« 赤倉岳 | トップページ | さすがぶなよし 津軽・崩山 »

大菩薩(妙見ノ頭~天狗棚山)

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2015年10月20日 (日) 快晴

甲斐大和駅からのマイクロバス、
乗り込んだ 【登山者数=バス座席数(含補助席)】 ぴったしとは! ミラクル~♪

で、終点の上日川峠の紅葉はだいぶ進み最盛期の一歩手前だった。

Img_0321_r
福ちゃん荘まで車道と並行する山道を歩き、

Img_0330_r

そこ
から介山荘(大菩薩峠)までは、20年前ぶり。、当時はひたすら上へと歩くばかりで、何も見ていなかったなぁ。

Img_0335_r

介山荘の「大菩薩峠」と刻まれた大きな石碑を過ぎ、方位盤を過ぎ、
歩きにくい岩道を少し登って振り返ると、わっ、大きな富士山だ。

Img_0349_r
広やかな展望、青い空と秋の雲、すっきり晴れ上がっている。

Img_0355_r
避難小屋の建つ賽の河原(旧峠)から、うふっ、妙見ノ頭に行く。

Img_0362_r
妙見ノ頭には誰も来ない。陽だまりの中、南斜面を見降ろしランチをいただく。
頭上には真っ赤なドウダンツツジ、草付きにリンドウの花、
そして正面は富士山、右に南アルプスから奥秩父まで並んいた。

Img_0365_r
ランチ後、介山荘に戻り、熊沢山を越え、石丸峠を目指す。

熊沢山は、左の木立に延びる踏み跡を追い、ごつごつの岩稜を越えピークを踏んだ(水源林標識のみ)。

Img_0381_r
防火帯の始まりでまた休憩。
目の前にどっしりとした小金沢山を見晴らし、見下ろすはスキースロープのような斜面、鞍部には小さく懐かしの古い道標と、休んでいる人が見える。

お次は天狗棚山。防火帯の過激な下降、皆さまバランスよく下る。
かの古い道標の脇を過ぎ、

Img_0395_r
軽く登り返せば天狗棚山だ。
ここも気持ちのよいピーク
眼下の広大な笹地が狼平。でも今日は行かないよ、

Img_0400_r
石丸峠の広大な笹原をすぎ

Img_0407_r
樹林帯に入ると、カラマツや広葉雑木林はオレンジや黄色で埋もれていた。

Img_0412_r
上日川峠まで歩くつもりだったが、小屋平に着いた時間が思ったより早い。
1台早いバスに乗れそうだったので 急きょ、歩きはここで打ち止めて

Img_0421_r
天目温泉に入って帰ることにした。
♨ ♨♨ ♨

【コース】甲斐大和08:10→(\1000)上日川峠08:51(10)-大菩薩峠(介山荘)10:30(10)-妙見ノ頭11:05(35)-熊沢山13:25(10)-天狗棚山12:50(10)-小屋平14:10→(\950)天目温泉♨(\310)14:30~16:40*→(\300)甲斐大和16:55 *いろいろあって
【地図】昭文社:大菩薩  2.5万:大菩薩峠 

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

|

« 赤倉岳 | トップページ | さすがぶなよし 津軽・崩山 »

k」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/62562216

この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩(妙見ノ頭~天狗棚山):

« 赤倉岳 | トップページ | さすがぶなよし 津軽・崩山 »