« 片品川根羽沢支流 大薙沢 | トップページ | 静かな白馬岳(1)・・まずは不帰岳避難小屋まで »

片品川根羽沢支流 湯沢

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2016年7月18日 (日) 曇のち晴

きのうの「大清水-物見山-鬼怒沼」の登山道を、根羽沢沿いにさらに進むと
湯沢を横切る。 湯沢はきょうの沢である。
 

Img_0317_r                この橋は緊急用、使わないように、と 書かれている 


湯沢に出ると まず見える滝は7m。 左岸を高巻く

 

Img_0320_r
ダイモンジソウの葉をたくさん見る

 

Img_0326_r

水量もほどほど、変化があり なかなか良い感じ

 

Img_0336_r

2段4m滝は ロープを出してもらった。

Img_0338_r

上がりきったところは、頬刷りしたくなるような苔の台地だった。 

Img_0340_r
素晴らしい、ホントに素晴らしい ナメ床を歩く。
左岸からカラノマタ沢が 流れ込む。 気のせいか温泉の匂い~

Img_0342_r
すてきな川床 
Img_0347_r

ナメは続くImg_0346_r
歩く しあわせ♪

 Img_0348_r

まだまだ続く 光が射し込む。 

Img_0349_r
美しい造形  自然の発想力すごい! 

Img_0354_r
二俣を左に。沢は細くなり水流はほとんど見えず、草藪に覆われはじめた

 

Img_0357_r
花の種類も量も増える  
青い
ガクアジサイが一面に咲いている、ところどころピンクも混ざる。       
センジュガンピ(写真)が群生する。

Img_0365_r

 

クガイソウ、クルマユリ、クロクモソウ、ソバナ、フキ、ミゾホウズキ、ハナウド、
早くもダイモンジソウ(写真)が咲いていた。
 

Img_0363_r
しばらく進むと 左に垂直な巨岩が切り立っていた 

Img_0372_r
岩の基部の右に沿う、狭いゴルジュを擦り抜け登っていく
岩の隙間からとめどもなく、湧き水がしたたり落ちている。
豊富な水量は驚くばかり

Img_0374_r

よき所で?ひと息。 それにしても 急峻なところを登ってるんだなぁ。 

Img_0380_r
前方に ルンゼが見えた。 

Img_0381_r
おいおい 垂直な壁に手がかりがないよ。 体がやっとはいるくらいの細いスキマ。
ここはお助け紐とショルダーで切り抜ける事になった。
ショルダーさま、 ありがとうございました。

抜けたら大岩がデンと聳えていた**、それで右側のかすかな尾根状に逃げる。

Img_0382_r
密ササをひっつかみ、ぐいぐい頭から 切り抜けて進んでいく。 

Img_0383_r
振り返ると 
さきほど行く手を阻んだ大岩**を、見ることが出来た。 
予想より大きい、あれを越えるのは、しょせん無理だった。

Img_0385_r
行く手を塞ぐ笹を掻き分けていくと 露岩に出る。 ひとときの休憩。

Img_0387_r      眼下に コキンレイカの花の咲く。

 稜線に乗ったけれど、 相変わらずシャクナゲの藪、後半はササのヤブ こぎ。

Img_0389_r
抜けれたところは、まさに物見山山頂。 ドンピシャだった。 

Img_0390_r
鬼怒沼まで足を延ばそうとの計画はとりやめ、そのまま下山
登山道は歩き易いものの、けっこう急で、ところどころ 岩場の展望地がひらける。
快晴なのに、 稜線付近にだけ雲が湧いていた。
 

Img_0396_r           左 燕巣山         右 四郎山
   
登山道には アスナロが多い(葉裏↓)
 

Img_0406_r
シマヘビの子供
Img_0407_r
そうして朝の湯沢に下りてきた

Img_0413_r
河原でひと息入れて
Img_0415_r                          おうまさん

ぬかるんだ林道を てくてく大清水Pまで戻る。 美味しいソフトクリームが待っている!
Img_0419_r
ではまた!

山域別レポ一覧は  soon あしあと

|

« 片品川根羽沢支流 大薙沢 | トップページ | 静かな白馬岳(1)・・まずは不帰岳避難小屋まで »

Y」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/63682576

この記事へのトラックバック一覧です: 片品川根羽沢支流 湯沢:

« 片品川根羽沢支流 大薙沢 | トップページ | 静かな白馬岳(1)・・まずは不帰岳避難小屋まで »