« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

シオジの森へ ふたたび

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2013年8月22日 (木) 晴から霧

去年、逆コースで歩きました

大峠(標高1560m)まで、タクシ-ですいっと登ってしまってすいません。

山腹を辿るほぼ水平な道は、スズタケの尾根を越えたり、大木を眺めたり、小沢を越えたり、迫る岩肌に驚嘆したりしながら行きます。

Img_0625_r

シオジの森は、足元に石が多く気を遣わされますが、じき唐松の落ち葉道になり、木々を愛でながら歩けるようになります。

Img_0631_r
シオジは真っ直ぐ天に向かって伸びます。堂々としていて美しい。

Img_0644_r

シオジの森から大樺ノ頭への登りは、急でタイヘンかと思ったは杞憂、
ダケカンバのさわやかな雑木林でした。

大樺ノ頭北尾根と合わせると防火帯になり、下草がソヨソヨしだします。

Img_0657_r

おりしも涼しい霧が下りてきました。霧のカーテンの向こうがぽうっと明るい。
近づくとマルバダケブキの黄い花が浮かび上がりました。
マルバダケブキがこんなに綺麗だったとは。

Img_0659_r

大樺ノ頭に、濃い霧の中で到着。
黒木や岩の濃淡のシルエットがよい雰囲気を醸しだします。

Img_0685_r

雁ヶ腹摺山に向かう道は、苔や栂の大木や、所々マルバダケブキやキオンの花や、
秩父的な雰囲気が好もしいと思います。

雁ヶ腹摺山には誰もいません。
前方に広がる緑の草地を眺めながら、ゆっくりティタイムをすごします。

Img_0690_r

草地にはコウリンカ、ウメバチソウ、マルバダケブキ、キオン、ソバナ、アザミ・・
ススキも可愛い花穂を咲かせていました。いよいよ秋が始まりました。

Img_0689_r

大峠までの道も、大ダケカンバやブナ、草地や、面白い割れ方の大岩など、飽きることがありません。

Img_0704_r
来週は少しは涼しくなって欲しいです。

Img_0709_r
【コース】大月08:02→(\7280)大峠09:00(15)-シオジの森10:30~11:45-大樺の頭12:40(30)-雁ヶ腹摺山14:00(25)-大峠15:00→(\7820)大月16:05
【地図】昭文社:大菩薩  2万5千:七保

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静かな山道、  ④秋田駒~乳頭山  残念 孫六温泉に下山

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2013年8月7日~9日   

三日目(8月9日) 田代平~孫六温泉

とにかく雨です。オジサンは「縦走は中止して、降りる」とおっしゃいまする。

わたしは 大白森をあきらめきれない・・、とはいえ雨なら おもしろくないでしょう。
分かっているけれど
「とりあえず蟹場分岐まで行ってみて、行くか下るか考えよう」と結論を先延ばし
希望というより願望で出発しました。

Img_0558_r
雨は降っていても風がないのでスイスイ歩けます。
田代平は思ったより広大な湿原で、周りを囲むシラビソの樹形が美しい。

Img_0576_r_2

花もたくさん咲いているし

Img_0569_r

その時、雷がドドーン !
またドドーン! おおコワイ、仕方ない下山だね。
湿原をぶらついてから、最短の孫六温泉に降りることにしました。
帰り際、一瞬だけ雨が止み、霧が薄れました。優しい山が遠くに見えました。 

Img_0580_r
下り始めてからの雨は、ますます酷くなりました。
バケツをひっくり返したようなとは、このことと思う。

登山道は泥流に任せるまま、樹林帯の中なのに容赦なく叩き付ける雨、
中腹のブナ林を愛でるなんて余裕はありません。

Img_0591_r

ブナの幹には迸るように水が流れ、木道も階段も泥流に覆われ、川の中を歩いている感じです。必死で下ります、何度も転びます。滑ります。

Img_0592_r

ずぶ濡れになって孫六温泉に辿り着きました。
急いで下りたのに1時間コースが1時間半もかかっていました。

Img_0593_r

乳頭温泉の超熱い湯に浸かり、乾いた服に着替え、
田沢湖駅へのバスのシートに腰を下ろし、やっと人心地がつきました。
駅までの車道には崖崩れしそうな斜面が何カ所もあり、監視の人が立っていました。排水は間に合わず、噴水のように泥流を噴き上げています。

