« 那須ヶ岳って、噴煙あげているんだよ | トップページ | 金環☆登山は高尾界隈☆ »

緑華やぐ、お坊山

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します~ 

2012年5月17日 (木) 晴れ

あれ? このタイトル? はい、すみません 花のひかり から、コースもタイトルも、少しばかりぱくっちゃっています。 

おほほほ、わたしらは大月から道証地蔵までタクシー奮発、約4600円

うわぁ 眩し。
陽光も、緑も。ずみ沢の向こうの尾根がモクモクしています。

Img_6409s_2
15分ほど林道を登り、道標、手すりのある登山道に入ります。すぐさま緑のシャワーがザンザン降りかかてきました。

Img_6431s
お花が多い。ヒトリシズカ、ヤマウツボ、チゴユリ、ユキザサ、ニリンソウ

Img_6421s
ルイヨウボタンは群生していて、控えめな花なのになかなか豪華にみえます

Img_6442s
ラショウモンカズラは咲きはじめ、ハシリドコロは実になっていました。

タチキランソウ、フデリンドウ
ニリンソウは終わりかけですがまだ佳いです

スミレも各種、、、なかでもアケボノスミレに出会えて嬉しかった。

Img_6514s この黄色い花は??ミツバツチグリ?イワキンバイ?


これから咲きそうなのはタチカメバソウやオトコヨウゾメ、
季節ごとにいろいろのお花に出会えるのでしょうね、いい山。

73号鉄塔の先、ベンチところで左に曲がって見ました。いろいろ道が繋がっていて、好きなように行けそう。これから何度でも歩きたい場所です。

Img_6495s  ヤブレガサ すっかり葉を広げていました。

上がるにつれて木々の葉が小さくなってきました。
だ。たいして登ってない感じのうちに、でもたいした時間がかかったぞ。
大鹿峠~お坊山の登山道に出ました。

お坊山に近づくとトウゴクミツバツツジが咲き始めています。
澄んだ赤紫の花がすっごく清々しいし、葉も柔らかそうな淡い緑。

Img_6526s
お坊山(東峰)あたりのはさすが葉も小さく、つい先ほど芽吹いたかのような初々しさが残っていました。

山頂を覆うドウダンツツジ、芽生えたばかりな小さな葉が何とも柔らかそう。

Img_6522s
さて、景徳院に下りましょう。

大鹿峠では、満開のヤマツツジに歓声。

Img_6535s
大鹿山は巻道を選択、登ってみてもよかったかもね。

Img_6544s
しかし巻道にも こんな大木がたくさなあったし、タチキランソウやイワキンバイ?も咲いていたし、楽しい道でした。

Img_6466s
【←景徳院】の道標から左に下ります。
道の両サイドがスズタケの塞がれてるし、植林(ヒノキ林)も多いし、陰気?
でもだんだん緑の雑木林になり、気分は晴れ晴れ。

Img_6549s

【山ノ神さま】?杉のご神木に出合い、その根元に双子のギンラン『ぎんさん・ぎんさん』を見つけたました。 こりゃ、ツイテルかモ♪。

Img_6553s

景徳院着には15時30分、う~~ん、暑いねぇ。「35分も、車道歩き、照り返しつらいわぁでもしかたない、歩き始めたとき、なんと天目山温泉からのバスがやってきました。ラッキー!!!Img_6556s_3


甲斐大和駅でもすぐ上りの電車きてくたし
やっぱり きょうはツイテイタ。
さっき山の神さまに拝んでおいてよかった。


← 山の神さまのところの
『ぎんさん・ぎんさん』

 

山の神さまありがとうございました。



【コース】大月08:30→(タクシー約4600円)道証地蔵08:50-とりつき09:15-73号鉄塔 10:30-縦走路11:45-お坊山東峰12:05(45)-大鹿峠13:05-分岐14:00-景徳院BS 15:35→(バス300円)甲斐大和 15:50
【地図】昭文社:大菩薩 

では また~  (^_^)/~ 

山域別レポ一覧は    あしあとへ

|

« 那須ヶ岳って、噴煙あげているんだよ | トップページ | 金環☆登山は高尾界隈☆ »

コメント

鉄塔から縦走路に出るまでほぼ3時間。
あの径路を行ったり来たり回ったり??ほぼ歩かれたのですか?

投稿: komado | 2012年5月21日 (月) 19時12分

え、そうではありません
それは ゆっくり休みながら行ったからです
一応の計画では、鉄塔73号の先の分岐で左折、次の分岐*で左折、くだりつつ 次の分岐で右折し 東尾根になんて
思っていたのですが、とてもとても・・・*分岐で、右折して縦走路です。


投稿: ba_sobu | 2012年5月22日 (火) 05時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑華やぐ、お坊山:

« 那須ヶ岳って、噴煙あげているんだよ | トップページ | 金環☆登山は高尾界隈☆ »