« 晩秋の陣馬山~醍醐丸~市道山 | トップページ | もみじがりは高尾山へ、さすがでござる »

丹沢の晩秋を心から・・畦ヶ丸と前権現を結ぶ二つの尾根

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します~ 

2012年11月25日 (日) 快晴

「道志の湯」の奥の横浜活動センターから出発
落ち葉が霜に凍っています。サクサクと踏みしだきながら山に向かいます。

Img_0001_640x480

忘路峠で甲相境界稜線に出ます。
右には道志の山並み、左には海も見えます。
新鮮な朝日を浴びながら歩くと、体中にエネルギーが駆け巡る感じ。

ムロクボ沢の頭から畦ヶ丸への吊り尾根は、右に菰釣、大栂、そして真っ白な富士山を眺めながらの歩き。大栂の源に流れるイデン沢を思い、おおらかなブナの森を思うと胸がキュンとするのです。

Img_0008_640x480
きょうは 畦ヶ丸から南東尾根を下降。(前回2007.05.05)

Img_0015_640x480
テープ類はほとんど撤去されていましたが、スズタケが後退し、径路はわかりやすくなった気がします。

1230m台地に来ると笹は消え、涼やかになりました。大ブナが林立し、落ち葉の敷き詰められた林床、ほどよい勾配、畦南東尾根のハイライトです。

Img_0028_640x480
1079mピークに乗ると、箒で掃いたような清らかすぎる林床に栂の緑が美しい。
 

Img_0044_640x480
白ザレのキレットを通過するときは、西丹沢にきたんだと嬉しい気分に。
 

Img_0056_640x480

権現山(前権現)に10時40分到着。しみじみいい山ですよぅ。。。 

Img_0074_640x480

11時20分、ランチを切り上げ西沢方向へ下山です。

Img_0079_640x480_2
最初植林ですが、やがて紅葉全盛の雑木に包まれ、それはあまりに眩しく美しく、うっとりしながら歩くのでした。

Img_0085_640x480

西沢におりました。 ここから畦が丸まで登り返さねばなりません。

下棚沢左岸尾根を登ります 
とりつきは出合いの末端から。900mまでは、ずっとずうっと急勾配。

Img_0134_640x480
狭い尾根を乗り上げれば台地、ほっ。でもまたすぐ登り、エッチラ、オッチラ、大変だけど面白がって行くと「アレ!滝だよ、下棚??」それは下棚40mのその上の滝らしい、何段も連なり、釜があり、おまけに紅葉越しです。

Img_0124_480x640_4

900m圏を過ぎると大きなブナやツガも現れ、アセビの緑が目立つようになります。
涼やかな広がり、まだまだ全盛期の紅葉も目を楽しませてくれます。

Img_0148_640x480
やがて勾配がゆるまり、左側が植林になりました
アセビもおおく 煩わしいったら・・・

でも尾根の右側は 雑木林で あいかわらず明るい尾根、♪

Img_0154_640x480_2
1050mくらいまで上がると雑木はすっかり葉を落とし、左のヒノキ林も去っていきました。十斗缶やヤカンの放置された小ピークで休憩。前方には畦ヶ丸が大きく聳えています。

「いよいよ最後の急勾配」
それはキレットのような崖を右に回り込むところから始まりました。

Img_0179_640x480

灌木がうるさい急勾配に大きな切り株がいくつも残り、一昔前の深い森に包まれた畦ヶ丸が偲ばれます。

Img_0159_640x480

やがて大ブナが林立するようになるといよいよファイナーレ、
とたんに名残惜しくなり、わざと遠回りにゆっくり歩いてみたりしました。
でもいつかは畦ヶ丸の山頂に到着するのです。

Img_0183_640x480
あとは来た道を戻るだけ。
冬の山、下山で西日を浴びれるってのはラッキーと思う。

Img_0188_640x480
モロクボ沢の頭への吊り尾根
逆光に笹の葉が光っています、その道を下っていきます。楽しいけれど、すこし寂しい そんな気持ちもありながら……。

Img_0190_640x480

忘路峠で県境尾根から下り、室久保林道の駐車場所に戻ったのはちょうど16時。
ぐんぐん気温が下がっています。さぁ、帰りましょう。

【コース】横浜活道センターP 06:40(15)-忘路峠 07:45-モロクボ沢の頭 08:10-畦ヶ丸 08:40(20)-1079m  09:50-前権現山 10:30/11:20-西沢・下棚沢出合 12:20(10)-畦ヶ丸 14:45(10)-モロクボ沢の頭 15:15-忘路峠 15:30-P 16:00 
【地図】昭文社:丹沢 2.5万:中川

では また~  (^_^)/~ 

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 晩秋の陣馬山~醍醐丸~市道山 | トップページ | もみじがりは高尾山へ、さすがでござる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢の晩秋を心から・・畦ヶ丸と前権現を結ぶ二つの尾根:

« 晩秋の陣馬山~醍醐丸~市道山 | トップページ | もみじがりは高尾山へ、さすがでござる »