« 川苔山、またもや大丹波川コース | トップページ | 緑華やぐ、お坊山 »

那須ヶ岳って、噴煙あげているんだよ

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します~ 

2012年5月14日 (月) 晴れ

那須岳は噴煙あげてる火山です。これって常識??ですか。

Img_6262s

那須っていうと御用邸とかファミリー牧場とかサファリパークとか高原別荘とかのイメージが先行してたので、こんな荒々しい風体の山とは、知りませんでした。

ロープウエイで山頂駅へ。

8:30始発に先頭で乗り込み真ん前の席を確保、ゴンドラは朝日を真っ向から浴びる岩を嘗めるように上がっていきました。

山頂駅では目映い陽射しに迎えられ、歩くと汗が出てくるほど。

Img_6169s_2
名だたる観光地も早朝&ハイシーズン前で人は少なく、きょうの茶臼岳もヒトリ占め?は大げさだけど、そんな感じ。

山腹に巨大な穴が空いていたり、生々しい色の岩がゴロンとしていたりと面白く飽きません。那須岳神社の鳥居をくぐると

Img_6194s_2
真っ白な山嶺が青空にクッキリ。燧ヶ岳・会津駒・守門・浅草、そして遙か北にはなんと飯豊が見えます。美しすぎ。

大噴火口を右から回り込むように巡り、峰ノ小屋跡に来ました。
写真は 峰の小屋避難小屋(宿泊不可)

Img_6231s
ベンチのある絶景の展望台、空は青く山は白く、ガレの斜面にはガンコウランがモザイクのような群落を作っています。

シュールな景色と硫黄の匂い、乾いた空気をしばし楽しみました。

ここから噴火口群を巡る周回路を牛ヶ首まで辿ります。
ほぼ平行な気分良い道、左の断崖には噴火口があり激しい噴煙?蒸気?を吹き上げ、ゴーしゅるしゅる、音と硫黄の匂い、レモン色の岩屑が散らばっています。
右はお椀のようにえぐれ緑の笹原になっていて、三斗小屋からの登山道が延びています。

Img_6274s


牛ヶ首から南月山へ

ここで周回路と別れ、南へ延びる釣り尾根に入ります。

Img_6271s_2      ホシガラスと三倉山


両脇は背の低い熊笹で飾られ、灌木のような樹形のミネザクラが群生していて、
高山での花見が楽しめるそうですけど、今年はまだ蕾。

Img_6285s   
日ノ出平で 茶臼山を振り返る↑

所々赤と黒のゴツゴツした岩屑の原っぱが現れます。新しい火山なんだなぁ
などなど、歩いていたら、あっけなくお地蔵さんの鎮座まします南月山に到着。

Img_6299s      茶臼山が見えます。南月山のお地蔵さま↑

南月山~黒尾谷山

右は白笹山への道。明瞭で良く踏まれ問題なさそう。
しかしきょうは左の黒尾谷岳に向かいます。

こちらの方が急降下だし笹が被ったりして少々??だっけど、じき道は明瞭になりました。

Img_6308s
前方にピークが二つ見えます。最初は左の尖り(南東)に向かい、途中で吊り尾根を捉え南に方向転換、右に見える黒尾谷岳を登るのです。
その吊り尾根もよく見え、林相もなかなか良さそう。

驚くような絶景はないけれど、いつも歩いている山のような心にハマる親和感?に溢れていました。

若干痩せていて所々崩れていますが、右側にはキチンと道が付いてますし。


やがてジグザグに山復を下り始め、やがて吊り尾根に入り、道ははっきり南に向かいます。

さっきから信じられないような、立派なシロヤシオがあちこちに見られます。
ぜんぜん芽吹いていないけれど、花の時期はさぞかし!だろうな。

Img_6324s


足元にはピンクのショウジョウバカマがびっしり咲いています。

Img_6342s

黒尾谷岳の領域に入るとアズマシャクナゲも地表を覆うほど群生していました。
こちらの花芽も確認できなかったけれど、季節になればきっと咲くだのでしょうね。

一ヶ月後?いつ? 花の頃の様子を見たいけれど、おいそれとは来られないし

黒尾谷岳、

「岳」なんて大げさな超ジミな山頂。


Img_6369s

展望がないし、狭いし、タダの通過点という感じです。
最後の休憩をしようと思っていたのにアテが外れたと思ったら、
手書きで『左10mに岩あり展望良い』とのあったので、
その岩を登ってみると

