« 久しぶりの天地山から鋸尾根へ | トップページ | 暑寒別岳~南暑寒別岳~雨竜沼 »

夕張岳・・あのお花に会えるなら、林道7㎞歩きさえ

真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   

2014年7月2日 (水) 曇り/晴   

鹿島林道は中間点で通行止め(駐車場あり)、ゲート前から 7㎞の林道歩きをせなばならない。ま、その夜はヒュッテ泊なので、7㎞も苦ではないけど。

Img_8275_r
朝4時、小屋を出る。「きょうは自由行動。夕方4時に、林道の駐車場所にいればよろしい」ということで、冷水コースを三々五々歩き出した。

花の夕張岳といえども、登り出しは見慣れた山の花ばかり。マタタビ、ノビネチドリ、クルマムグラ、マイズルソウ、ゴゼンタチバナ、オオバミゾホウズキ…(下写真)

Img_8362_r
 馬の背コースと合流すると北国の山らしい景色になってくる。曲がったダケカンバの大木。群生するシラネアオイ。ミズバショウ、エゾリュウキンカ、サンカヨウは純真の白い花(写真)。カラマツソウにウコンウツギ。

Img_8370_r
『望岳台』あたりからいよいよ花の夕張岳らしくなってきた。
なんせ自由行動なので、思うままに写真を撮れるので嬉しい。
(花の数も種類も多過ぎるので『アルバム』にまとめるつもりです)

『ガマ岩』付近のミヤマアズマギクは濃淡さまざま、私が今まで見た中で一番きれいなアズマギクと思った。

Img_8456_r
『吹き通し』に咲く有名なユウバリソウ、もう終わり。
混生している(葉っぱに白い筋があり)蕾を付けているのは ユキバヒコタイ。

Img_8518_r
深いブルーはエゾミヤマクワガタ。黄色は
ジンヨウキスミレ?
Img_8531_r_3

ひと登りで山頂に立つ。「どうぞめしあがれ」と「ユウバリメロン」  
夕張メロンを夕張岳でいただけるなんて、なんてオシャレなのでしょう。

Img_8570_r夕張神社から5分で山頂

Img_8519_rクモマユキノシタ

ユウバリソウなど固有種が多く咲いている『吹き通し』

Img_8595_r

あとは下山するだけ。このまま下りてしまうなんてもったいない。そうだ、サクラソウに一点集中、丹念に探しながら下りてみよう。結果、ユウバリコザクラを教えて頂けて、
夕張岳登山の満足度は100%だ

ウハウハしながらヒュッテに戻り、充分な水分補給して、最後の林道7㎞歩きに望む。

Img_8694_r
しっかしねぇ、おりしも雲が消え、灼熱の太陽全開の陽射しを浴びての7㎞歩きはねぇ、、、、、、じつにじつに地獄だった。

Img_8702_r林道から見下ろす夕張川の支流のペンケニュウパロ川

【コース】(前日)林道ゲートP15:00-夕張ヒュッテ17:00(泊)
(当日)夕張ヒュッテ04:00-冷水の沢004:55(25)-馬の背合流05:30-望岳台06:15(10)-ガマ岩07:20~吹き通し08:10~夕張岳09:00(15)~吹き通し09:40~ガマ岩10:20(20)-冷水の沢 12:00(15)-夕張ヒュッテ13:00/13:25-P 15:10   ( ~ お花見モード)
【地図】昭文社:大雪山 

では また~  (^_^)/~

こんどは 暑寒別岳ですよ~  (作成中)

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 久しぶりの天地山から鋸尾根へ | トップページ | 暑寒別岳~南暑寒別岳~雨竜沼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕張岳・・あのお花に会えるなら、林道7㎞歩きさえ:

« 久しぶりの天地山から鋸尾根へ | トップページ | 暑寒別岳~南暑寒別岳~雨竜沼 »