« 水根沢林道と榧ノ木尾根 | トップページ | 神の川林道から犬越路 »

赤城山 たんさく? 地蔵岳.

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   

2013年10月30日 (水) 快晴

関越赤城ICで下りると思っていたら、カーナビは伊勢崎出口を指示、県4号線は正面にデンと構える赤城山を目指し気持ちよく走る。うわぁ、大きな真っ赤な鳥居をくぐったよ(一之鳥居)。

Img_1579_r


とりあえずの目的地は白樺牧場、観光案内所があるので地図が手に入るだろう。山裾に多い松林のその中で、すべの松の幹にツタが絡まるチョーおしゃれな集団を見た。

1_20131030_2152
標高が上がるにつれ、山全体がコナラやカエデに包まれ、黄色の森の上に真っ青な空が広がっている。

やがていつのまに葉を落とした裸木たちの渋色の林。そんなところに白樺牧場・赤城総合観光案内所がある。

Img_1602_r

¥10の地図を熟視。赤城山という山頂はなく、大沼(おぬま)の周りにいくつものピークがあり、主峰は黒檜山。しかしきょうは目の前の地蔵岳に決めた

Img_1597_r

新坂平登山口からスタート。低い笹に覆われた素敵な道が登ってゆく。

Img_1613_r_2

最後は石ゴロの急登でいかにも火山の雰囲気。
山頂には電波塔がいっぱい、なんと遠足の保育園児がお弁当を食べていた。

Img_1613_r_3


北に回ると岩の積み重なった山頂らしい風景。正面には端正な黒檜山、眼下に大沼、赤い橋は赤城神社だ、ぜひ行ってみたいな~そしてあの湿原は覚満湖(小尾瀬とか)行ってみたいな~と夢膨らまして、下山は大沼へ。

Img_1624_r_s_2

クマザサの間を石の敷き詰められた(歩きにくい)直滑降の道が下りていく、大洞分岐からは歩きやすい素敵な雑木林に延びる道。下るほどに黄金色に燃えたシラカバとぶなの森。

Img_1656_r

駐車場までは『句碑の道』遊歩道を歩く。夕陽のなかの静かな林間の散策は、良いリフレッシュなったと思う。

Img_1670_r


【コース】(北関東自動車道)→伊勢崎IC→富士見道の駅→白樺牧場(総合観光案内所)P 11:10-新坂平登山口11:30-見晴山駐合流11:50-地蔵岳 12:10(40)-大洞分岐 13:10(10)-少年自然の家13:40-P 14:20→前橋IC→(関越)
【地図】昭文社:赤城皇海筑波  

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 水根沢林道と榧ノ木尾根 | トップページ | 神の川林道から犬越路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤城山 たんさく? 地蔵岳.:

« 水根沢林道と榧ノ木尾根 | トップページ | 神の川林道から犬越路 »