« 冬の三ツ峠 (2) | トップページ | 厳冬の安達太良山とくろがね小屋 »

ふくろうくん

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   

2015年1月4日(日) 

家の近く、発電所に向かう道路を歩いていたら 
みちばたに ふくろうくんが死んでいた

Img_4538_r_2
まるで眠っているかのような

Img_4544_r_2
穏やかな表情

Img_4557_r
足も羽毛で覆われ

Img_4545_r
さすがするどい爪です

Img_4549_r
博物館に連絡したら、学芸員さんが来てくれた。

周りに羽など落ちていない、怪我もしていないいったい どうして・・・・?

Img_4560_r
「まだ若い個体のようです。
骨も折れていないので交通事故ではないでしょう

Img_7368_r

胃のあたり、さわった感じでは、何も入っていないよう
もしかしたら 食糧不足、若い故、冬を乗り切れなかった・・のかもしれません

Img_7370_r

持ち帰って調べましょう。そして、こんなに綺麗ですから 剥製にします

お正月から、ありがとうございました」

Img_4564_r
いえ、こちらこそ
・・・・
ふくろうくん ・・・・ 可愛かったよ。

偶然の神様が、今年もついてくださってるんだ !
とおもって、嬉しかった。

みなさま、どうか今年もよろしくお願いします。

【おまけ】学芸員さんの到着を待つ間、 5m先、でっかいイノシシが道路下から這い上って来たと思ったら、すごい勢いで道を横切り、反対側の山に飛び込んでいった。全然こっちを見ようともせず。わたしはポカンとみているだけでした。
ここって、そんなに田舎じゃないと、自分では思ってますけど。

|

« 冬の三ツ峠 (2) | トップページ | 厳冬の安達太良山とくろがね小屋 »

コメント

本当に良いお顔!

そしてからだも綺麗なところが、却って冬の厳しさを感じさせますね。

投稿: komado | 2015年1月 4日 (日) 19時03分

そうなんです いいお顔

これほど間近で見たのは初めて・・
『森の賢者』といわれるのはもっともとおもいました、
羽毛にもさわれました、本当に柔らかい毛です
すべての羽根が柔らかいんです

学芸員さんにふくろうについてのお話も伺えたのも
よかったことでした。

時々聞こえていた ふくろうの声、これからも聞くことが出来るかが 気がかりです。


投稿: ba_sobu | 2015年1月 6日 (火) 07時18分

ふくろうくんが不憫で、なんだかじんわり涙が出てきちゃいました。
でも、ba_sobuさん博物館に連絡ってよく思いつきましたね。
すごくいい判断、私だったらどうしたろうって考えてしまいました。
ふくろうくん、いい人に見つけてもらってよかったね。

遅ればせながら、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: pallet | 2015年1月16日 (金) 08時52分

palletさん  こちらこそ今年もよろしくお願いします

あれからふくろうの本を図書館からかりて、いろいろよみました

暖かくなったとき、べつのふくろうが,鳴いてくれるでしょうか? それがきがかりなこのごろです


投稿: ba_sobu | 2015年1月17日 (土) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふくろうくん:

« 冬の三ツ峠 (2) | トップページ | 厳冬の安達太良山とくろがね小屋 »