Img_5052_r
それでもバスはエライ。定刻に田沢湖駅に到着したのですからネ。

ところが、新幹線(田沢湖線も)は不通になっていたし、国道も通行止めになってしまったしで、この先も大変でした・・・

Img_5055_r

【3日目】田代平山荘05:40一田代平Uターン06:25-孫六分岐07:00-孫六温泉08:20-乳頭温泉BS 09:55 →(\800)田沢湖  10:42                      

今年の夏の東北はな~んか変?  
それでも楽しかった 東北の山、大好きです  (^_^)/~

Img_0584_r 

山域別レポ一覧は  soon  あしあとへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静かな山道、③秋田駒~乳頭山   千沼ヶ原から乳頭山へ




写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します 

2013年8月7日~9日  

二日目(8月8日)後半 千沼ヶ原から乳頭山 、そして田代平山荘に
 

なんとまぁ、キセキ?  霧が晴れ、陽射しが戻ってきたのです。
前方はるか向こうの山腹に大小の池塘が見えます。

 

Img_4943_r

跳ねるように歩きます。 道沿いには、クルマユリ(写真)や ヨツバシオガマ、ニッコウキスゲが整列して出迎えてくれす。

Img_4874_r

千沼ヶ原はシラビソ(アオモリトドマツ?)に囲まれ、なんとも北欧風でロマンチック。

Img_0421_r

ミツガシワ(実)の沼、ホタルイの沼、大小の沼が点在する最初の湿原。

Img_4953_r

その奥にはニッコウキスゲの群生する湿原があり、


Img_0450_r_2

さらにその奥にも・・いやはやすごい。

モウセンゴケ(写真),、トキソウの可愛いピンク…。

Img_0455_r


いいねぇ。静かだね。それでいて生命感がびんびんです。

さらに木道は延びています。全然、飽きません、
ずっと居たいな。でも行かなくっちゃ。もう来られないでしょう、さようなら

縦走路へ戻る道は、楽しい花畑。
群生するヒナザクラ(写真)、

Img_0472_r


イワカガミ、ミズバショウ(写真)。。

Img_0480_r

乳頭山へ最後の登りは、ほぼ平坦で楽なのですが…、再び霧が出て前方の様子が分かりません。両側の谷底には池塘がいくつも見下ろせます。

Img_0493_r

尾根上はハイマツ帯で、ミヤマトウキやハクサンシャジン、トウゲブキ、ハクサンフウロ、クルマユリ、ミヤマウツボグサ、ウスユキソウ…と、色鮮やかな花たちの絶えることがありません。Img_0502_r


切り立った岸壁の際を過ぎ、乳頭山の頂に出ました。


Img_5020_r

これは黒湯分岐の道標です。クマの怒りを買ったのでしょうか。

Img_0538_r

オオシラビソの森の中、濃霧はついに雨粒に変わりました

Img_0539_r

小屋にはきのうのオジサンと3人でした。
水場は歩いて10分ですが、分かりづらそう、千沼ヶ原で汲んでおいて良かった

Img_0544_r


その夜は、目が覚めるたび、雨の音が聞こえていました。
気のせい?そうだといいけど
。 

【コース】千沼ヶ原分岐13:15-水場 13:30(10)-千沼ヶ原 13:45~14:20-縦走路14:50-
乳頭山 15:40(30)-田代平山荘16:30(泊)

三日目は 残念! 乳頭温泉に下山す  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな山道 ②秋田駒~乳頭山    馬場の小径~湯森山~笊森山

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2013年8月8日  

二日目(8月7日) 馬場の小径から大焼砂、そして湯森山に~  

素晴らしい夜明けでした。 まず女目岳に登ります。 東の空には岩手山。

Img_4713_r

ところが・・・しのび寄るガス、あたりはミルク色に封じ込められてしまいます。
慌てて小屋に戻りザックを担いで出発。

Img_4729_r
カラー写真ですけど・・・ 阿弥陀池と、奥に小屋がありますが、お分かりですか?

