« 深い霧 ぶなと歩く  檜洞丸~犬越路 | トップページ | 風巻尾根~袖平山 小春日よりの丹沢満喫 »

オソネ~東沢ノ頭~扇平山

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します

2015年11月28日(土)~29日(日)   

一日目 快晴

川上第二小学校奥、とりつきの鹿柵を抜け、左の秋山沢を越え、目の前のカラマツの急斜面を四つ足で登り切り、ようよう尾根の上に出る。

Img_0825_r
ヤブのない穏やか勾配を気持ちよく登っていると、
じゃーん、第一の難所の、ぶったぎり林道だ。

Img_0826_r
重荷もちで、がらがらな斜面のよじ登りは危険すぎ、
ロープを出してくれて、
 

Img_0830_r
登り切れば、アップダウンを適度に繰り返す快適な尾根が延びていく。 

Img_0839_r

ややっ、2番目の ぶったぎり林道現る。 

Img_0852_r
ここは、力まかせの四つ足登りで尾根に戻った。
岩道や、なだらかなカラ松林を、ゆっくり歩いていく。

Img_0861_r
前方の主稜線がだんだん近づいてきた。 

Img_0858_r
オソネ(秋山)山頂手前まで来ると、こんなステキな落ち葉の広場が現れた。

Img_0867_r
ということで、今日はここでお泊まり。

 

二日目 快晴

ほとんど風のない夜が過ぎ、あさ~!!、    無風 快晴!!
 

Img_0877_r

夕べはたらふく食べたので、荷物はだいぶ軽くなった・・気がする。

 

すぐ上のオソネは三角点と境界標柱のみ、展望はなし。
主稜線を東へ、ほどよい凸凹が続く、朝日をたっぷり浴びて快適な尾根道だ。
 

Img_0882_r_2
ときおり現れる岩は、巻いたり、越えたり 

Img_0890_r
まぁ、のんびり行きましょう

そのうち、扇平山に繋がるジャンクションピークに着く。


Img_0900_r      いい空

荷を置いて、東沢ノ頭に向かう。
のっけから岩に阻まれたが

Img_0901_r
右を巻いて
行きます、どんどん 行きます
 

Img_0903_r
そして到着した、東沢ノ頭は
Img_0914_r
素晴らしい展望
Img_0910_r  南八ツ
Img_0921_r  奥に金峰山 右は秀麗なる小川山

 

朝の爽やかさと暖かい陽射しをゆっくり楽しみ、さぁ戻ろう。
シャクナゲの葉っぱも大分、寛いできましたよ。

Img_0925_r_2

 

ジャンクションピークから、いよいよ下降。
スズタケの藪に突っ込んでいくなんて、昨今ないこと、この感じ懐かしい。
(字の消えた)道標は倒れていたのを立てた。

 

Img_0899_r_2
な-んだ、藪はすぐ薄くなった、と思ったら岩だった。右を巻く。

Img_0935_r
稜線に戻れば、また ササヤブ (前方見えない)
Img_0939_r
2度ほど間違えたりしたんだけど、みんなで、ああ、こう わいわい 軌道修正しつつ、
扇平山に着いた。
 

Img_0958_r
ホッとしたのは大甘で、南東への下降は緊張の急斜面。そもそも降り口では尾根には見えない。

Img_0961_r

 

下には林道が待っているとか。
尾根を通すと林道には下りられないので、やや右に寄りぎみに下降。

おお、真下に見えるは 3度目の ぶったぎり林道。が、思ったより高い。
なんとも、ヤラシイ ぐずぐずな斜面。 急勾配だし、バラ藪だし、手がかりはないし。
ということで、ここもロープを出すことに。
 

そのとき誰かさん、靴で落ち葉を蹴っていたら、こんな”装置”をみっけた!!

Img_0966_r_2  
ありがたく使わせて頂きました。 

Img_0968_r
もうオソロシイモノは出ませんよ ~ ♪ ほんとかな?

 

Img_0972_r_2
1566mピークは立ち寄るだけで、そのまま南へと、尾根を忠実に下っていく。
松林の足元には、”エビフライ”が たくさん落ちている。
 

Img_0980_r    リスが松ぼっくりの果実を食べたあとの 食痕です。

 

おお、前方に、千曲川が見えまする
Img_0985_r
写真の右端中央ににシルバーな鹿柵ありますね。が、このままは下りられない(崖)
左に左にと、トラバースして、鹿柵トビラから、無事、公園?に出たのだった。
上の写真から20分後のこと。
 

Img_0986_r
千曲川は、黒岩橋を渡り、梓山の駐車場所まで歩く。

 

Img_0994_r
途中の桜の木にはヤドリギがついていて、黄色い花をたくさん咲かせていた
近くで見れたらナァ、  (ほんとうは 欲しいナァ) sweat02(よだれ)

 

Img_0995_r

 

 おじぞうさん
 ありがとう

 

 今回もまた
 ステキな楽しい山でした
 

【コース】(一日目)信濃川上→P1 川上第二小奥11:50-林道12:30(通過30)-1670m 13:50-1650m林道14:00(通過20)-テン場15:20
(2日目)テント場06:55-オソネ07:00- JCTピーク 09:20-東沢の頭09:40(40)-JCTピーク 10:40-1863m岩場巻き11:00-×-1821m12:10-×-扇平山13:30-林道13:55(通過20)-1566m 14:45+15(往復)-鹿柵15:30-P2 15:50→信濃川上

【地図】昭文社:金峰山 2.5万:居倉  川上村ガイドマップ(林道が出ている)  
【メンバー】6人

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

|

« 深い霧 ぶなと歩く  檜洞丸~犬越路 | トップページ | 風巻尾根~袖平山 小春日よりの丹沢満喫 »

J」カテゴリの記事

コメント

ba_sobuさん、こんばんは。

この山域は良さそうですね!
特にテント場が。
この季節になるとテントはちょっと寒いでしょうが、このテント場ならば、少しの寒さは我慢する値打ちがあるかもしれませんね。

投稿: AKIO | 2015年12月 3日 (木) 21時07分

Akioさん。
このコースの中では 最高のテント場でした。重荷を背負って行った甲斐がありました。
超フカフカでしたけど、微妙に傾斜していたので、設置の際にはより吟味を。なにしろ選び放題ですから。

林道の壁は触る傍から ガラガラ崩れてくる岩です、
最大の難所です。

投稿: ba_sobu | 2015年12月 4日 (金) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/62562251

この記事へのトラックバック一覧です: オソネ~東沢ノ頭~扇平山:

« 深い霧 ぶなと歩く  檜洞丸~犬越路 | トップページ | 風巻尾根~袖平山 小春日よりの丹沢満喫 »