« 小金沢から大樺尾、大樺ノ頭から楢ノ木尾根 | トップページ | 三つ峠北面の可憐なお花たち 水雲山 »

蜂城山~神領山~ 大積寺山~大久保山

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2015年5月12日 (火) 曇り

5月というのに台風6号が沖縄襲来!
きょう後半のお天気怪しく、小楢山から蜂城山に変更になりました。

蜂城山?うっどこ? 甲府盆地の東縁、達沢山から盆地に靡く尾根の末端です
登山口からは 「蜂城天神」の石灯籠や石碑が続く参道です。

Img_8622_r
山の緑は色濃く、その中に小さなノバラが点々と咲いていました。ギンランもたくさん。途中「ヤマボウシの巨樹」に寄り道をしてみましたが、ご老体で元気がなかった。

Img_8686_r
林の中にはオトコヨウゾメ(上の写真)やウツギの白い小花が静かに咲いています。
優しい勾配を上り詰めると石の鳥居が現れ、、さらに奥にも鳥居、そして立派な社殿と、可愛いこまいぬが現れました。蜂城山到着です。

Img_8658_r
昭文社地図の神領山方面には『迷』マークがあるのですが、道なりに行けば尾根を右に逸れ、鞍部に降り、自然に正面に登り返していくのでした。

Img_8674_r
赤松の多い明るい稜線。山の緑はますます濃く、ヤマツツジの花が増えてきます。
神領山にはあっけなく到着しました。まだ10時半なので、下山するには早すぎます。ということで、南東の三角点ピークに行ってみることにしました。
なにしろ、こんな素敵な道が延びているんですもん。 (^_-)・・☆

Img_8688_r
なだらかなアップダウン(ちょっとだけ急登)。雑木林の緑、赤松林、真っ直ぐな檜林、トリカブトの海…と、見どころの多い、きょう一番の道でした。

Img_8707_r

30分ほどで三角点ピークに到着。「大積寺山(だいしゃくじやま)」という事が分かりました。
本当によい雰囲気。Photo

       
神領山に戻り、大久保山に向かいます。2.5万図からは微妙に尾根を伝って大久保山に乗るので、どんなのかと思っていたけれど、やはり
しっかりした道で、苦労せず行けました。

三角点の大久保山からは甲府盆地が一望です。晴れていたら素晴らしいでしょう
今日は正面の大栃山、なかなか立派ですてきでした。

Img_8752_r
ひと休みして、さて下山と歩き出すと、すぐ下に那賀都神社の立派な社殿があり、また休憩。しかしご神木の赤松は、切り株だけが寂しく残っているだけでした。境内の他の松もほとんど伐り倒されていました。病気?虫でしょうか? 

Img_8758_r
わたしたちは参道を下ります。途中、大文字焼きの施設がありましたが、今日はスルー。麓に降りると一面の桃畑で、さかんに摘果作業がされていました。

そのまま 釈迦堂PAに入り、念願のソフトクリームを食べながら、コールしたタクシーを待っていたら、雨が降り出しました。山で降られなくてよかったなぁ

Img_8667_r
山で見つけたオトシブミのゆりかご。 

1㎝くらいものです。きっちり巻かれているのには驚きました

【コース】勝沼ぶどう郷★08:07→(\2530)登山口08:20(10)-蜂城山09:30(20)-☆神領山10:30(20)-大積寺山11:25(10)-☆12:05(30)-大久保山13:10(15)-釈迦堂PA14:15(15)→(\1810)★15:50
【地図】昭文社:大菩薩(新しい版) 2.5万:石和

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

|

« 小金沢から大樺尾、大樺ノ頭から楢ノ木尾根 | トップページ | 三つ峠北面の可憐なお花たち 水雲山 »

k」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/61460566

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂城山~神領山~ 大積寺山~大久保山:

« 小金沢から大樺尾、大樺ノ頭から楢ノ木尾根 | トップページ | 三つ峠北面の可憐なお花たち 水雲山 »