« 円山木の頭~本間の頭 | トップページ | 残雪とブナ林/南会津・博士山 »

山ひだの裏に 権現の南面~北面~麻生沢


写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大しまっせ
 

2013年4月20日 (土) うす晴~曇り~小雨

浅川でタクシーを降りる、と雲が切れ、薄日が射してきた。やった! 
きょうは前回(11.12.04)目をつけていた仕事道を伝い、オクリ沢を詰め、
二俣の中間尾根で権現山主稜の西側1200mを目指す。

Img_0589_r
仕事道は最初の堰堤であっさり終わり、仕方なくヤブっぽい石ゴロの沢身を歩く。
クサギの匂いが春らしい。そうこうしているうち二俣に出てしまう。

Img_0592_r

尾根上に乗ればしっかり枝打ちされた若木の杉林。やがて両側にもゆるやかな尾根が並行し、間の撓みが和やかになった。対岸に石積みの残骸が見られる。

Img_0604_r

ゆるゆる40分ほどで雑木林。芽吹きは美しく山肌のさまざまな緑に、桜色が散らばっている、小鳥の囀り、柔らかい陽射し

Img_0605_r

徐々に石が現れ、傾斜も出てきた。、目の前に立ちはだかるように堆積する岩
「ヨッコラショ」三点確保しながらの登りは、緊張するけど面白い

Img_0641_r
権現尾根の合流点の小山はスミレの宝庫、フモト、アケボノ、エイザン、タチツボ、シコクスミレもらしい。もしかして『権現山はスミレの山』?。

Img_0657_r
いっぷくの後、西方に向かう。
背の低いミヤコザサを愛でながら歩いていると、右側の緩斜面はお花の予備軍で
いっぱい。「こんな登山道のすぐ脇にあるとはね」。


126_r_2フタバアオイ、そしてルイヨウボタンもあたりを埋めつくさんばかり、

奥ノ沢ノ頭(1252m)を越え、濃いピンクのまめ桜に出会う

105_r


権現山は自然の宝庫 見上げればコナラ?またはクリ?の木にたくさんの熊だな、
そんなワイルドな中でランチをいただいていると、気温がグイグイ下がってきた。
さらさらさら。という音が聞こえてくる。みぞれが降ってきた。

Img_0722_r
麻生山を越える。芽吹きの山肌が茫洋とした霧の奥に紛れそうになっていた。
遠くオオヤマザクラの大木があり,濃いピンクの花をたわわにつけている。

Img_0761_r
尾名手峠を越え岩稜にさしかかると。淡い黄色のヒカゲツツジが満開だった、
またもや新しい展開にぽーっとなってしまった。

197_r
下山は鋸尾根と長尾根の中間尾根で、麻生沢に下る。
わたしは初めてなのでわくわくだ。最初は急降下だが、アゼビやツツジが多い、

Img_0798_r

じき1000m圏の台地に落りた。みぞれ‥… サラサラサラ……、
ふっと魂を奪われそうになる。

Img_0811_r_2

さ、下山を続けよう、今度はさらなる急降下、注意深く麻生沢の出合いに降た。

沢のまたには岩が鎮座し、岩から緑のヌシが生えている。がしっとした大木
何の木だろう。チドリノキだったらすごいな。

Photo

麻生沢を下りはじめたころ、みぞれは雨に変わり、雨足も強くなった。

雨に濡れた新緑は、ますます鮮やかに力を増す。

Img_0847_r
麻生沢は小滝やナメ滝を繋げながら流れていく、
わたしたちは流れに寄り添うように下っていく、

Img_0856_r

やがてゴルジュになり岩肌が切り立ってきた、「まぁキレイ」なんて、のんびり見とれている場合じゃない、渡り返さなきゃ、わたしゃニガテじゃ、わい、滑って転んじまった。左の膝をしたたか打った。

246_r

そのあとも、手間取ったけど、どーにかクリア。
堰堤からは水道管に沿うようになり、道も安定して心配なく歩ける。

里にでたら、逃れようのない本降り。まいったまいった。

Img_0880_r

急ぎたいのにオドリコソウやイチリンソウの花の前では「、つい足が止まってしまう。
Img_0885_r_2

富岡バス停で雨宿りをしながらタクシーcall、10分で来てくれてほっとした。

【コース】浅川06:55-オクリ沢二また680m 07:30-権現稜線09:30(10)-ランチ-麻生山12:40-(ヒカゲツツジ)1200m 13:15-1000m台地 14:00-麻生沢二また14:35-富岡16:50

【地図】】昭文社:高尾陣馬  2.5万:上野原、猪丸、七保、大月

180_r
尾名手峠のミツバツツジ

では また~  (^_^)/~
山域別レポ一覧は
 
  あしあとへ

|

« 円山木の頭~本間の頭 | トップページ | 残雪とブナ林/南会津・博士山 »

コメント

ba-sobuさん こんばんは

麻生沢、下ったんですね。
凄い急降下でしたでしょ。
こわくなかった?
我等は登りでしたが、しがみつきながら
取り付いたので、
あそこを下るなんて。
KOMADOさん、皆さんヤッパリすごーーい!
いい雰囲気ですものねええ。

投稿: なるしま | 2013年4月27日 (土) 21時42分

驚き!もう新緑ですねぇ~!
越後の春は・・・まだ雪求めてます(笑)
長岡は桜ちりましたが、魚沼付近はまだ楽しめます!

それにしても・・・ツツジと新緑が綺麗ですね!

投稿: じゅんこ | 2013年4月29日 (月) 16時20分

なるしまさん
こちらにも お越しいただきましてありがとうございます

麻生沢の下降は、もちろんkomadoさんなくしてはあり得ません。 ありがたき幸せと思っています

麻生沢から上がる尾根の、中盤の台地はすてきなところですね。
あそこでゆっくりできてほんとによかったです。

なるしまさんは 沢もやってらっしゃいますよね 。
いいですねぇ・・・

投稿: ba_sobu | 2013年5月 1日 (水) 15時34分

じゅんこさん

まだスキー??
魚沼ってどのあたりまで出かけられるのですか?

実はGW前半 わたしは南会津の残雪の山を楽しんできました
雪山には行ったことにないので、残雪の山であっても緊張しましたけど、
初めての会津の山には感激でした
そういえば じゅんこさんって、会津とは関わりがありましたよね?

投稿: ba_sobu | 2013年5月 1日 (水) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山ひだの裏に 権現の南面~北面~麻生沢:

« 円山木の頭~本間の頭 | トップページ | 残雪とブナ林/南会津・博士山 »