« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

雪の菜畑山東尾根

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2013年12月21日 (土) 快晴

2日前から降っていた雪が凍り、どうし道(国道413号)はつるつるだった。
下の写真は道中見つけた すてきな壁画です。

Img_2860_r
櫓沢川沿いの林道から、送電巡視路を使わせていただき山に入ります。
何度か歩いた道も雪が降れば 時間はかかりますが 新鮮!

Img_2875_r
巡視路から 送電塔の先で、尾根に乗り、ぐいぐい登ると緩斜面 さらに
931mで左折します。本日は風もなく、結構なお日よりでございます。

左にヒノキ林が出てくる辺りは、無雪期でも歩きづらい急登ですが、雪のおかげで藪も岱場も見えませぬ。 けれど、まぁなんとも滑ること。

檜林を過ぎると、眩い銀世界が待っていました。

Img_2880_r_2
無雪期は、煩いヤブをどう抜けようとばかり考えていた場所が、なんともルンルン道に大変身。『雪の力』ってスバラシイ。

Img_2889_r

雑木林も終わり左がひらけると大室山がデンとすわり、

1_2  大室山をバックにと、お願いした


目の前のピークにはキノコ形の東屋、ぐんぐん近づいてきます。そして

菜畑山山頂にでると、「わっ、富士山」  

先着の5人が下山するところ。

Img_2898_r
入れ替わりに7人ほど来頂。 こんな賑やかな菜畑山は始めてです。
困ったのは東屋ぜんたいがかなりな老朽化で、屋根から雪解け水がぽたぽた・・
とはいえ、明るい山頂での食事はgoodでしたよ。noodle

Img_2900_r
さて、
北斜面を下ります。

Img_2902_r      菜畑山さん、サヨナラ。

ぐんぐん下ります。そこにはわたしの大好きな木が待っているのです。
きょうも長い腕を優しく伸ばし「さぁどうぞ、僕の腕に」、

ありがとう、また来るよん。

Img_2903_r_2
標高差180mを一気に下ります、アミハリの岩場は雪をかぶって実感がうすい。

Img_2911_r_2
さてお次は、聳え立つぶどう岩の頭への登り返し、実は思ったほどじゃない。
最後の登りだもん、ゆっくり一歩一歩行きましょう。


ぶどう岩の頭をのっこすとあっけなく本坂峠に着いてしまいました。

Img_2919_r   道標 杭だけ残る(だしか明治大学ワンゲル部の名があったと思う)


峠道は檜林をグネグネ下ります。
やがて雑木の尾根道となり、ふと見ると上空には黒い雲が迫っていました。

Img_2921_r
「天気予報はアタリかな?」。 自分たちは陽射しの中にいるけれど、お隣の大室山は雪雲に隠れています。

じき雪雲は通り過ぎてくれたようで、何事もなかったように穏やかな陽射しが戻り、わたしたちはその中を下っていきます。

Img_2923_r          けさ登った 菜畑山東尾根

沢音が聞こえると、じき雪に覆われた櫓沢川に下りました。
Img_2927_r
以前、徒渉した数カ所には木橋が設置され、山道も補強されているよう。
何ぶん、雪に覆われているもので・・。

Img_2929_r   な~んかこわいぜ、木の橋

最後の木橋を渡り

Photo

林道に出ると、驚くほど立派な別荘?が。

その頃には、すっかり青空が蘇り、雨上がりの清々しい空気に満ちていました。

Img_2943_r
雪が降れば、いつもと全然違う道、違う景色に変わります。
おかげで、新鮮なワクワクした山歩きが出来ました
Img_2946_r_2          大室山でござる

ところでね、雪のおかげで行かれなかったあの山にもね、ぜひ行ってみたいのだ。  

【コース】道志村役場P08:10-巡視路入り口08:55(10)-送電塔09:20-931m 10:00 -ヒノキ林終 10:50-菜畑山11:40/13:10-(10)-ブドウ岩ノ頭14:40-本坂峠14:55-櫓沢川15:40-林道16:25-P 16:50
【地図】昭文社:高尾陣馬  2.5万:大室山

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十文字峠道 秩父の森は静かです

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2013.11.30(土)~12.01(日)              女子部8人

一日目 11:30 毛木平から出発

Img_2519_r

沢沿い道を歩くと一里観音(秩父側からは五里観音)に出会う

Img_2528_r
十文字峠・十文字小屋に到着
冬期開放はしておらず、鍵がかかっている

Img_2553_r
 歩いて5分の水場で水を確保  もう凍り始めている

Img_2558_r
鬱蒼とした秩父の森を歩き、今夜のお宿、四里観音避難小屋に着いた

Img_2579_r
15:30 割れていたのは庇だけ、中は綺麗です(トイレは別棟)

Img_2582_r_2
sun


二日目 06:50  
快晴の明るい陽射しの中を歩く

Img_2597_r

奥秩父林道に出会う。林道はここで終わり?

