« 足利の200~400m級低山縦走1 ☆  行道山~両崖山 | トップページ | 辛垣城址~陽射したっぷりの青梅丘陵 »

足利の200~300m級低山縦走2 ★  妙義山~大坊山~大小山両崖山

2015年1月25日 (日) 快晴

二日目は 妙義山~大坊山~大小山

まず妙義山(313m)の岩稜 低山とは思えないロープ場でしょう?、

3
楽しいナイフリッジ。見かけは恐ろしく、いえ、
転げたら怪我します。
ツツジや紅葉の頃もよいらしい、

Img_5174_r
妙義山から尾根続きの大小山には向かわず、越床峠に回るのが企画者の個性

Img_5190_r
峠の手前にはこんな表示も・・(行かなかったけど)

Img_5195_r
越床峠を越え。、展望の良い足利鉱山番屋に出て昼食。そして

尾根伝いに大坊山を目指します。

Img_5208_r

おだやかな尾根道。最奥の大坊山(287m)まで、ずっと広葉雑木林です。

Img_5211_r
と、思ったら、大坊山の登りは久々に楽しい岩稜。もう少し長かったらいいのに

Img_5214_r_3
大坊山は驚くほど広い山頂に驚くほど大きな山名表示板。

一度、下山し、馬蹄がたを突っ切ります。

Img_5225_r

里に下りてしまうと「また上がるの?」と言いたくなるんですが、
対岸の尾根にとりつき、細い岩尾根を伝っているうち、

5

あっけなく今日のお目当て大小山(282m)に着きました。
何の変哲もない山頂ですが、(けさ登った妙義山がお隣に)

Img_5243_r
この山の見せ場は山頂直下に掲げられた「大」「小」の文字。うわっ、大きい。
東屋から見上げ、「どのようにして岩に付けたかなぁ?」とみなで考えてみました。

6

歴史は古いそうです  ぜひこちらも
 → http://www.geocities.jp/yamapon65/daisyouyama_profile.html

二日間にわたり歩いた足利の低山。お誘いがなかったら、こんな経験は出来ませんでした。ありがたいことでした。

Img_5168_r  妙義山登路から見えた 大小山の文字 (この岩もすごいし、崩れやすそう)

【コース】阿夫利神社P09:15-妙義山(313m)10:05-越床峠11:40-番屋12:00(30)-大坊山(287m)13:20-山ゆり学園14:15-大小山(282m)15:05-P15:40  
【地図】足利市ハイキングマップ 

 

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は あしあとへ

|

« 足利の200~400m級低山縦走1 ☆  行道山~両崖山 | トップページ | 辛垣城址~陽射したっぷりの青梅丘陵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足利の200~300m級低山縦走2 ★  妙義山~大坊山~大小山両崖山:

« 足利の200~400m級低山縦走1 ☆  行道山~両崖山 | トップページ | 辛垣城址~陽射したっぷりの青梅丘陵 »