男岳横岳分岐を急降下で乗越し、秋田駒カルデラの凹地に入ります。
驚くことに、こちら側はクリアに晴れていました。

Img_0175_r_3

背後の男岳や五百羅漢は外輪山の猛々しい貌を見せています。

Img_4753_r_2
カルデラの谷は、小さな池が点在しお花畑はどこまでも続いていきます。

アキカラマツ、ハクサンフウロ、エゾツツジ、ウメバチソウ、オニアザミ(写真)、ムシトリスミレ、フジバカマ、ハクサンチドリ、クルマユリ。群生のチングルマは花期が過ぎヒゲ(果穂)を伸ばしていました。

Img_0163_r
ここは広々としてなお、周りを囲まれる感覚、なごみの空間、
とても静かな別名『ムーミン谷』です。

Img_4783_rエゾツツジ

駒池の畔で昨夜の盛岡5人組とすれ違いました。
出会った人はそれだけ・・・・・・なんてまぁ、静かなんでしょう。

Img_0195_r_2
チングルマは花が終わり、きらきらした穂になっていて、それはそれで綺麗でしたが
この丘だけ、最後の花園を見せてくれていました。

Img_0223_r
Img_4791_r_2

やがて草原からスコリア敷き詰めの殺風景な丘に変わりました。
こういう所にコマクサは棲んでいます。
ホラ、点々と小さな島を作りピンクの花を乗せています。

Img_4811_r
大焼砂の稜線に出たとたん、モーレツな向かい風に見舞われました。
登で、砂地で、歩きづらったらありませんい。両脇の太いロープが手すり代わり。

Img_4819_r
右側はオヤマソバやウメバチソウが進出し、コマクサは居づらそう? 
左側の谷の広大な砂礫地こそが有名なコマクサ群生地。最盛期は過ぎたけれど、さすがお見事。コマクサ・コマクサ・コマ・コマ・コマ……、タカネスミレ(葉、種)と仲良く陣取っていました。

Img_0263_r
やがてハイマツ地帯になり、すぐ上が横岳でした。

北東に延びる尾根はハイマツの海。ミヤマハンショウズル(種)やミネザクラ(果実)、青色が眩しいミヤマリンドウ。すると砂礫のお椀のような丘が現れ(→)これが焼森でした。わずかにコマクサ、イワブクロなど咲いています。しかしなんともシュールな景色!どこの惑星? 

Img_4852_r_2
ガスがかかり始め周囲はミルク色。
でも足下にはハクサンシャジンの艶やかな青・青・青、

Img_0282_r

チョウチョもハチも大忙し…。
Img_4868_r

湯森山を過ぎると稜線の下には雪渓が残り、ニッコウキスゲがあちこちで群れを作っています。ガスが濃くて、見えそうで見えません。う~ん、もどかしい。

Img_0342_r

木道が現れた、おお、熊見平か? いやぁ、広い~、

タチギボウシ(写真)、キンコウカ、イワショウブ、その他・・湿原のお花たち

Img_4902_r
やがて緩やかに登り始めたと思ったら もう笊森山だった。
山頂は濃霧で、風の強いこと。 こぐまもいたし。

幻想的だった ミヤマリンドウImg_4929_r_2
とにかくなだらかな 稜線が延びていきます
Img_0392_r
おお、やっと現れました、「← 烏帽子岳(乳頭山)・千沼ヶ原→」の分岐。

