« 倉岳山 初冬 | トップページ | 檜洞丸 あけましておめでとう!! »

下部あるき~ 釈迦ヶ岳

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2016年12月24日 (土) 快晴

新八坂峠から 南アルプス 赤石、荒川、塩見、そして北岳
手前の山は 蛾ヶ岳

Img_0138_r_2

タクシーは、大八坂まで上がってくれた。陽射しに溢れた林道に下りると、懐かしげな風景が待ち受ける。葉をすっかり落とした下部の山々は、暖かく、柔らかく、わたしたちを取り囲み、いつもの配置で安心感を与えてくれる。

道端に「天空採園」の案内があり「(素泊)出来ます」との文字。「お会いできたらいいな」と言いながら錠口(じょうぐち)を下る。「コンニチワ~」と大き声を掛けるが、返事なし。代わりに庭の奥からワンワンワン・・。

4
八坂峠に向かう栂の峠との分岐に道祖神があった。きちんとお守りされている。八坂の集落は古くから続いているとか。わたしには
思いも及ばぬ地縁だ。

Img_0112_r

八坂峠は、植林の中で展望はあまりない。10年くらい前には何の標もなかった記憶だが、道標が2種類あった。北風が吹き抜け、寒いの何の・・

Img_2813_r

釈迦ヶ岳を目指し、カラマツ&ヒノキ林を登る。林道がのっこす新八坂峠で素晴らしい展望にであう。雪をまとった南アルプスの整列、なかでも荒川赤石が大きく美しい。

Img_2820_r                かっこいいねぇ

新八坂峠からは登山道と思えぬ急登だが、短いのであっさり登り切る。緩やかな松林に散らばるエビフライを拾いながら歩いた。
左側は薪炭林らしい雑木林、木々を透かし甲府盆地を見下ろしながらで気持ちよい。

Img_0141_r
「釈迦ヶ岳に着きました」 えっ?、ここ? 確かに山名標と三角点があるけれど、もう一つの御坂の釈迦ヶ岳と、これほど違う雰囲気とは!

Img_0157_r

下りるには早すぎる時間だが、とりあえず、道標の『釈迦屋敷跡』ってのに行ってみよう」。
山頂のすぐ下と思っていたのに意外に遠く、双耳の東峰への吊り尾根を伝う。
タンタンタンと心地良く歩き、東峰を乗り越えた所に、いらっしゃいました。

Img_0159_r

お釈迦様というけれど、わたしには女性に見える。おっ母さんって感じの、慈愛に溢れたステキな佇まいは、ここの明るさにふさわしい。
良いランチ場に恵まれたのも、お釈迦様のお導き?

Img_0162_r

下山の釈迦ヶ岳北尾根は、地形図破線にしては踏み跡らしいものがない。尾根に沿ってひたすらの急降下。ガレガレの足下は、アンバ峠からと同じだ。まだ日は高く雑木林の尾根は明るいので、小気味よく下っていける。

Img_0174_r    急降下が一段落した所

林道が横切る手前で尾根から右に(北に)振る、ふっと尾根が広くなり地図では見えにくい尾根の別れがあった。右を行く。すぐ大岩が現れる。
地形図上の小さな空白は、この岩のことだった。

Img_0180_r

上に立てば恐ろしい高度感。下から見上げるとかなり立派だ。

Img_0183_r


岩の周りで少し遊んで、再び下る。すぐ大きな無線設備に出会う。
「甲府市防災無線中継局」で、ここもすばらしい展望台、南ア、八ヶ岳(雲かかる)、前衛の山々など心ゆくまで楽しんだ。蛾ヶ岳から高萩にカーブしながら下る尾根がチャーミングだった。

Img_2873_r

すぐ下の林道を横切ると、下芦川へのしっかり整備された道に続く。崩壊地には巻き道が作られ、ロープもある。そっか、中継局の巡視路なんだ~、なるほどガッテン。
素晴らしきルンルン道を、山旅が終わるのを惜しみながら下る。

Img_0198_r

やがて家並みが見え、車の音が聞こえ、ついに芦川沿いの里道に降りた。下山口は知らない人には分かりにくい、つまりはそういう道だってことだ。

3    道路脇のおじぞうさん

上九一色農産物直売所から、市川タクシーをコール。若い運転手さんのお人柄おかげで、気持ちも朗らかに芦川駅に着く。そのとたん、滑り込むように甲府行きがホームに入る。甲府ではビールなど購入し、暖かい座席に納まることができた。

Img_0223_r  タクシーを待ちながら・・・・・・王岳のあの尾根も歩いてみたいよ、


山納めにふさわしい、ゆとりのあるよい山の一日だった。
来年は どんな山に出会えるだろう


【コース】甲斐岩間08:13→(5770円)大八坂08:50(天空採園+20)-八坂峠09:45-新八坂峠10:10-釈迦ヶ岳10:40-釈迦屋敷跡11:00(80)-釈迦ヶ岳12:30-大岩12:45-林道(防災無線)13:10-向村橋14:45-元上九農産物販売所15:00→(3880円)芦川

みなさま、ことし一年、こんなブログを見て下さいまして、コメントもたくさんお寄せ下さいまして ありがとうございました。

みなさまにとりまして、来年もよい年でありますように。

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« 倉岳山 初冬 | トップページ | 檜洞丸 あけましておめでとう!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/64537056

この記事へのトラックバック一覧です: 下部あるき~ 釈迦ヶ岳:

« 倉岳山 初冬 | トップページ | 檜洞丸 あけましておめでとう!! »