Img_6368s_2

まことによい休憩場、岩が椅子のようによい具合にえぐれ、お一人さま用プライベート空間になっていました。ほんわかコーヒーを味わいつつ、那須の山歩きの余韻にひたりました

Img_6373s
~もみのき平へ下山

さて最後の下りは『もみの木平→』まで、案内板が導いてくれます。
急ですが足元は柔らかい草地で歩きやすいことこの上なし。

気持ちの良い雑木林、やがて芽吹きのカラ松林になり、最後は立派な木々の連なるモミの森、大木ばかりで荘厳な雰囲気に満ちていました。

Img_6393s

 「もみの木平」の駐車場に出てからは、ああ、最後の苦行。
別荘地内の舗装道路をえんえんと一軒茶屋バス停まで、歩き続けねばなりません。
1時間もあれば着くだろうと脇目もふらぬ早足を敢行しましたが、1時間30分もかかってしまいました

Img_6399s
今回、那須行きのきっかけを作ってくださったSご夫妻に感謝。
そして、じつは黒尾谷山で携帯を置き忘れてしまったのですが、あんな地味なルートにわたしの後ろ(30分後くらい?)を歩いていた方がいらしたんです。
その日のうちに拾い主と連絡がとれ、無事 送っていただけました。
ほんとうにありがとうございました。

Img_6179s  茶臼岳山頂の那須岳神社 ↑

そして、すんばらしい好天と展望をくださった神さま仏さま、今回の山旅にかかわった全てのみなさまに感謝。

【コース】 ロープウエイ山麓駅08:30→(\650)山頂駅08:40-茶岳09:25(15)-峰の茶屋跡10:20(20)-牛ヶ首11:10-日ノ出平11:30-南月山11:50(20)-黒尾谷岳13:25(25)-もみの木平14:45-あけぼの平15:10-一軒茶屋BS16:15/6:25→黒磯駅

【地図】昭文社:那須・塩原

Img_6360s
  ミツバオウレン    ヒメイチゲ ↑

では また~  (^_^)/~

 

山域別レポ一覧は    あしあとへ

|

« 川苔山、またもや大丹波川コース | トップページ | 緑華やぐ、お坊山 »

コメント

初めてお邪魔します。
ぴすけと申します。
私も山を歩くことを楽しみとしており、先日行った南月山の記事を検索しているうちに、貴ブログに出会いました。

私は素人ですし、なんだか余計なお節介をするようで気が引けたのですが、最後の写真の白い花は、ヒメイチゲではないかと思われます。
私は先日、ヒメイチゲではないかと思って写真を撮ろうとしたところ、その花がヒメイチゲではないことに気がつき、帰宅後調べてみたら、どうやらそれがミツバオウレンらしきことがわかりました
動植物の世界も、奥深く、面白いですね。

今後も、山行記事を楽しみにしております

投稿: ぴすけ | 2012年6月 8日 (金) 19時30分

ぴすけさん はじめまして

ありがとうございます
ひめいちげ という花 知りませんでした
ミツバオウレンとは全然 葉っぱが違いますね
直しておきます
おかげさまで ヒメイチゲに会えたことがわかり、
嬉しくなりました。
6月の那須はいろんな花がさいているのですね。
くやしいような・・・

投稿: ba_sobu | 2012年6月 8日 (金) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須ヶ岳って、噴煙あげているんだよ:

« 川苔山、またもや大丹波川コース | トップページ | 緑華やぐ、お坊山 »