もちろん、右ですっ、千沼ヶ原に行きます。

【コース】阿弥陀池避難小屋 (男女岳往復04:40~05:30)06:00-(馬場の小径)-大焼砂07:45-8:30(20)横岳(1583高地) 08:50(10)-焼森09:10-湯森山10:30(10)-笊森山 12:30(40)-千沼ヶ原分岐13:15

二日目後半は 千沼ヶ原から乳頭山へ~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな山道 ①秋田駒~乳頭山     阿弥陀池避難小屋まで

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2013年8月7日~9日  

一日目(8月7日) 八合目登山口~阿弥陀池避難小屋  

初日は高低差のない道を1時間ほど歩くだけ。 

途中、旧硫黄鉱山跡の道を分けますが「崩落による危険箇所あり」の、
なかなかそそる道でした。

Img_0026_r

自分の行く新道は、霧がなければさぞ眺望が良いのでしょうが・・・。

Img_0045_rエゾアマニュウ

秋田駒は噂どおりの花の山。 ハクサンシャジン(全盛期) タカネニガナ、オオノアザミ、オニアザミ。ヤマハハコ、オニシオモツケ、シロバナトウチソウ・・・

Img_0058_rノリウツギ

木道が現れるとお椀の底のような阿弥陀池の凹地であり、濃いガスの溜まり場になっていて、足元以外何も見えません。 いったいどこに行くのやら?

Img_0078_r

ふいに三角の屋根が現れました。今夜のお宿・阿弥陀池避難小屋でした。

Img_0080_r

水場はポタポタ水滴が落ちる程度ですが、ちゃんと確保できました。

Img_0122_r
きょうのうちに男岳に登っておきましょう。

ますます霧が濃くなり、男岳の全容が見えません。
とにかく岩ピークをいくつも越えていきます。
そろそろかな?と思っても「あぁ、まだ先か」といった具合で・・。

Img_0113_rミヤマホツツジ… めしべが、ぐいっと反り返っています ( confident )

そうして 鳥居と石祠の、男岳に到着しました。

Img_4669_r

五百羅漢回りで下山したかったけれど、濃霧は怖いので、来た道を戻ります。

Img_4681_r男岳から見下ろした、 左・阿弥陀池、奥に避難小屋があるのです…  
中央の尾根は横岳へ続きます。
尾根上の右に急降下するのが、あす歩く馬場の小径へ繋がる道です

岩の道にも、とぎれることなくお花は現れます。 
ニッコウキスゲ、ミヤマウツボグサ、ミヤマダイコンソウ、エゾツツジ…。

Img_0101_rミヤマコウリゾナ

夜は満天の星空でした。 大きな星小さな星、とにかくいっぱいの星・星・星。
天の川は滔々と天空を横切り、流れ星も豪勢に次々と落ちてきます。
あまりに凄すぎて、小屋に戻る気がしなくて、木道に大の字になって、しばし眺めていました。 きっと一生の記憶でしょう。

Img_0083_r
避難小屋2F、とてもきれいです。 立って歩けます。 右のドアは冬季用。

【1日目】田沢湖12:20→(\1000)駒ヶ岳8合目13:19/13:45-阿弥陀池小屋(泊)15:15+(男岳往復15:40~16:30)

二日目は 馬場の小径から大焼砂、そして湯森山に~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は soon  あしあとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒオウギの高指山

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します   happy01

2013年8月2日 (金) 小雨・霧

山中湖村のヒオウギ里山祭りは8月5日(月)~8月17日(土)なので

Img_0530_r
ちょっと早かったかも。

Img_0551_r

お天気もいまいちでした。

Img_0538_r
お盆明けたら、また来てみましょ

Img_0534_r

【地図】昭文社:富士山  2.5万:富士吉田

では また~  (^_^)/~
山域別レポ一覧は
soon  あしあとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »