« おどろきの種差海岸 | トップページ | 片品川根羽沢支流 大薙沢 »

篭坂峠~立山~アザミ平~大洞山~三国山~鉄砲木の頭

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2016年7月12日 (火) 晴~霧 

篭坂峠上の霊園から歩き出す。良く晴れた明るい空。

  きょう一番多く見られたヤマボウシの花Img_0002_r_2
アザミ平・立山分岐では、右(立山)方面に。谷は次第にV字に深くなる。

Img_0004_r_2

右の尾根に登っちゃおうか?という誘惑を振り払いつついけば、ほどなく畑尾山~立山の稜線に出る。

Img_0014_r_2


この一帯の指導標が新しくなっており、「富士箱根トレイル」と刻まれていた。
「須走紅富台→」って? 「
ちょっとだけ下りてみよう」

Img_0017_r_2
大木は消え、薪炭林のような若い広葉樹の林がダラダラと下っている。
小広い平坦地に出た所でUターン。のんびりお茶のみできそうなしい一角だった。

Img_0022_r_2
立山展望台は、芝地のような広場となりスッキリされすぎ、
奥のササも消えていた。「ナンバンギセルも消えちゃったかも」と心配。
サンショウバラはすでに実となり、今は房咲きのノイバラがうっすらとピンク色。

Img_0035_r

アザミ平の裸地をすぎると、再び樹林に入る。

Img_0056_r
おや、バイケイソウ。

Img_0066_r_2
大洞山(角取山)手前から、初めて『角取神社奥の院』を訪ねてみた。

分岐からぐんぐん細尾根を下り、アラアラ、大きな岩で行き止まり、と思ったら右の谷にトラロープ、十分注意して岩を経ズルと、大岩の裏に祠が2基。ここが奥の院か。

Img_0079_r_2


大洞山から三国山に向かううち、霧はますます濃くなった。

Img_0115_r


大木の幹は緑の苔で覆われ、

Img_0089_r_2

標柱さえも苔で緑、

Img_0116_r_2


三国山から一気に三国峠に降り、鉄砲木の頭に登り返す。
ガスは薄れたけれど気温は高くなり、山全体がすっぽり水滴に中に入ったみたい。

山頂ではムラサキのアヤメが爽やか。

Img_0143_r_2
(白い)フジアザミもすくすく生長。

Img_0141_r_2

パノラマ台の近くまで降りるとピンクのシモツケ、

Img_0152_r_2
コマツナギ、Img_0160_r_2


上品なオダマキ

Img_0162_r_2

パノラマ台には、今朝方のカメラマン氏たちが、依然としてカメラを向けていた。
「山はいつ晴れるか分からないのさ」、改造ワゴン車に泊まっておられるそうだ。
(きょうは晴れるとは思えないけど)と、わたしたちは帰路につく。

【コース】パノラマ台P8:55→(\3520)篭坂峠上(霊園)09:15(10)-立山10:15-砂場?10:30-立山展望台10:50(10)-アザミ平11:40-大洞山(角取神社奥の院)12:20(50)-三国山14:10(15)-三国峠14:40-鉄砲木ノ頭15:05(15)-パノラマ台16:00

Img_0113_rヒメシャラ

山域別レポ一覧は  soon あしあと
じゃぁ、またね snail

|

« おどろきの種差海岸 | トップページ | 片品川根羽沢支流 大薙沢 »

k」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/63682573

この記事へのトラックバック一覧です: 篭坂峠~立山~アザミ平~大洞山~三国山~鉄砲木の頭:

« おどろきの種差海岸 | トップページ | 片品川根羽沢支流 大薙沢 »