« 石丸峠ちょこっと | トップページ | 宝鉱山から角研山から笹子駅へ »

つづら岩~馬頭刈山

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します~ 

2011年11月10日 (木) 曇り 

千足から川沿いの柳沢林道を登っていきます。
林道は思いのほか勾配があり、いつしか汗ばんできます。
20分で山道に入ります。

沢沿いを登り続けるとまず小天狗滝が現れ、その上が天狗滝です。形が良く明るく、品行方正な好青年といった感じ。

Img_1227_640x480_4
杉林をさらに登っていくと綾滝があります。
細い静かな滝で、こちらはなかなかの美人さんです。

Img_1234_640x480
登山道整備の人たち

 

あたりは惚れ惚れするほどの見事な杉林、いいですねぇ。

 

さらに登っていくと、色づき始めた雑木林に変わります。ところどころ驚くほどの樅の巨木があります。登山道はさらに急勾配になり、毎回、ここらでアゴを出すのですが、なぁんか今日は行けちゃいますね。

Img_1243_640x480
この木の間を通り抜けます

 

歩き始めから2時間ほどで、馬頭刈尾根の縦走路に到着。
「つづら岩の上に出てみましょう」と、裏手の岩場をガシガシ登り、岩の上に出ました。
うす雲で富士山は見えなかったけれど、眼下の山肌は錦秋の装い

Img_1254_640x480

つづら岩の直下にはツルリンドウが咲いてるし、イワウチワ
(イワカガミ?)の葉もたくさんありますし、大岳ってすごい。

 

縦走を続けます、なぁんか、うす日がさしてきました。
陽が射せば紅葉は輝き、あたりの風景は一変します。

Img_1265_640x480
お昼を馬頭刈山でときめていたので、さらに縦走を続けます。
「馬頭刈尾根って穏やかで家庭的な尾根ですねぇ。」
「とくに秋はいいですねぇ」

Img_1270_640x480

馬頭刈山は、いつのように静かな風情でした。
西方の切り開きには大岳山がでんと座っています。

 

Img_1281_640x480アザミが一輪

下山は鶴脚山先の分岐まで戻るのですが、まずは階段を登り返さねばなりませぬ。
手前に出てくる泉沢分岐の誘惑に負けそうですが(いつもここで降りてしまう) せっせと階段を上がると、アラ、「案ずるより産むが易し」でした。


分岐から、
まずはロープつきの急勾配の下り。
傾斜はきついが足元がふかふかです。散ったばかりのカラマツのおかげかな

Img_1288_640x480

檜林に入って、少々飽きて、脚も疲れてきたので休憩。見れば『茅倉』と『千足』の分岐で、昭文社地図に従えば、左の『茅倉』方向に行くのですが、駐車場に近そうな右の『千足』方向へ下りました。

 


じき人家(住んでいない?)の裏手に出て、
その下には今朝通り過ぎた檜原神社がありました。

Img_1220_640x480
おしまい


【コース】千足 08:45-天狗滝09:30-綾滝09:55(10)-つづら岩11:00(30)-鶴脚山12:20-馬頭刈山12:55(35)-鶴脚山下分岐14:10-千足茅倉分岐15:00(10)-P 15:35  

【地図】昭文社:奥多摩 2.5万:五日市

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 石丸峠ちょこっと | トップページ | 宝鉱山から角研山から笹子駅へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つづら岩~馬頭刈山:

« 石丸峠ちょこっと | トップページ | 宝鉱山から角研山から笹子駅へ »