« 富士山大室山・魅惑のブナ森と、歩き残した精進道を | トップページ | 大菩薩峠の紅葉は!! »

落合から黒川鶏冠山・・霧の中の紅葉

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2016年10月20日 (日) 快晴 

きっと晴れると信じていたのに、落合は濃い霧の中。

Img_0212_r
森は芳しい香りに満ちている。濃い霧にうっすら浮かぶカツラは、すらりとした大木。
目の前にほのかに色づいた木々が浮かびあがる。

023_r
足下に散らばる赤や黄色の落ち葉、「ウリハダカエデ」「コミネカエデ」「マルバカエデ」「ハウチワカエデ」「コシアブラ」・・・

Img_0237_r_2

横手山峠への分岐についたのは歩き出して1時間半後。
灰色の空を見上げれば、空いっぱいにサワグルミの実。気が付かなければ決して目に入らない景観の、シュールな感覚に囚われる。ちょっとだけ目の焦点をずらしただけなのに。

Img_0253_rh
分岐から尾根を巻く道をいく。道はしっかりと石垣で補修されている。

Img_0259_r

岩稜を上り詰め鶏冠神社の祠の前に出た。16年ぶりだ。
ここから眺める大菩薩北尾根は、堂々としてカッコイイのだけど、今日はすっぽり霧の中。切り立った谷底を覗くと足が震えた。

Img_0283_r

黒川山の見晴台、三角点を確認して、柳沢峠に向かう。
ドウダンツツジは真紅に染まり、タカノツメの黄色の葉が落ちている。

Img_0285_rh

鞍部が落合との分岐の横手山峠。なにげなく通り過ぎようとしたが、西側の林の美しさに引き込まれるように、さまようことになる。きょう一番、震えた場所。

Img_0298_r
立ち去りがたい一角、30分近くフラフラ歩き回った。

Img_0309_r

登山道に戻り、柳沢峠に向かう。新横手山峠分岐あたりもスズタケが枯れて、涼やかな尾根が現れ始めている。そんな出来たての?尾根をわざわざ越え、林道側に下りる。

Img_0339_r

再び山道に入り、一路、柳沢峠に向かう。「もう3時だよ」という声に、ハッとして、急いだところが、運悪く登り坂。とんだ大汗をかいてしまった。
 六本木峠15時半出。

Img_0350_r   古い道標も見かける


おおよそ下りの源頭の風景の、落ち葉の深い道を行く。
足元優しくとても歩き易い。標高1500mくらい、今が紅葉の盛りか。

Img_0355_r
濃赤のオオモミジや黄色のイタヤカエデは散ったばかりの、華やかなふかふかのカーペットだ。
5

新しい道標「ブナの道案内図」を見ると、良さそうな道が数本、すべてのルートを歩きたいけれど、そこは後日のお楽しみ、今日は一番速く行かれそうな登山道を行く。

全然憶えてないので、初めての歩く道のよう。すてきなブナやミズナラに感嘆する、キハダの大木の表皮が剥がされているのは動物の仕業? 時々、名札が架かる。「ミズメ(カバノキ科)、別名アズサ、別名ヨグソミネバリ」…勉強になった。

キハダImg_0377_r

柳沢峠に到着は16時15分。霧は一段と濃くなり、辺りはうす暗く、もっと遅い時間に感じられる。タクシー待ち30分の間に、気温がぐんぐん下がっていく。
ポットに残ったお湯を両手で包むと、温かさがしみてきた。

塩山08:12→(バス1100円)鶏冠山登山口09:30-横手山峠分岐12:00-鶏冠山12:10-黒川山(見晴台)12:35(70)-横手山峠14:10+25-林道15:00-六本木峠15:15(10)-柳沢峠16:15/16:45→(タクシー5680円)塩山

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« 富士山大室山・魅惑のブナ森と、歩き残した精進道を | トップページ | 大菩薩峠の紅葉は!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/64390895

この記事へのトラックバック一覧です: 落合から黒川鶏冠山・・霧の中の紅葉:

« 富士山大室山・魅惑のブナ森と、歩き残した精進道を | トップページ | 大菩薩峠の紅葉は!! »