« 要害山‥北風に震えるも、いつしか春の陽ざしに包まれて | トップページ | やよい三月 藤野鷹取山 »

三角沢ノ頭~日高

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   

2016年2月27日 (土) 晴れ

8時過ぎ塩水橋に到着すると、駐車場所はほぼ満車。
「これからの季節は早く来なくてはダメだってことか」。

ゲートを潜り本谷川沿いの林道を歩く。朝日の届かぬ寒々しい景色、残り雪が凍っているので気を遣う。40分ほど歩いた所でようやく陽射しが届き、対岸にケヤキの大木モミの大木などが現れ始めた。丹沢の奥に来たなぁと嬉しくなる。

Img_0090_r
キューハ沢出合からの、とりつきの斜面は雪が残り、滑りやすく難渋するので、軽アイゼンを装着。
せっせと登っていけるはず、しかし私、すぐ息が上がり、足が止まってしまう。
この尾根は5回目なのに、こんなこと初めてだ(ショック)

Img_0920_r
計画では、「木の又大日東北尾根*」に移り、主脈に出る予定で、Akio氏に紹介され、とりつきかたも教えて頂いてある。

そろそろ*への分岐か?と思われるあたりで、これまで見たことのない顕著なマーキングを発見、「これか?」と思ったが、う~む、前方の崩壊斜面の薄い道は危なそう?

済みません、あの道はわたしには、行けませんし、まぁどうにか行ったとしても、その先の様子が不安だし、どう見てもAkioさんに言われた仕事道じゃない、と尾根に戻った。

Img_0925_r

その先も決定打がないまま、登ってしまったので、
「きょうは木ノ又大日をあきらめ、三角沢ノ頭から日高に行こう」ということになる。

「そろそろぶな林になるはずなのになぁ」なかなか終わらないヒノキ林にヤキモキしたが、登るしかないので粛々と足を動かす。
ようやくブナ林に入ったが、雪原に立ちすくむ大ブナの姿はイマイチ元気がない。

Img_0103_r

やがて片腕をグイッと伸ばした巨木の前に出た。このウエルカム・ブナ君は変わらず元気で一安心。

Img_0932_r
すぐ上が「三角沢ノ頭」山頂である。吹きすさぶ風を遮る西斜面でお昼。
きょうは日高までのピストンと決めているので気が楽た。

Img_0935_r

経路の三角沢ノ頭と日高の鞍部が好きな私は、みんなにステキさを分かってもらいたかったけれど、きょうの寒さで全て吹っ飛んでしまった。

Img_0950_r

でも登り返しの尾根のシロヤシオの大きさや多さだけは私の宣伝通りで、
みんなの頭には花盛りの様子が想像されたろう。。と思う。

Img_0122_r

そうして丹沢主脈に飛び出す瞬間は、華やかなファンファーレを鳴らしたいほどなのに、雲が湧いた西側の、展望なしの景色は、爽快感半減。ちょっと悲しくなってしまった。

Img_0956_r
下山は快調に、雪のおかげでサッサと下る。

Img_0134_r

三角沢ノ頭を乗り越え、標高800mあたりで、再度、*木ノ又大日東北尾根への道を探索してみた。わかりずらいが、道のようなのが延びているのを、ひとつひとつ潰していき、ついに仕事道を発見。間違いないだろう。それはトラバースでなく、端尾根をジグに降りていた。

よし、分かった。次回はこの道を行こう!! 必ず行こう!! 
そう思いながらの帰り道では。さっきまでの萎んだ気持ちなどぶ吹き飛んで、晴れ晴れとしていた。

Img_0159_r     イイギリの実

三角沢の頭 シロヤシオの頃2005年
 

【コース】塩水橋08:00(10)-キューハ沢出合09:20-道探し09:50-三角沢ノ頭11:50(50)-日高13:15(10)-三角沢ノ頭13:55-道探し14:50-キューハ沢出合15:20-塩水橋16:30
【地図】昭文社:丹沢 2.5万:大山 

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 要害山‥北風に震えるも、いつしか春の陽ざしに包まれて | トップページ | やよい三月 藤野鷹取山 »

コメント

ba_sobuさん、こんにちは。

掲示板に書いた説明が舌足らずだったようで、申し訳ありませんでした。レポを読ませていただくと少し下部で探されていたような気がします。キュウハ沢出合から標高差150mくらいなので、標高は850mくらいが分岐だと思います。

土曜日の街はおだやかで、山も絶好の登山日和のように思っていましたが、レポによると結構風が強かったようで、意外でした。三角沢ノ頭の先の鞍部は、オバケ沢源頭の自然林が良く見えて、小生も気に入っています。

冬でも天気が良いと週末の塩水橋は車が多いようです。この冬も7時すぎ到着で最後のスポットだったこともありました。

投稿: AKIO | 2016年3月 1日 (火) 14時37分

akioさん こんにちわ

たしかに、標高は850mは意識していたのですが登りの時は それより高かったと思います
やはり通り過ぎていたのだと・・

おかげで また行く機会が出来て良かったと思います。それに 木の又大日北東尾根をじっくり観察でき、意欲がわいてきました
そうかも知れないと思ってる径路の出だしは、トラバースでなく、尾根をジグザグに下りていくようでした。

ところで 龍ヶ馬場東尾根いかれましたよね。
とりつきには 沢沿い? 高巻き?
自分たちの時は いろいろあったので、くそまじめに1050m迄上がって尾根を下りるという、大々高巻きをしたので、少し楽できたらと思ったり、
またもし下山に取るとしたら、下り口からキューハ出合までの道は分かりそうですか?


投稿: ba_sobu | 2016年3月 2日 (水) 15時05分

ba_sobuさん、

東尾根につきましては、少し長くなりましたので、「メール送信」の方に書きました。

投稿: AKIO | 2016年3月 2日 (水) 20時42分

akioさん ありがとうございます

これからもいろいろよろしくお願いします

投稿: ba_sobu | 2016年3月 3日 (木) 04時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三角沢ノ頭~日高:

« 要害山‥北風に震えるも、いつしか春の陽ざしに包まれて | トップページ | やよい三月 藤野鷹取山 »