« 川苔山 大丹波川コース | トップページ | 那須ヶ岳って、噴煙あげているんだよ »

川苔山、またもや大丹波川コース

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します~ 

2012年5月4日 (金) 曇りのち雨

先週の勢いのまま、川苔山に行きました。アカヤシオの蕾は花を咲かせているかな? 大丹波川の花たちは一週間たってどう変わったろう?

おとといきのう(5月2日3日)の雨の降りようはハンパじゃなかった、大丹波川の流れは轟音のような響きをたて、水量も多い。

Img_5649s

大丹波川には立派な橋が架かってましたが、雁掛沢は徒渉しました。
対岸にはきょうの尾根がフレンドリーな雰囲気で待っていてくれてます。
Img_5657s
若い木々の連なる明るい雑木林。急だけど、困るほどでなく、猫足登りが有効です。
足元には小さなフモトスミレが点々と散らばっています。
あっけなく送電塔に出ます。台地の周りはアブラチャンが花盛り、大きなヤマザクラも咲いていました。Img_5682s
点々とアカヤシオの花びらが落ちてるようになりますが、花は極少。
つい昨日まで咲いていたのでしょうか。
真名井北稜と合流する新蔵指ノ丸(1002m)はかなり地味なピーク。
真名井北稜は二度も歩いたのに、このピークの存在に気がついてなかったほど。

ステキな雑木林、あまり凸凹のないルンルンな広尾根続きます
大岩に着きましたが、期待のアカヤシオは終わってました。残念。
Img_5712s

1168m峰(雁掛ノ峰・ガンカケノウラ)でいっぷくしてたら、細かな霧が下りてきました。
いったん細尾根になり、やがて右が和やかな広尾根になり、遊びに行きたい誘惑を振り払いながら前進すると、赤杭(くな)尾根と合流します(真名井沢ノ峰)。

Img_5727s

薄日がさしてきたというのに、防火帯はだいぶ霧が濃い。

川苔山頂直下に出たとき、この雨、もう耐えきれない、本降りです。
急いでカッパ着用、ここには、雨を避けられる木陰とか岩陰とかないんだよね。

Img_5764s
アカヤシオ、この木は見ごろです。

とにかく下ろう。どこでランチにしたらいいだろう?
曲ヶ谷北峰(ヨウヘイギノ頭)を巻くステキな巡視路、ちょっと入ってみました

「あ、掛け小屋!!!」 神のご加護か目の前に出現した、格好のランチ場。
Img_5777s

トタン葺きの大きな屋根のおかげで、火をおこし安心して食事が出来ました。
着替えをしたし、ザックを整理、ビニール袋で二重に荷物もガードしました。

雨はヤヤ小降りになったかな? 横ヶ谷平で左折し獅子口に向かいます。
歩きやすい柔らかい道で(雨のせいかもしれない)、結構早く獅子口に到着。

Img_5796s
いよいよ川沿い道になります。
頻繁に現れる木橋には緊張です。だって先週とは大違いの水量だし、なにより音が凄まじいんだもの。
両側の岸壁からの小沢は滝になり、本流は狂ったように必死で水を流してます。

Img_5827s
お花は開店休業、日が射さないと咲ききらないのでしょう。
ただ、川筋の緑がものすごく綺麗で、特にチドリノキがすばらしく、空気全体を緑化している感じでした。

Img_5829s_2
曲ヶ谷沢出合から川は横暴さを増し、木橋と水面すれすれの所もあったし、道が水に没しているところも出てきます。
でも「あと少し」を知っているのでがんがん進めます。
Img_5839s
何度か本流を渡り返し、そろそろ最後の渡り返しだよ・・という時、突然、道が消失。
左岸は岩、水流は右岸にぶつかり90度曲がり、広い池のようになっていて渦巻くように水が流れているのです。目をこらしても対岸に道らしきものはないし。
ここは川を行くのです。普段は気にせず、通り過ぎてしまうところなんですけど。
Photo
きょうは、あっと少しなので、靴のまま川を渡り、無事道を見いだし駐車場に到着。
良い勉強できましたね。ということでチャンチャン。・・・のはずだったのに、
ちゃと授業料を払わされていたんだな。ツレが、川を渡るときデジカメを落としてた。
でもまぁ、怪我なく戻れ、経験も積めたのだから、まぁ、しょうがないじゃない。
いやはや川苔はおもしろすぎですね。また行こう。

Img_5661s

【コース】大丹波登山口P07:45-願掛沢出合07:45(10徒渉)-送電塔08:45(10)-新蔵指ノ丸(1002m)09:20-願掛ノ峰(1168m)10:00(10)-真名井沢ノ峰10:35-(20忘れ物ロス)-川苔山11:55(10カッパ)-横ヶ谷平13:50-獅子口13:30(10)-曲ヶ谷沢出合14:35-(10徒渉)-P15:10(20
【地図】昭文社:奥多摩 2.5万:原市場、武蔵日原

では また~  (^_^)/~

 

山域別レポ一覧は    あしあとへ

|

« 川苔山 大丹波川コース | トップページ | 那須ヶ岳って、噴煙あげているんだよ »

コメント

上から4枚目のアップで写っている樹の肌が
迷彩模様で「これほんとに自然の産物?」とじっと見てしまいました。

こういう屋根だけのものを
掛け小屋っていうんですね・・・

ところで、弊社は田舎暮らしの物件を扱っている不動産会社なのですが。
田舎暮らし関係、または地域を紹介しているブログ運営者様に
相互リンクをしませんかとお声掛けしております。

私どもは、地域活性化も兼ねておりまして、
TwitterやFacebookなどで、田舎暮らしや地域の魅力を伝えつつアクセスを流し、
御サイトと地域のイメージアップを図っております。

もし、私どもの活動に、ご賛同いただけましたら、
こちらのページを見ていただき、
http://resort-bukken.com/page/link

相互リンクをご検討いただければと思います。

投稿: 日本マウントWEB事業部 小塩 | 2012年5月10日 (木) 13時42分

こんにちわ

上から4枚目はおそらく ナツツバキと思います

この模様 気味悪がる人もいますけど
わたしは 好きです
つやも良いし。

リンクの件、少々お待ちを。。。 <(_ _)>

投稿: ba_sobu | 2012年5月12日 (土) 21時04分

つやもあるんですか^^
実物を触ってみたくなりました。

相互リンクご検討ありがとうございます
リンクは急ぎませんので
ba_sobu様の
ご予定に合わせてご検討下さい。

よろしくお願いいたします。

投稿: 日本マウントWEB事業部 小塩 | 2012年5月17日 (木) 13時10分

小塩さま すみません
小塩さんはあちこちに行かれているようですね

木の名前、花の名前、名前ってわかると、より相手がたと親密になれますね
人はもちろん、植物も動物も、、山の名前、気象や地形や。

ナツツバキ、もしごらんになったら、すぐお分かりと思いおます。庭木にもなっているみたいですし。

投稿: ba_sobu | 2012年5月20日 (日) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川苔山、またもや大丹波川コース:

« 川苔山 大丹波川コース | トップページ | 那須ヶ岳って、噴煙あげているんだよ »