« オソネ~東沢ノ頭~扇平山 | トップページ | 十二ヶ岳 »

風巻尾根~袖平山 小春日よりの丹沢満喫

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します

2015年12月1日 (火) 快晴

日陰沢園地からの風巻尾根(奥が風巻ノ頭)    いつ見てもきつそう!!

Img_0003_r
公園橋を渡ると最初の急登が待ち受けている !
と覚悟して歩き始めたら、なんという優しい階段が出来ていた、
おかげで スイスイ登っていけた

Img_0011_r
優しくても 急登には変わりない。ぐいぐい標高を稼ぐことができ
風巻ノ頭にあっけなく到着 やったぁ。

東屋も新築

Img_0094_r
かたわらにマユミの木Img_0027_r
昔の登山道によくあったゴミ入れが捨てられていた( 灰皿用の土管も同様に )

Img_0029_r
くさり場が出現、こういう所あったっけ?
すっかり忘れていた。。、  写真は手のひら返しの登り坂
Img_0037_r
1136mを過ぎた辺りから稜線漫歩、
小春日よりの気持ちよい陽射しと柔らかい風、そんな陽気に浸って歩く♪

Img_0063_r
右に蛭ヶ岳。 すいっと飛んでいけそうなくらい、すぐ傍に現れた。
お久しぶり!!  また行きたいな。 胸にぐっとくる。

Img_0062_r
袖平山頂手前の崩壊地からは 大室山の美しい山容。

Img_0067_r_2
歩いてきた風巻尾根も いい感じに見おろせる 
雲がかっているけど じつは富士山も南アも、、
大菩薩やら、石尾根も 一望なのだけど、きょうはぼやけて、はっきりしません。

山頂・寸止めのベンチにてランチ。猪くんすごい、がんばった。

Img_0071_r
袖平山の山頂に上がる。東側のカラ松林は 大きく育って貫禄が付いた。
カヤトはすっかりおとなしくなり、広場ができていて、お昼寝ができる。
奥の松の木、以前「袖平山」という唯一の手製の名標が架かっていたその木だけが、変わらぬ姿

Img_0079_r
山頂から 寸止めベンチを見下ろす。
ここのカヤトのヤブ漕ぎが、超大変(で面白かった)だったなんて、今では信じらんない。

Img_0080_r
来た道を戻ります、ラストでは、逆光の紅葉が美しかった
今年の色づきは全体に 赤より黄色が勝っているように思う。

Img_0099_r
【コース日陰沢園地P08:00(10)-公園橋08:30-610m 09:15-風巻ノ頭10:10(15)-1136m 10:45-袖平山12:10(30)-風巻ノ頭14:00(15)-公園橋15:30-P15:45
【地図】昭文社:丹沢  2.5万:大室山

朝の富士山。
くっきり見えていたのは、この時間くらいまで。 あとはドンドン雲が湧いて、袖平山頂に着いた頃は、写真撮影は厳しくなっていた。残念。

Img_0043_r
では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

|

« オソネ~東沢ノ頭~扇平山 | トップページ | 十二ヶ岳 »

k」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/62701715

この記事へのトラックバック一覧です: 風巻尾根~袖平山 小春日よりの丹沢満喫:

« オソネ~東沢ノ頭~扇平山 | トップページ | 十二ヶ岳 »