« 里山にも いよいよ春がきましたよ | トップページ | さくらふぶきの中を »

上和田~水無山~尾越山~上平

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します~ 

2012年4月12日 (木) 晴れ 

上和田着9:00のバスを降りると いきなり春の花が出迎えてくれました。 

Img_4726s
とりつき辺り、以前と少しコースが変わり、テレビアンテナまでが、杉林の尾根の方になっていました。
そのうち、明るいというより眩しい雑木林に、変わります。
すっかり忘れていました、こんなに急だったっけ?

Img_4735s
850m圏の平坦地で休憩です。
さわやかな風はここちよく小鳥の声しか聞こえません

やがて露岩混じりの急登。そこを過ぎると左にヒノキ林が近づき、
ふたたび雑木の林になり、もう一帯が水無山です。
Img_4741s

大峰の見える北側に少し足を延ばし、二枚目くんとご対面です!

Img_4755s
「やっぱり大峰、かっこいい。」
「今年あたり ナラノキオネの縦走したいな・・」
と、話が弾みます。 西側には木々を透かして富士山も見えるし。
 

そしていよいよ南への、下りモードのミニ縦走開始。
三回目だけど、雪のない時ははじめてなので、落ち葉の深さにびっくり。

尾越山山頂    三角点と山名板(私製)あります。
Img_4773d
ランチします    昼寝もします 
やったらチョウチョウが舞っています
黄色いアゲハ系とか ヒオドシ蝶系とか 黒っぽく小さい なんとかセセリとか
まったく蝶は不案内で、動きが速いので写真も撮れず、なんにもわかりませんが
でもとにか くいろんなのがやったら多かったです。

南へ南へ、時々急になったりしますが おおむねこんな感じのなごみ

Img_4785s_2
赤松の良い感じのやつが多いね。。なんていっていたら 突然こんなおおもの

Img_4791s
倒木がほったらかされているところもありました。そういうところは 道もぐずぐず
でも全体の イメージはこんな感じ。

Img_4797s
↑710mピークは広々。 背後の山が尾越山です、なかなか立派でしょ?

でもな~ やっぱり飽きてきちゃったな、そんなとき、672m手前に巻道があったので、巻くことを選択していくと、予想通り道は東に屈折するのですが、「やっぱり確認しておかねば」と思い直し、ピークに上がって、NHKのアンテナを見て、間違いなしということで、東への道を下りました。(つまり、最初から巻かなきゃ良かったっていいたかった)

上平バス停までの30分は、ずいぶん急で、長く、感じました。
そんなに登った覚えはないのにな。。。

Img_4805
ヒノキ林には、大きなモミの木が点在してます。

下山してから カタクリの花をながめつつ最後のティータイムを過ごし、猿橋までのバスに乗り、無事一日を終えることが出来ました。

Img_4812s_3

【コース】猿橋08:28→(\580)上和田09:00-とりつき09:30-850m 10:10(15)-水無山11:05(20)-尾越山12:00(55)-710m 14:10-672m14:35-上平BS 15:05 →
【地図】昭文社:大菩薩(高尾陣馬) 2.5万:七保、大月

では また~  (^_^)/~

 

山域別レポ一覧は    あしあとへ

|

« 里山にも いよいよ春がきましたよ | トップページ | さくらふぶきの中を »

コメント

Ba_sobu さん、こんばんは。

この尾根筋は小生も気に入っています。以前連休の時に歩きましたが、おっしゃる通り「なごみ系」という言葉がぴったりだと思いました。(特に尾越山の辺り)これからはスミレ類も咲き出すし楽しめますね。連休の時はアケボノスミレが多かったのが印象に残っています。

投稿: AKIO | 2012年4月16日 (月) 22時48分

akioさん こんばんわ

今回歩いた尾根は、本当にやさしく暖かい感じがします。

春はスミレがさくのですか?
アケボノスミレは、ぽっちゃりして艶やかで、色っぽさ抜群ですね。 

今回歩いてみて、おそらく去年の台風の影響でしょうが、
ところどころ倒木が放置され、荒れていました

これはどこの山でもおなじですけど、倒木の片付けなどが進んでいません
お金の面でも人手の面でも なかなか大変なのだそうです。

ともあれ 尾越山あたりは 落ち葉で埋もれそうです
わたしも、大峰を含めて大好きな一帯です


投稿: ba_sobu | 2012年4月17日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上和田~水無山~尾越山~上平:

« 里山にも いよいよ春がきましたよ | トップページ | さくらふぶきの中を »