« 秋葉山~鳥胸山~雑木の頭 | トップページ | 雪の菜畑山東尾根 »

十文字峠道 秩父の森は静かです

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   

2013.11.30(土)~12.01(日)              女子部8人

一日目 11:30 毛木平から出発

Img_2519_r

沢沿い道を歩くと一里観音(秩父側からは五里観音)に出会う

Img_2528_r
十文字峠・十文字小屋に到着
冬期開放はしておらず、鍵がかかっている

Img_2553_r
 歩いて5分の水場で水を確保  もう凍り始めている

Img_2558_r
鬱蒼とした秩父の森を歩き、今夜のお宿、四里観音避難小屋に着いた

Img_2579_r
15:30 割れていたのは庇だけ、中は綺麗です(トイレは別棟)

Img_2582_r_2


二日目 06:50  
快晴の明るい陽射しの中を歩く

Img_2597_r

奥秩父林道に出会う。林道はここで終わり?

Img_2604_r
道標は貫禄ある

Img_2600_r
三里観音は 十文字峠道(梓山~栃本)のほぼ中間点で、米継ぎ場(荷渡し場)であったそうだ。

Img_2615_r
ふだんのわたしの歩くところからは 見る事が少ない北側の山々。

Img_2623_r
苔むした岩

Img_2628_r

赤沢山は北側に巻道がつけられている
しかしこの巻道が なんていうか・・・ ちょっと 恐ろしい
皆の口数が少なくなる

Img_2631_r
「鍾乳洞入口」に荷をデポし、 右の尾根にあがる。 
すると石灰岩の巨大な岩が立ちはだかる、あれれ、みんな登っていく

Img_2637_r

なのでわたしも登ってみた。
もちろん上までじゃなく、 途中の(鍾乳洞?)入り口までだよ。

この穴が入り口らしい。人ひとり入れる大きさ 階段がつけられていたけど・・

Img_2641_r
下を見ると、、ひえ~~

Img_2642_r

大岩の基部から、岩の左側をへづりながら赤沢山山頂に上がる
ちゃんと三角点があり、山頂と確認できた。

Img_2648_r
ふたたび 巻道を歩き、やっと稜線に出ても けっこう岩岩

Img_2668_r
ようやく到着しました、白泰山避難小屋と二里観音
Img_2690_r
ランチの後 覗き岩で展望を楽しむ

Img_2679_r
ふたたび峠道を、東に向かう 薄く雪が  

Img_2691_r

白泰山を過ぎると こんな感じ。勾配少なし。
昔の人はいよいよ里が近いと胸が弾んだ辺りだろう。

Img_2701_r
一里観音、最後の里程標

Img_2716_r
途中、伐採地があり 奥秩父の山々が見晴らせた
なんと言っても、目の前の和名倉山が、堂々と気品に満ちていた

Img_2721_r

落ち葉はかさこそ賑やかで、陽射しは暖かい。
Img_2726_r
ようやく下山口に下り、車道を歩く。
山上集落 牛蒡平を過ぎ バス停のある栃本に下りたのは 16:00
 

和名倉山は いよいよ偉大で、残照煌めく尾根は神々しく見える

Img_2739_r
最終バスは終わっていたので 西武秩父からタクシーコールする 

タクシーを待つ間  天空ショーのフイナーレを楽しむことができた

Img_2746_r

みなさまありがとうございました。

【コース】信濃川上10:50→(\10500ワゴン)毛木平11:15/11:30-十文字峠13:55(+水場)14:20-四里観音避難小屋15:25(二日目)06:50-林道終点08:00-赤沢山巻き道へ 08:50-09:25★(+鍾乳洞09:35、赤沢山09:50)10:15-白泰山避難小屋11:50(30)-12:45☆(+白泰山13:00)13:15-一里観音14:25-下山口 15:35-栃本 15:55/17:00→(\9620)西武秩父17:50
【地図】昭文社:雲取山  2.5万:居倉、中津峡

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 秋葉山~鳥胸山~雑木の頭 | トップページ | 雪の菜畑山東尾根 »

コメント

こんにちは。
避難小屋に泊まられたのですか。

栃本への道は本当に静かな道ですね。
石仏もいくつもあって昔ながらの雰囲気がまだ残っている貴重な道だと思います。
日曜日ならだれも会うことはなかったのでは。

投稿: リブル | 2013年12月11日 (水) 22時39分

リブルさん。さっそくありがとうございます

さすが 歩かれていたのですね

十文字峠道は 静かな歩きよい道でした
昔から必要とされ 大切に保全されてきたと 聞きました
所々の観音さまは どれも慈愛深く見えました
こういう峠道を辿る山旅も 楽しいですね

そうそう、日曜日はお一人の方が秩父方向から来ました。わたしたちが ランチをいただいているとき、戻られました。

栃本バス停前の酒屋さんの前で ビールなど飲みつつタクシー待ちをしていると、店のおばあさんが電気をともし続けてくださっていた事に、はっと気づきお礼を申し上げ、別の場所に移動しましたが、優しい、いい気持ちになりました。

投稿: ba_sobu | 2013年12月11日 (水) 22時59分

わっ、懐かしいこの道。
十文字小屋に泊まって、10年以上前に歩いたことがあります。
たどり着いた栃本の集落がなんかとっても良かったの覚えてます。
たしか、ラッパだったかオルゴールの音楽だったを鳴らしながら
のんびり走っている小さなバスみたいなのがあったような気がするけど
今も走っているかしら?
たぶん、ここだったと思うのだけど。

投稿: pallet | 2013年12月15日 (日) 21時19分

palletさん
さすが。。よいところ歩かれているのですね

栃本のバス 健在です

最終バスの  川又行きが通っていきました
このバスを使っても 秩父湖止まりで またバスに乗り継いで 鉄道の駅まで・・・大変なんだなあと 思いました

かつては 関所が設けられていたくらい 重要な街道だったのだと知りました。
栃本の手前の 牛蒡平にも家がたくさんあり驚きました

投稿: ba_sobu | 2013年12月17日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十文字峠道 秩父の森は静かです:

« 秋葉山~鳥胸山~雑木の頭 | トップページ | 雪の菜畑山東尾根 »