« 快晴の本社ヶ丸 けいごや橋から | トップページ | 権現山ふたたび »

権現山  南から東へ

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します~ 

2011年11月24日 (木) 晴 

Img_1592a_3とりつきのお墓をぬけるとヒノキ林。道はまっすぐ北北東に延びていきます
すぐ雑木林で、浅い紅葉の色合いが明るく、うきうき歩いていきます。

実は枯れた葉も多く・・今年の紅葉はどこも残念なのだけど。

Img_1615s日当たり眩しい潅木帯の ムラサキシキブの多いことったら。
ホレ、ホレ、そこにもここにも、紫の小さな粒が鈴なりです。

Img_1626_2


Img_1626

Img_1626_3
じき、あたりがすうっ~と涼やかな雑木林に変わります。
どこまで行ってもこんな森、広やかで、明るくて、落ち葉がふわふわ、
それになにより紅葉の真っ只中。黄色、オレンジ、そして赤。
緩斜面は楽しいな。緩斜、カンシャ、感謝しましょ♪ 

Img_1633s
わずかなもっこりを過ぎると岩がころころ見え出します。
急登のはじまりの知らせです。降り積もった落ち葉が滑ります。。

Img_1639s

両となりの尾根が錦秋に燃えています。
横目で睨みながら、浮石に気を使い、せっせせっせと登っていきます。

オオ、富士山、
朧ながら端正な富士山が南の空にぽっかり浮かんでまっせ、いいですなぁ。

Img_1669

さてと、

Img_1654s急登の後半は一気に稜線まで、「きついぞ、きついぞ、ガンバロウ」

てなわけで11時15分、稜線に出ました。
あとは登山道を権現山に向かうだけ。

Img_1665
なだらかな尾根、いくつかの起伏を乗り越え、15分ほどで権現山に到着しました。

東の落ち葉の広場でランチ。
暖かくて明るくて、フワフワじゅうたんは、居心地よいですなぁ。

下山はホントに久しぶりに不老山経由で下りることにしましょう。
権現山から東は、あれ、こんなに植林が多かったのかいな?
和見分岐から雨降山に立ち寄ってみましたが、雨降山はもう山でなく、アンテナ(電波塔)設置所になっていました。

Img_1680

南に一直線に下る道。
ふり返れば権現山の西半分のおおらかな山容が、雑木の毛布をかぶってほほんと見えます。

Img_1688s雨降山

ガンガン下っているとやがて、スギ林に入ります。
林は明るく綺麗で、何より地面が柔らかくて嬉しい。左植林、右雑木のパターンが続き、快調に下っていくと林道が切り通しています。

Img_1689_2
尾根に乗った広い山頂ピークがどうも『郷戸山』だったらしいけれど (以前は登山道が山頂を巻いていて、ヤブコギして到達した覚えがあるのですが、過去の夢?)

気がついたら不老山・棚頭分岐に着いてしまいました。

高指山方面に左折。歩く人が少ないのかやや藪がかった道で、植林も荒れた感じがするし、赤松が枯れていたりして、どーも居心地が悪かったのです。
でもね、せっせと歩きましたよ、勾配があまりないのが、助かったというか、いつ下りられるんだろうかという感じでしたけど。そんなダラケタ勾配からひょいっと凸にのりあげたところに、道標とベンチが鎮座、アラ着いちゃった『高指山』

Img_1693
高指山から不老山は楽しい道でした♪  細尾根には意外に立派な松などあり、なんかセーメーバンのあたりを思い出します。
植林はほとんど消え、明るい木々が連なっています。このあたりが甲東三山の見せ場なんでしょう。

不老山は南側が大きく開け、道志丹沢ががっつり見えます、手前に中央高速の談合坂SA、背後にうねうねと尾根が続いています。良くまぁといえるほど、一筋一筋が良く分かります。感激しちゃったよ!!

Img_1701

金比羅大権現までは快適に下ります。
サテその後、くねくねくねくねくね変わり映えしない下り道が、ああホンマニ、長かった。まぁ、しかたないけれど。とにかく無事下りました。

Img_1705

【コース】猿橋08:18→浅川BS 08:45/09:00-850m緩斜面9:40(0)-1100m尾根合流10:40(10)-稜線11:15(5)-権現山11:35/12:20-雨降山12:55(+15)-ゴウト山分岐13:55-高指山14:15(10)-不老山 14:55-登山口15:45-不老下BS→上野原

【地図】昭文社:高尾陣馬  2万5千:上野原     

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

 a

|

« 快晴の本社ヶ丸 けいごや橋から | トップページ | 権現山ふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 権現山  南から東へ:

« 快晴の本社ヶ丸 けいごや橋から | トップページ | 権現山ふたたび »