Img_2604_r
道標は貫禄ある

Img_2600_r
三里観音は 十文字峠道(梓山~栃本)のほぼ中間点で、米継ぎ場(荷渡し場)であったそうだ。

Img_2615_r
ふだんのわたしの歩くところからは 見る事が少ない北側の山々。

Img_2623_r
苔むした岩

Img_2628_r

赤沢山は北側に巻道がつけられている
しかしこの巻道が なんていうか・・・ ちょっと 恐ろしい
皆の口数が少なくなる

Img_2631_r
「鍾乳洞入口」に荷をデポし、 右の尾根にあがる。 
すると石灰岩の巨大な岩が立ちはだかる、あれれ、みんな登っていく

Img_2637_r

なのでわたしも登ってみた。
もちろん上までじゃなく、 途中の(鍾乳洞?)入り口までだよ。

この穴が入り口らしい。人ひとり入れる大きさ 階段がつけられていたけど・・

Img_2641_r
下を見ると、、ひえ~~

Img_2642_r

大岩の基部から、岩の左側をへづりながら赤沢山山頂に上がる
ちゃんと三角点があり、山頂と確認できた。

Img_2648_r
ふたたび 巻道を歩き、やっと稜線に出ても けっこう岩岩

Img_2668_r
ようやく到着しました、白泰山避難小屋と二里観音
Img_2690_r
ランチの後 覗き岩で展望を楽しむ

Img_2679_r
ふたたび峠道を、東に向かう 薄く雪が  

Img_2691_r

白泰山を過ぎると こんな感じ。勾配少なし。
昔の人はいよいよ里が近いと胸が弾んだ辺りだろう。

Img_2701_r
一里観音、最後の里程標

Img_2716_r
途中、伐採地があり 奥秩父の山々が見晴らせた
なんと言っても、目の前の和名倉山が、堂々と気品に満ちていた

Img_2721_r

落ち葉はかさこそ賑やかで、陽射しは暖かい。
Img_2726_r
ようやく下山口に下り、車道を歩く。
山上集落 牛蒡平を過ぎ バス停のある栃本に下りたのは 16:00
 

和名倉山は いよいよ偉大で、残照煌めく尾根は神々しく見える

Img_2739_r
最終バスは終わっていたので 西武秩父からタクシーコールする 

タクシーを待つ間  天空ショーのフイナーレを楽しむことができた

Img_2746_r

みなさまありがとうございました。

【コース】信濃川上10:50→(\10500ワゴン)毛木平11:15/11:30-十文字峠13:55(+水場)14:20-四里観音避難小屋15:25(二日目)06:50-林道終点08:00-赤沢山巻き道へ 08:50-09:25★(+鍾乳洞09:35、赤沢山09:50)10:15-白泰山避難小屋11:50(30)-12:45☆(+白泰山13:00)13:15-一里観音14:25-下山口 15:35-栃本 15:55/17:00→(\9620)西武秩父17:50
【地図】昭文社:雲取山  2.5万:居倉、中津峡

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋葉山~鳥胸山~雑木の頭

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2013年11月28日 (木) 晴

道の駅に駐車し、吊り橋を渡り道志川右岸を歩く、

次の橋の所で行き止まるが(ここに地図にない鳥ノ胸登山口あり)、橋を渡り今度は左岸を下る。観光農園のところで再び橋を渡り返すと、秋葉山登山口だ。

 

舗装路を登り、古い「鳥の胸山→」の道標で左折、山道に入る。

Img_2428_r
山道は落ち葉に埋もれた階段混じり、

Img_2433_r

山腹をへずり沢を二回渡ると
尾根に乗る
杉林の中に鉄砲登りの急階段で、この階段がなかなか年代物で、素敵すぎ。

やがてあたりが雑木林に変わり、そして階段が終わると、深い落ち葉にずり落ちそうになりながら、一歩一歩登っていく。
Img_2442_r
辿り着いた吊り尾根の左が秋葉山、右が鳥ノ胸山だ。
まず左へ向かい、秋葉神社にお詣りをし、三角点の秋葉山でひと休み。

 

Img_2443_r

お次は吊り尾根を戻り、鳥ノ胸山に向かう。
岩混じり急勾配、落ち葉が積もり道筋はハッキリしない。
所々目立たぬマークがあるが、登る分には歩きよい所をひたすら行けばよい

Img_2457_r
振り返ると下山者には蛍光色マークが先導してくれていた、ニクイねぇ。

Img_2461_r

大岩を過ぎると勾配はヤヤゆるみ、落ち葉や雑木林を愉しみながら、ゆっくり登ってゆける。ここがきょうののハイライトだ。

Img_2459_r

標高が上がるにつれブナが多くなり、じき鳥ノ胸西尾根に合流し、山頂に出た。 
富士山がお出迎えしてくれたが、空気が冷たすぎる。

Img_2476_r

ランチの後、南へと縦走。南峰を越えさらに南へ。雑木の楽しい尾根歩きだ。
風は来ないし勾配はほとんどないし、ブナや笹やその他雑木たちはフレンドリー。
Img_2483_r_2

あっけなく「雑木の頭」に着いてしまった。

Img_2497_r
雑木の頭からはしっかりした下山道。途中のヒノキ林でなつかしの大ブナに挨拶し、

Img_2502_r
最後は檜林をガンガン下り「道志の森キャンプ場」無事下山した。

道の駅でのお茶タイム、「クレソンジュース」は、一見青汁のようなので
不安だったが、すごく甘く、疲れた体に、キイーンと染みこみ最高でしたよ。

Img_2515_r

【コース】どうし道の駅P 08:40-観光農園09:00(10)-秋葉山09:50(20)-鳥胸山11:30(30)-雑木の頭 12:40(+平指山)13:20(10)-道志の森キャンプ場14:20-P15:05 
【地図】昭文社:丹沢  2万5千:大室山、中川   

 

 

では また~  (^_^)/~

 

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »