« 錦秋の三方岩岳~野谷荘司山 | トップページ | 甲斐駒ヶ岳へ  日向八丁尾根1 »

乾徳山!10年ぶりの秋空紅葉草原くさり場

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   

2014年9月30日 (火) 快晴

お天気は上々、ホホ撫でる秋の風は爽やか、大平からの楽そうな♪コースです。
登山口には立派な道標が出来ていた。

Img_2178_r
登山道は、しばらく林道と絡みながら歩くことになる。
40分ほどでやっと山道に入る([←月見岩]道標あり
)。


なんとも気持ちよい。明るい雑木林を優しく登っていると、時々左に草原が現れ、ヤマラッキョウ(写真)やマルバダケブキ、ママコナの花が咲いていた

Img_2018_r
やがて尾根の右半分はモミ?やブナの大木が連なりだし、奥秩父の一角と思い知らされる。樹林の下は艶やかなシャクナゲの葉で埋まっている。

Img_2038_r
突然、草原(扇平)に飛び出た。

Img_2056_r

草もみぢの間に間に咲くはウメバチソウ、アザミ、ノコギリソウ、ヤマラッキョウなど秋の花たち。ススキはお見事な咲き始めの赤茶色。月見岩の傍らにはうす紅色のマユミがたわわに実っていた。

Img_2062_r
扇平から樹林帯に入る。いよいよ岩山の様相を呈してきた。
大岩の、容赦ない
段差を乗り越えつつ、口々に「記憶ないけどなぁ」なんて言ってみる。

Img_2079_r_2
やがて大岩2枚がそそり立つ『髭剃岩』、ここから露岩が連続する。

Img_2084_r

真剣、緊張の連続。鎖が設置された直登の岩より、左がスパッと切れ落ちている大岩を左に回り込む所が、一瞬だけど一番怖かった

Img_2092_r_2
鎖が2本下りている岸壁は足がかりが多く楽にこなせる。

Img_2099_r
そしてついに最後の直登15mの鎖場(天狗岩)

Img_2114_r
天狗岩を登り切ると2031m乾徳山、
山頂には誰もいなかった。
360度ひらけて気宇壮大、でも内心はビクビクな岩の上でのランチタイム。

Img_2116_r
金峰山をはじめ奥秩父の高嶺がずらりと勢揃い。

Img_2125_r
お隣の笠盛山への斜面は錦秋の輝き

Img_2126_r
さて、下山だが、アレ道はどこ?ちょっと分かりづらい、おまけに
まだ岩が続くとは。
気を抜けない岩場通過はけっこうきつい

Img_2137_r
水ノタルまで来たところで、ホッとしたのもつかのま、
下山路は浮き石ゴロゴロで歩きにくい!

Img_2144_r


やっと勾配が収まり尾根を回り込む水平道になって、ホッとできた。
しばらくすると苔むしたカラ松林になり、所々、カエデの真紅が美しい。

Img_2149_r
シラカバが混じりはじめ、前方が明るくなり、高原ヒュッテが現れる。

Img_2160_r

あれま、「トイレ」工事中。泊まる場所は確保されるのだろうか?

Img_2161_r

『国師ヶ原』は”原っぱ”というより明るい雑木林。
すぐ近くに子鹿が2頭、焦る気配もなく悠然と草を噛んでいた。
可愛いけどスレてるのかも? 

Img_2171_r
ここからは緩やかな林道をタクシーの待つ登山口まで歩いた。

Img_2177_r
おめあてのサルナシは見つからず・・・ミツバアケビ

【コース】塩山→登山口(大平)08:40-三叉路*09:05-月見岩10:10(15)-岩場途中11:35(10)-乾徳山12:10(30)-水のタル13:00-(10)-ヒュッテ14:30-*15:00-登山口(大平)15:20→塩山 (タクシー6000円くらい)
【地図】昭文社:金峰甲武信  2万5千:川浦  

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 錦秋の三方岩岳~野谷荘司山 | トップページ | 甲斐駒ヶ岳へ  日向八丁尾根1 »

コメント

ba_sobuさん、こんばんは。

小生も昨夏に友人と三十数年ぶりに訪れたところなので、それぞれの写真の場所を思い出して懐かしかったです。バスで徳和から往復しましたが、バスの乗客に比べて歩いているハイカーが多いので、「今は大平からのルートが主流になっているのかな?」と思いました。国師ヶ原はまだ古い小屋のままでしたが、整備されて良くなりそうですね。たしかに、あそこの鹿は日原などの鹿に比べてスレていると思います。(笑)

投稿: AKIO | 2014年10月 5日 (日) 18時03分

akioさん
わたしたちは 20年前です。はじめて乾徳山にいったのは。
そのときは 大平の牧場は民宿をやっていて 徳和からまず大平に行き一泊したのでした
ミルク風呂に入りましたよ。

その後、乾徳には何度か行きましたが、今回は久しぶりで、やっぱりオモシロイなかなかの名山と思いました。

投稿: ba_sobu | 2014年10月 9日 (木) 18時43分

高原ヒュッテ、壁がない・・・
トイレを造っているという事はもう東屋的な休憩舎のようにでもするのでしょうね。

投稿: komado | 2014年10月 9日 (木) 23時28分

komadoさん
スルドイ!! 工事用の看板にはトイレ改修工事としかありません
わたしも 東屋的なものと思いました
泊まれないこともない??・・・水場は近いし。

投稿: ba_sobu | 2014年10月10日 (金) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乾徳山!10年ぶりの秋空紅葉草原くさり場:

« 錦秋の三方岩岳~野谷荘司山 | トップページ | 甲斐駒ヶ岳へ  日向八丁尾根1 »