« やよい三月 藤野鷹取山 | トップページ | 岩舟山 と、大平山~晃石山~大明神山 栃木低山縦走2 »

三床山~桜山~一床山  栃木低山縦走1

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2016年3月5日 (土) どん曇

鹿嶋神社を右に見て、鳥居の脇から山道に入り、出尾根コースを登っていく。
ヒノキ林から落葉雑木の明るい道に変わり、正面に三床山の三角錐が見えてくると、急な岩道になる。

Img_0087_r
三床山の広い山頂は大勢のハイカーでいっぱい、マイナーな山と思っていたが。
じき、山頂の人々が一斉に立ち去った、千葉からのツアーの一団だった。
下山前、振り返ると。三つの祠と三角点の、静かな山頂がそこに
あった。

Img_0094_r
三床山からは岩山らしい急降下で一気に下り、松の生えた細尾根を伝い、
金原分岐を右折。雑木林の中の峠は、落ち葉の広がりが好もしい。

Img_0104_r
ここから見える三床山は三角錐でなく台形だである。前方に半面ヒノキの小山を見る。烏ヶ岳という。途中マンサクが咲いていた

1
烏ヶ岳からなだらかな下りを経て、次の「つつじ山」に乗り水分補給。
すぐ先のちょい急なピークが「桜山」、石祠ふたつあり文政の年号が彫られていた。

桜山からの下りは、少しばかり過激。ひょいひょいと、転げないよう気を遣いつつ降りていく。途中にいくつか祠を見た、桜山は信仰の山なのだろう。

Img_0130_r   桜山を後にして・・・

やがて里山風な穏やかな稜線歩きになる。雑木と落ち葉、谷筋だけヒノキ。
コナラの冬芽はずいぶん膨らみ、マンサクやダンコウバイがあちこちで咲いていた。

一床山へはヤヤ急登、節理の美しい岩や敷き詰められた赤い石屑が印象的だ。
山頂は高度感ばっちり。きょうの中で最高の展望だろう(晴れていれば)

Img_0143_r

二床山から急降下し高松分岐を右折。南への尾根を辿る。
時々、例の赤い見事な板状節理が現れる。

Img_0151_r

さらに松の尾根、歩いてきた三床山~の山並みを眺めつつの稜線歩き。

ピークの「高松」は山城のような雰囲気がある。
つつじの木が多く、春は花と松と展望の三点セットが揃いそうだ

Img_0158_r

下山口には30分後に到着。だだ広いソーラー施設を抜けて、朝の鹿嶋神社に出た

【コース】100m鹿嶋神社P10:40-334.9m三床山11:30(30)-金原分岐12:15-334m烏ヶ岳12:35-365m桜山13:15-(10)-340m一床山14:20-318m二床山14:30*15:30-303m高松15:40-100m下山口16:10-P16:20 
【地図】 三床山周辺登山道案内
 

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

|

« やよい三月 藤野鷹取山 | トップページ | 岩舟山 と、大平山~晃石山~大明神山 栃木低山縦走2 »

J」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/63198278

この記事へのトラックバック一覧です: 三床山~桜山~一床山  栃木低山縦走1:

« やよい三月 藤野鷹取山 | トップページ | 岩舟山 と、大平山~晃石山~大明神山 栃木低山縦走2 »