」。身支度をしてイザ出発。

Img_0381r
ゆるい勾配の雑木林尾根は、太陽の光をサンサンと受け、なんとも和やか。

Img_0388r     キブシはもうちょっと・・・

お楽しみの北尾根の急登にさしかかる。
立木や灌木にすがりながら力任せに登る。一足毎に標高が上がるので 良い気分だ。

Img_0406r

気を付けて。足を踏み外さないで。

Img_0405r
岩場をすぎれば 稜線に出る。
阿夫利山のひとつ西で、さらに5mほど西に寄ればが良き展望がある、奥多摩・秩父そして大菩薩が春霞の向こうに並んでいる。

Img_0420r_2     石尾根飛龍方向と思います  お分かりでしょうか?

阿夫利山山頂はすぐそこ。数ヶ月ぶりの強い陽射しにとまどいつつ、ランチタイム。
Img_0424r  シュンランに、やっと会えたよ(*^_^*) 


さて稜線を辿ろう。ピラピラが南東の太い尾根に付いている。私たちは北東への尾根。なので、北東尾根を降下したら、
勾配が緩んだところで、右から巻き道が合流した。さっきのピラピラを辿ればこの巻き道に繋がったのか。

   Img_0433r   スミレ咲く尾根

『井戸沢の頭』では右。手製の『金剛山~富岡』という指示標が出来ていた。

Img_0437r     お休み処も・・・出来ていた

この尾根がまた良い。広やかで涼しげで、木々はみなすらりと背の高い美人さん。

Img_0440r
あっという間に、金剛山の直下。登りはちょっとばかり急な、ロープもある岩の道。エイコラ登り着けば、立派な古峯神社石祠の金剛山山頂だ。

Img_0449r     こんなに大きな石祠、やっぱり担いできたのよ、ねぇ

最後は参道の立派な道をスタスタ下っていく。

Img_0455r        芽吹いてる♪

すると林道じゃなく鹿柵に出た(前回と同じ)。あれま、林道はいつ過ぎてしまったのかな?謎は残るが無事下山できたから、ま、いいか。

Img_0463r
帰りの中央線の車窓から裏高尾のカツラ林が見える。満開の花は夕陽を受け、樹冠がうす紅色に染まっている。その様子はなんとも優雅で夢をみているようだった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【コース】上野原08:30→(\570)秋山保育園前09:00-キャンプ場09:10(10)-・563m点 10:10(15}-稜線11:10(15)-阿夫利山11:40(45)-井戸沢の頭12:55-金剛山13:25(20)-鹿柵・ベンチ14:25(15)-富岡15:00→(\3070)上野原
【地図】昭文社:高尾陣馬 2万5千:大室山 

 

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« まだら雪残る・・大栂の春 | トップページ | 残雪の山 守門黒姫 »

k」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/64903445

この記事へのトラックバック一覧です: 雑木林の里山・阿夫利山  和やかな尾根&岩の急登:

« まだら雪残る・・大栂の春 | トップページ | 残雪の山 守門黒姫 »